今日の料理 第15回 2024/5/5~5/8

さて、今回も自分で作った料理をいろいろと紹介していきます!(`・ω・´)

5/5 - 手作り春巻き


手作り春巻き(2024/5/5)

「皮を使う系中華料理」の代表格である春巻きを作りました!
これでこの系統の餃子・シウマイ・春巻きはコンプリートです!

なんかこの3つの料理ってセットのようなイメージがありますよね!

とはいえ、実際の材料や味付けはかなり異なっているのですが!

この春巻きも餃子やシウマイに続いてなかなかの完成度でした!
ちょっと具材に春雨の割合が高くなりすぎた感はありましたが!

具材は豚肉・海老・たけのこ・春雨の4つがメインとなります!
そこにサブ的にピーマンとにんじんとエリンギを加えました!

サブ具材は単に家にあった野菜を使っただけですが!
おそらくこのあたりは別に何の具材でもいいと思います!

これらの具材を中華風味に炒めて、巻いて揚げるわけですね!
そして豚肉と海老については炒める前に下味もつけています!

春巻きは冷凍食品などで安く買うこともできるのですが、
いつも「ねちっとして中身の具材すらよくわからない」不満がありましたが、
やはり手作りだとそれぞれの具材の存在感と主張が全く違いますね!

豚肉も海老も「私はここにいるぞ!」とガンガン主張してました!

そして皮のパリパリ感も素晴らしく、食べごたえも文句なしでしたね!(●・ω・)

5/6 - 牛丼


牛丼(2024/5/6)

数ヶ月前に「どんな牛丼を作ろうかな」と思ったときに、
最初は吉野家っぽいものを作ろうかと考えたのですよね!

でも自分が家で作る牛丼の肉の部位は吉野家とはタイプが全く異なりますし、
「そもそも吉野家風の牛丼を作るなら店に行けばいい」と思ったので、
自分らしい牛丼を作ろうというふうに方向性を変えました!

自分は薄切り牛肉の煮物を作るときは、
事前に牛肉を炒めるという癖があるのですよね!

これは関西風すき焼き的な手法から来ているわけですが!

本来は牛丼で牛肉を事前に炒めることはないはずですが、
これを取り入れつつ、やや甘めに炊いていくことにしました!

このあたりはおおむね狙い通りに行けて、味も良かったですが、
同時に「次回はもっとこうしたい」と思うところもありました!(=゚ω゚)

もう少し醤油感を強めて、さらに煮詰めた感を出したいですね!
あの「ちょっと濃いめ」な感じをここに加えたくなりましたね!

5/7 - 麻婆茄子


麻婆茄子(2024/5/7)

「そろそろ何か麻婆系を作ろうかな」と思っていたところ、
今回候補に挙がってきたのがこの「麻婆茄子」でした!

実は麻婆茄子って半年ぐらい前に作ったのが初だったのですよね!

近所の人から茄子をたくさんもらって使い道に迷っていたところ、
「麻婆系は得意だから麻婆茄子もいけるだろう」と作ったのです!(*゚◇゚)

本来麻婆茄子は茄子の油通しという作業が必要になるのですが、
油通しはやっぱり家庭でやるには面倒ではあるのですよね;

そこでそれは「多めの油で下炒めする」ことで代替しました!

それでも味に関しては十分に満足いくものになりましたね!
やっぱり麻婆系はご飯がガツガツと進むのが良いですね!

自分で麻婆丼みたいにして食べるのもたまらないですよね!

でも次回は油通しにも挑戦するかとひっそりと考えています!

5/8 - 茄子のスパゲッティ・アラビアータ


茄子のスパゲッティ・アラビアータ(2024/5/8)

いろいろパスタソースに挑戦するのであれば、
必ずどこかでアラビアータは絶対にやろうと思っていたのですよね!

というのも、実は自分の好きなパスタソースのかなり上位に入りますので!

そこで家族の夕食向けに作るパスタの第3弾はアラビアータにしました!
トマト系なので、これなら父もいけるだろうと思いましたからね!

ただ第1弾のミートソースと第2弾のナポリタンが
パスタソースの「定番中の定番」であるのに対して、
こちらはそうではないだけに多少の不安もありました!

そしてその不安は作っている最中に少し的中したのですよね;

「トマトの味もにんにくの味も唐辛子の味もしっかりするけど、
何となくシャバシャバしていて味が薄くまとまりもなかった」のです;

でもここで冷静に「塩で味を調えつつ煮詰めて水分を減らす」を
きっちりとやった結果、味が飛躍的に完成度を増してきたのです!

そして食べてみたら・・・いやはや、これは最高じゃないですか!(*・ω・)

ここまで自分の理想形に近いアラビアータになるとは予想外でした!

自分が料理をするときは「だし」を大事にする傾向がありますが、
アラビアータって、その「だし」にあたる要素がほぼないのです!

というのも、構成要素はトマト、オリーブオイル、にんにく、唐辛子、
玉ねぎ、そして今回はここに具材で茄子を加えただけですからね!

「これで本当に味が決まるのか」という不安があったのですが、
調理手順をきちんと踏んで完成させたらその不安は吹き飛びました!

動物系なしなのに、びっくりするほど丸みがあってコクがあるのです!
いやはや、トマト・オリーブオイル・にんにく・玉ねぎの力はすごいです!

にんにく(と唐辛子)を使ったイタリア料理を作るうえでの最大のポイントは
最初にオリーブオイルで超弱火でじっくりとにんにくと唐辛子に火を通し、
両者の風味を完全にオリーブオイルへと移していくところにあります!

ここは絶対に急いではダメで超弱火が鉄則中の鉄則です!
10分ぐらいのんびりと待つぐらいの姿勢でいることが大切です!

この手順を大切にしたのが成功に繋がった一つの要因でもあったでしょうね!

◎今回の最優秀料理


今回はもうどれも自分の中で納得がいくものが多かったので、
「茄子のアラビアータ」と「手作り春巻き」の両方を選びます!

どちらかを落とすというのはあまりにもったいなかったですので!

この中でもアラビアータはほんとドンピシャの仕上がりでしたね!
にんにくを入れ過ぎなぐらいに入れたのも大成功でした!

イタリア料理のにんにくはオリーブオイルでじっくり熱を入れるので、
大量に入れても下品な味にならないのがいいところでもありますね!

「豪快だけど下品ではない」という良さが出ていましたね!

というわけで、今後もいろいろな料理を頑張っていきます!(゚x/)モキシューヌ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ おうちごはんランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : おうちごはん | ジャンル : グルメ

コメント

 
中華三昧良いね~!春巻き、中華料理屋で食べるい以外だと家で作る方が断然おいしいよね!総菜は本当においしいのがない。ごくたまに「干しエビ」があったら入れるんだけれど、生の海老も良いけれど干しエビ、味が出て旨し。
おお~~~ 春巻きに アラビアーター良いですね さすがに春巻きは 1人で食べるのには ちょっとボリュームがあり過ぎますが
アラビアーターは良いですね
と言っても どんな味だったっけ? なんです
日本にいた時も かなりの田舎に住んでたので パスタをお店であまり食べたことが無いんです ><
また 見てみます

ダシ 僕もかなり大切にしてます。
これは 日本人ならではなのかもしれませんね~~~~

  駐在おやじ
鳥天さん、こんばんは!

やっぱり料理はお惣菜より手作りのほうがおいしいですよね!
とりわけ揚げ物はそうですし、中華もそうなのが多いですよね!

干し海老はたしかにいいですね!
干し海老と干し貝柱は中華の重要な干し具材ですもんね!

とはいえ、価格が高すぎてなかなか手が出ないので、
だし用にはだし顆粒に手を出してしまいがちですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
駐在おやじさん、こんばんは!

この春巻き、一般的に売られているのよりも大きくて、
しかも写真に載ってる6本とも自分で食べてしまいました;

こんなことだから体重が減らないのかもしれませんね;

とはいえ、揚げ物は1日置くと味ががっくりと落ちるので、
揚げ物だけはその場で全部食べてしまうのが一番かもですね!(●・ω・)

アラビアータは一言で言えば、
「にんにくと唐辛子がたっぷりのトマトソース」
ですね!

一般的にはスパゲッティよりペンネで食べることが多いそうです!

料理をするときにはやっぱりだしを大事にしますよね!
和食はもちろん中華や洋食でもだしを重視するようにしています!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
アラビアータはニンニクとタマネギをいかに弱火でというのと、トマトソースを煮詰める我慢ができるかにかかってますよね。本来、ペンネで作るみたいなので、ボク、次に作るときはペンネで挑戦しようと思います。
焼き鳥おうじさん、こんばんは!

やっぱりにんにくなどの香りを超弱火でオリーブオイルに移すのって大事ですよね!
何度かパスタを作っているうちにその大切さを実感するようになりました!

今回はトマトソースの風味に不安がありましたが、
仕上がる段階ではきっちり煮詰まってくれて助かりましたね!(●・ω・)

「あぁ、しっかり煮詰まって旨味が凝縮されるのが大切なんだな」
ということを強く感じました!

今後トマトソース系パスタを作るときにも生かされるような気がします!

アラビアータはペンネというのが定番になっていますよね!

自分はどうしてもスパゲッティ信仰(?)が強いので、
アラビアータでもスパゲッティにしてしまいますが;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.