今日の料理 第9回 2024/4/10~4/14

気付くとこの「今日の料理」コーナーももう第9回になるのですね!

1記事につき4つの料理を紹介してるので9回だと36になりますね!
いつのまにそれだけの料理を作ったのだろうと思ったりもしますが!

ということで、今回も作った料理を気ままに紹介していきます!(*゚ー゚)

4/10 - ほたての炊き込みご飯


ほたての炊き込みご飯(2024/4/10)

これはいつも常備している2合用の炊き込みご飯の素がベースです!

スーパーの冷凍コーナーによくあって、ほたて以外にも
あさりやたこの炊き込みご飯などが売ってありますね!

これ味のバランスも良く、量もちょうどいいので使いやすいのですよね!

ただそのまま使うとメイン具材であるほたてが足りないので、
これを作るときはいつも自分でほたてだけはプラスします!

そうすると味もメイン具材も充実してくれるのですよね!(*゚◇゚)

たまには完全自作の炊き込みご飯も作ってみたくなりますが!
このあたりは今後の展開によって作ることもあるかもですね!

4/12 - ちらし寿司


ちらし寿司(2024/4/12)

これはもううちの家で自分が小さいときから作られているものですね!
「すし太郎」をベースにしてますが、半分ぐらいは独自アレンジです!

「すし太郎」以外にすし酢につけたきゅうり、かまぼこ、ちりめんじゃこ、海老を加え、
上に錦糸卵、赤い小海老、刻み海苔をトッピングするという形になっています!

このスタイルは自分が小さい頃からほぼ変わってないですね!
海老を入れるようになったのは自分が高校ぐらいのときからですが!

あと今回は家に三つ葉があったのでそれもトッピングしています!(=゚ω゚)

そういえば今回はここに椎茸を甘く炊いたものも加えていますね!
もっとも市販の椎茸具材ではあるのですが!

4/13 - にしんそば


にしんそば(2024/4/13)

ビジュアルがいい加減なことの多い自分がちょっと見映えにこだわりました!笑

これも真空パックのにしんを甘く炊いた具材に、
ヒガシマルのうどんスープをベースに味を調えたスープと、
自作とはちょっと言い難いところがあったりするのですが!(●・ω・)

この料理は家ににしん具材が余っていたから作ったのですよね!

で、にしんそばを作る場合に他に合いそうな具材はと考えて、
かまぼことわかめが無難かなということでこのチョイスにしました!

にしんそばというのは関西と北海道で食べられているみたいですね!

なので、他の地方の人からすると「にしんを乗せるの?」となるかもです!
もっとも自分もにしんそばを食べるようになったのは大人になってからですが!

4/14 - 牛肉ときのこの和風スパゲッティ


牛肉ときのこの和風スパゲッティ(2024/4/14)

今回はこれまでの3つの料理が完全な自作とは言い難かったので、
「4日目はオリジナル色の強い料理を」と思って作ったのですよね;

ただこれは自分の思っていた通りの味に着地せず、
醤油の鋭さが立ってしまい、悔しい結果になってしまいました;

改めてこれを作って食べたことで、
「このタイプの和風醤油味でやりがちな味そのものだ」
とこの方向性の味の調整の難しさを痛感しました;

味は和風だし、バター、醤油の3つで整えて、
「まろやかさのある和風バター醤油味」にしたかったのです!

ただバランス的には完全に醤油の存在感に食われてしまいました;

ソースやケチャップやマヨネーズの場合は
少々量を多く入れても塩分濃度がそこまで高くないので、
味が完全に支配されてしまうということはないのですよね!

でも醤油はそうした調味料と比べて圧倒的に塩分濃度が高いので、
バランスを間違うと和風だしなどの他の要素を食ってしまうのですね;

しかも水分の少ない料理なので、失敗すると再調整が利かない、
「そこまでしょっぱくはないけど味は醤油ばかりが目立つ」、
という結果になってしまうのですよね;

だからバターのまろやかさとかが全然生きてなかったですね;

これについてはもうちょっと調べてみようと思いますが、
自分が考えた反省点は次のようなところになりますね!

・醤油は塩分濃度の調整用ととらえて最小限に留める
・砂糖かみりんを少し加えて、甘みで丸みを帯びさせるべき

このあたりを考慮すると、めんつゆあたりをちょっと使って、
まずやや薄めに味を調整したうえで、
塩味が足りない部分を補う目的でのみ醤油を使うようにすれば、
もっと上手い具合にまとまったのではないかと思うのですよね!

このタイプの味での失敗は過去にもやったことがあるだけに、
「あぁ、そうだった;」という悔しい結果になりましたね;

◎今回の最優秀料理


残念ながら、今回は最優秀料理については「該当なし」とします!(`・ω・´)

最初の3つはある程度決まった味を調整しただけですし、
4つ目は自分としては完全に失敗という認識なので、
さすがにここから最優秀を選ぶわけにはいかないですね;

まぁでも料理をしていれば失敗することもあるのは当然で、
大事なのはそれを反省しつつ次回に生かすことと、
失敗したからといってモチベーションを失わないことでしょうね!

なので、これからもいろんな料理を頑張っていきますよ!(゚x/)モキーシュ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ おうちごはんランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : おうちごはん | ジャンル : グルメ

コメント

 
スパゲッティに醤油を入れるときは、ホント、気持ちだけにした方がいいですよ。それでも、十分に味に反映されます。
料理って、ボク、テキトーに作りますが、経験が何よりで、たくさん失敗しました。醤油を控えめにして、ニンニクとわさび、バターを入れると美味しくなります。もちろん、わさびはなくてもいいですけどね。チャレンジしてみてください。ベースは鷹の爪なしのペペロンチーノです。
焼き鳥おうじさん、こんばんは!

料理ってある意味失敗してなんぼのところがありますよね!
失敗して経験して、それを糧にしていく繰り返しですよね!(●・ω・)

ほんと今回は醤油の持つ存在感を良くも悪くも痛感しましたね!

汁なし麺や炒め物で醤油味ベースのもの全体に言えそうですよね!
今後もあえてその分野に挑戦して調整力を身につけようと思います!

料理をいろいろしてると、
「これとこれを合わせるとこんな味になるはず」というイメージと
実際の味が一致するようになってくると失敗は減ってきますよね!

自分も最近はけっこうフィーリングでぶっつけで作ることが多いので、
このイメージと実際の味がピタッとハマるとうれしくなりますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
にしんそば、北海道と関西くらいなんだってね。子供のころからあるので全国共通かと思ってた( ´艸`)うちもたまにするけれど、わざわざニシンを炊くことはなく真空パックよ(笑)
鳥天さん、こんばんは!

それが関東の人から「今は関東でも見かけますし自分は好きですよ」
と言われて、ちょっと驚いていたところなのですよ!(●・ω・)

東京は全国から人が集まるということもあってか、
立ち食いそばとか大型チェーン店とかだと、
他の地域の人向けのメニューなんかも導入されやすく、
それが食文化の関東への輸入に繋がっていそうですね!

やっぱりにしんそばに乗せるにしんは真空パックですよね!笑
あれを自宅で作るというのはさすがに骨が折れすぎます;

というか、こちらではもはやにしんというと、
にしんそば用の真空パックぐらいしか売ってないですし;苦笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.