麺FACTORY JAWS 醤油ラーメン 大

谷町六丁目の「麺FACTORY JAWS」に訪問してきました!

たしか開店して1年ぐらいのときに一度訪問してるのですよね!
ただそのときのことはブログにしていないので厳密な時期は不明ですが;

でも当時はノーマルな豚骨魚介のつけ麺を食べたのはおぼえています!

最近は母の墓参りや四天王寺での供養のために谷町九丁目あたりに
来る機会が多く、それによってこの周辺のラーメン屋を訪問しています!

ところでこちらのお店は完全に豚骨魚介つけ麺のイメージでしたが、
今ではそれだけでなく、清湯系の醤油や塩も提供しているのですね!

ということで、今回はその清湯系のラーメンをいただくことにしました!
また麺の並盛も大盛も同価格ということで大盛にして注文しました!(*゚ー゚)

麺FACTORY JAWS 醤油ラーメン 大

うん、かなりパンチが強そうな醤油ラーメンという雰囲気ですね!

◎スープ - 豚肉、和風だし、鶏油による複合的な味わい


まずはスープですが・・・これはかなり意外性のある醤油スープですね!(●・ω・)

清湯系の醤油ラーメンというと鶏ベースであることが多いですが、
こちらは豚で、しかも豚骨ではなく豚肉ベースのスープなのですね!

豚なので丸鶏のような優しさを感じさせるスープではなく、
やや無骨さはありますが、一方で豚骨によるスープではないので、
澄んだ繊細さというのも同時に感じさせる不思議な味わいですね!

で、肉系のベースなのでそこまで強烈な主張なわけでもないのです!

それゆえにもう一つの柱である和風だしがかなり前面に出てきます!(*゚◇゚)

それが椎茸・昆布・煮干などによる複合的な和風スープなのですね!

ここも個性的で、和風だしは一般的に昆布+魚介であることが多いですが、
こちらはバランス的にけっこう椎茸の存在感が強く出ているのですよね!

椎茸と昆布を合わせたときの旨味の相乗効果は強烈なものがありますが、
それが強く打ち出されるために豚肉以上にこちらが目立っている感があります!

だとすると「繊細な和風スープなのか」というふうにも思えるのですが、
そうさせていないところにもこのラーメンの個性があるのですよね!

ここで大きなアクセントとなっているのがスープに浮かぶ黄金色の鶏油です!

豚肉スープに和風だしに大量の鶏油、この組み合わせは珍しいですね!

だから豚肉と鶏油という「骨系ではない要素」が動物系の主軸を担っていて、
そこに旨味の強い和風系が絡み、しかも醤油もけっこう主張が強くなっている、
そうすることで複合的で他にはないスタイルの清湯スープに仕上がっています!

このかなり変則的なスープはもしかすると近くに清湯系の名店である
「うえまち」があることも多少なりとも影響しているかもしれませんね!

王道の醤油ラーメンだと、どうしても「うえまち」が強烈に強いので、
「JAWSならではの清湯」を目指したというような感じがしてきますね!

◎トッピング - 2種類のチャーシューがうれしい


トッピングは薄めのレアチャーシュー、厚めのバラチャーシュー、
味玉、細めのメンマ、そして細かい青ねぎ、糸唐辛子となっています!

レアチャーシューは薄めなので、食べているうちに熱が入りますが、
それがちょうど良く、しっとりとした肉らしい旨味が楽しめます!

このレアチャーシューはなかなかポイントが高いと思いましたね!

一方のバラチャーシューもそれとは違った個性を見せてくれます!(=゚ω゚)

こちらは炙りを入れることで香ばしさを上手く演出していますね!
この個性の異なった2つのチャーシューはこのラーメンのポイントですね!

そして細めのメンマや細かめのねぎもよく考えられていると感じました!

どちらも麺との絡みが良く、麺と一緒に食べやすいのですよね!
麺との一体感、それらを意識した具材というふうに感じました!

麺FACTORY JAWS 醤油ラーメン 大(麺)

◎麺 - 細めでやや歯切れを重視したタイプの麺


麺は中細でやや加水が低めで歯切れの良さを感じる麺です!

食感としてはパツプリという感じで、麺はそこまで硬くはなく、
スープとのバランスを重視した茹で加減となっていますね!

そして麺をよく見ると、ごく小さな粒々が見て取れるので、
ちょこっとだけ全粒粉か焙煎小麦あたりを配合してそうです!

ただ全体としてはバランス型の麺と言っていいでしょうね!

麺が単体でガンガンと主張してくるタイプではないですし、
ものすごい高い加水でプリプリうなる食感でもないですしね!

◎まとめ - 個性的な動物系+和風の清湯醤油


醤油は濃いめ、動物系はガラではなく豚肉と鶏油という組み合わせ、
そして和風だしも魚介よりも椎茸が立っているという珍しい構成で、
「安心して食べられるけどここにしかない味を」という意識が見え、
味のほうからも複合的な味わいによる個性を感じ取ることができました!

ただそれゆえに明確な主役が見えにくいところはありましたが、
「複合性とバランスで食べるラーメン」と考えればいいでしょうね!

つけ麺の名店ならではの個性的な醤油ラーメンでございました!(゚x/)モギルー

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区上本町西2丁目1-11 楠本ビル1F

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ おうちごはんランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.