幸せのカテゴリー / Mr.Children 深海・BOLERO歌詞意味解説

◎当時の妻への痛烈な決別のメッセージ


この“幸せのカテゴリー”もまたインタビューにおいて、
あまり真面目に歌詞の内容が語られていない曲の一つである。

言うなれば、ごまかして流すことが多いとも言えるのだが、
これは“虜”などと同様にプライベート色が強い歌だからだろう。

この曲は誰が見てもわかるように、
「関係が破綻寸前にある恋人への決別の歌」である。

そして「(詞や曲を書くのは)自己救済のためだけですよ、最近は」[1]
と当時語っていた桜井氏が、自身と無関係にこうした歌を書くことは考えにくい。

となると、この歌の対象は「当時の妻」以外にはありえないだろう。

それを考えると、ポップな曲調でありながら、かなり辛辣な歌でもあると言える。

◎強烈な当てつけにも見える“innocent world”風の歌詞


1番と2番のAメロに関しては、それほど奇抜な表現は見られない。
ごく普通に破綻寸前の恋人の様子を描いた歌詞と言っていいだろう。

また1番のサビについても、それほど踏み込んだ内容は見られない。

しかし2番のサビの「日のあたる場所に続く道」[0]というフレーズを見たとき、
“innocent world”の「陽のあたる坂道を昇る」[2]を連想した人は多いのではないだろうか。

まさか作詞者である桜井氏もこの共通性に気付かなかったとは思えず、
ある種の意図性を持ったうえでこのフレーズを選んだとしか思えない。

そしてこの歌の対象である当時の奥さんは、
かつてMr.Childrenが所属するトイズファクトリーの社員であり、
“innocent world”のタイアップを取るのに奔走した人物でもある。

その当時の妻にあえて、
「日のあたる場所に続く道 違う誰かと歩き出せばいいさ」[0]と突き放し、
「でも君といるのは懲り懲り」と続けるあたりは実に皮肉が込められている。

◎理想的だったはずの愛も夢も簡単に崩れるもの


しかし実はこの曲の歌詞の本当に重要な部分は
前半のAメロやサビのような直接的に当時の奥さんに向けた部分ではない。

その間にはさまれているBメロから見える、愛や夢に対する絶望の箇所である。

「“夢のような毎日が 手を伸ばせばそこに立ってる”
そんなふうに自分に 言い聞かせて過ごしてたけど」[0]

「限りなく全てが 上手くいってるように思ってた
幸せってあまりに もろく儚いものなんだね」[0]

これは単なる奥さんへの皮肉ではなく、
「理想的な愛を手に入れて、それは順風満帆であっても、
結局は愛や幸せというものは簡単に崩れるものなんだ」
という、『深海』期にも強く見られた価値観そのものである。

同時にこれは表面的には奥さんへの愛をテーマに書かれているが、
桜井氏が叶えた「ミュージシャンになるという夢」についても、
この2つの節と全く同じ感情を桜井氏は抱いていたであろう。

「夢を叶えれば、そこには夢のような日々があると思っていた」、
そして実際にミュージシャンとして全て上手く行っていたにもかかわらず、
夢を叶えた先には何もなく、幸せがもろく儚く崩れ去って行った、
そうした愛や夢、希望などの脆さへの絶望がここには映し出されている。

そしてこの曲は当時の奥さんとの実際の生活によって、
その愛や幸せのもろさというものを感じたというテーマであり、
『深海』後というよりは、“【es】”や“シーソーゲーム”と同様に、
愛や夢を信じられなくなり、『深海』へ向かう過程の歌と読むこともできるだろう。

◎間奏後に見えてくる『深海』後的な価値観


このように『深海』に至る過程としての側面が強い前半に対して、
間奏後の後半はむしろ『深海』後らしい価値観が強く打ち出されている。

『深海』前は「理想に近づくことができない人間と自らの愚かさ」や
「愛や夢への絶望」といったことがテーマになることが多かったが、
『深海』後になると、「純粋でいようとするほど死を望んでしまうから、
あえて純粋であることを捨て、ただの動物になってしまおう」
という価値観がより強く打ち出されるようになる。

間奏後の歌詞の「最近はちょっぴり解りかけてるんだ
愛し方って もっと自由なもんだよ」[0]というのも、
“Everything (It's you)”のような理想的な愛であったり、
「理性的な人間」としての愛とはまた違ったものとしての、
「人間としての枠を超えた動物的な愛でもいいんじゃないかな」
という当時の桜井氏の意図を読み取ることができる。

また「恋の旅路は続くんだね」という表現もまた、
“シーソーゲーム”などを通じて「恋」というものを
「愚かなもの」と断じていた桜井氏としては一見意外性があるが、
これが『深海』後の“ボレロ”に向かう側面であると考えると辻褄が合う。

◎なぜ「幸せのカテゴリー」なのか


この曲を聴いた人ならば、一度は疑問に思ったことがあるだろう。
なぜタイトルに「カテゴリー」という言葉が使われているのかである。

「カテゴリー」とは一般的に分類を表すものである。
それを考えれば、「さよなら幸せの分類」とはおかしな歌詞である。

しかし実は「カテゴリー」という言葉は哲学用語にもあり、
「人がものを考え認識するにあたって必ず従わなければならない形式
としての最も一般的な概念ないし分類語を意味する」[3]とある。

すなわち、桜井氏が歌詞に書いた「さよなら幸せのCategory」とは、
「幸せとはこうあらねばならないという概念から解放されよう」
という意味であったのだろう。

そう考えるとまた、このタイトルもまた『深海』後を示唆するものとなっている。

◎『BOLERO』の中での位置付け


『BOLERO』の流れの中の位置付けとしては、完全に曲の前半の『深海』前的な箇所は無視され、
後半やタイトルの「幸せや愛はこうあるべきといった考えを解体しよう」という部分が着目され、
これが「『人間らしくあらねばならない』から『動物的でもいいではないか』」という向きを示唆し、
本能的で混沌としながらもそれを前向きに受け止める“everybody goes”へと接続されている。

→ より詳しくは“アルバム『BOLERO』の曲順の意味”の記事へ

◎音楽的に見て


『BOLERO』のアルバム曲の中では「最もMr.Childrenらしい」と
形容されるのがこの曲であることは間違いないだろう。

それゆえ「アルバム曲の中としては浮いている」と感じる人もいるだろう。

しかしながら、歌詞などをよくよく見ていくと何か重いものが垣間見え、
ポップな中にヘヴィなものを仕込むこの時期の彼ららしさははっきりあるのだが。

実はこの曲を音楽的な部分で最も面白いのは、
当時この曲だけいやに多くのバージョンが作られていたことである。

桜井「これは、アレンジの方向性がいろいろと考えられる曲だったんですよ
(中川、ここで思い出し笑いする)。で、最初考えてたのより、もっと荒々しい方向に行こう、
ということで、このアレンジになったんですけどね。」
中川「この曲、最初は“オリエンタル・ヴァージョン”とかもあったんですよ。
それと今のヴァージョンと、もともとの桜井のアレンジがあったのかな。」[4]

田原「ロンドンで録ってきたんですけど、ものすごーくセッション的に作ってたんですよね。
だから、いろいろ試したんですよ。オリエンタル・バージョンとか、
スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)の<トゥルー>[5]みたいなしつっこいバラード・アレンジとか。
それを小林さんに聴かせたら笑われたけどね。どうするんだ、これって(笑)。」[6]

そう考えると、イントロのギターに微妙にシタールっぽい雰囲気があるのは、
もしかすると「オリエンタル・ヴァージョン」の名残なのかもしれない。

Spandau Ballet風のヴァージョンはこの曲から全く想像がつかないので、
もしデモテープが残っているのであればぜひとも聴いてみたいものだが。

◎おわりに


曲としては『Atomic Heart』期を思わせるポップネスを持ち、
歌詞は表面的には穏やかながら実は皮肉がたっぷりこもっているなど、
異質さを強く持つと同時に、『BOLERO』期らしい皮肉さを持つ曲である。

そしてこの曲の最大の特徴は、前半は明らかに『深海』前的でありながら、
後半になると「動物的な存在になってしまおう」という意識が垣間見えるなど、
『深海』後的な部分が強まり、『深海』前と『深海』後のテーマを分けて
考えることがいかに難しいかを示す象徴的な曲にもなっている。

結局のところ、ある時期を超えれば急に『深海』後になるわけでもなく、
曲を作っていた時期そのものは『深海』も『BOLERO』も特に変わらないうえに、
『深海』前的な「愛や夢に絶望する過程」も、「人間の愚かさへの怒り」も、
「救いのための純粋さからの逃亡」も全てこの時期の桜井氏に同居していたものであり、
それらをくっきりと「この時期はこれだった」と分けるのは難しいということだろう。

あくまで私達が知ることができるのは、
「この曲においてはこの考えとこの考えが葛藤を起こしていた」
といった断片であり、それらを全て集めていくことによって、
『深海』『BOLERO』期の桜井氏の姿がはっきり見えてくるのだろう。

◎出典


[0] “幸せのカテゴリー”の歌詞より
[1] 『CDでーた』 1997年2月5日号より
[2] “innocent world”の歌詞より
[3] コトバンク「カテゴリー」より
[4]『月刊カドカワ』 1997年4月号より
[5] Spandau Balletの“True”のミュージックビデオより
[6]『WHAT's IN? ES』 1997年4月号より

【関連記事】
インデックス・はじめに / Mr.Children 深海・BOLERO歌詞意味解説

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 音楽 | ジャンル : 音楽

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.