綿麺 20周年! ブヒィ!ヤベース

綿麺がついに開店20周年を迎えました!
ということで、今年もお祝いの花を持って開店記念日の2月2日夜に訪問しました!

入口に「今日はつけ麺はありません」と書いてあったので、
「あぁ、今日は和風とんこつ狙いだから問題ないな」と思って入ると、
女将さんから「今日はサプライズのメニューがあるねん」と言われ、
券売機を見ると、なんとあの伝説の限定「ブヒィ!ヤベース」がありました!(`・ω・´)

この「ブヒィ!ヤベース」は綿麺の限定の中でも断トツの人気で、
最後に提供されたのは2019年の周年記念日だったので5年ぶりの登場です!

ただ5年前は自分のように周年祝いを持ってきた人のみの限定だったので、
ある程度広く提供されたのは2018年以来6年ぶりということになります!

「ブヒィ!ヤベース」って、全く知らない人が見ると変なネーミングですが、
これは要するに豚骨(ブヒィ)とブイヤベースをまぜた言葉なのですね!

すなわち「ブイヤベースと豚骨ラーメンを合体させた料理」なわけです!

これだけ聞くと「え、それっておいしいの」と思うかもしれませんが、
このラーメンがいかにすごいかを記事を通じてたっぷり語っていきます!

綿麺 20周年! ブヒィ!ヤベースとパン

ということで、「ブヒィ!ヤベース」のパン付きセットを注文しました!

◎スープ - トマト系パスタソースを分厚い豚骨スープが支える!


まずはスープですが・・・いやぁ、やはりこれは絶品ですね!(●・ω・)

一口目を食べたときは「あぁ懐かしい!」が真っ先に来ましたが、
食べ進めるうちに「やっぱりこれはすごいラーメンだ」という
圧倒される感覚がどんどんと強くなってきましたね!

「豚骨とトマトスープなんて合うの?」と思われるかもしれないですが、
これは単なる「豚骨ラーメンとトマトスープのたし算」ではないのです!

トマト系のパスタソースを普通に作ると、もちろんこれもおいしいのですが、
ベースとなるコクがやや弱く、あっさりとした仕上がりになりがちではあります!

なので、場合によってはそこにチキンスープなどを加えることで、
パスタソースに厚みやコクを加えるということは当然ありますよね!

そうした厚みと旨味とコクを加えるためのスープの部分を
豚の濃厚スープに担わせた、これが「ブヒィ!ヤベース」なのです!

そう考えると、これは「豚の厚みを兼ね備えたトマトパスタ系スープ」で、
どっしり系海鮮トマトパスタソースとしてイメージが湧いてきますよね!

なので、これは断じてミスマッチではなく、
イタリア料理のトマト系パスタスープの一つの正統進化形なのです!(=゚ω゚)

まずはオリーブオイルでガーリックを炒めて白ワインを加え、
そこにトマトソースを加えて海鮮具材などと絡めていきます!

実はもうこの時点で海鮮トマトパスタソースとして完成してるのですよね!

そしてここに濃厚な豚骨スープが加えられることによって、
コクと旨味が数段増してスープとして完全に仕上がるのですね!

そう考えてみると、これがおいしくないはずがないのです!

「コクが分厚くなった一級品の海鮮トマトソース」が
そのままスープになっているわけですからね!

◎トッピング - 海鮮具材ときのこはトマトスープとの相性抜群


具材は大ぶりの海老、イカ、あさり、鱈、しめじ、エリンギです!
上にパラパラとかけられているのはパセリですね!

この具材の組み合わせ、とにかくもう完璧と形容するしかないです!(*゚ー゚)

海老、イカ、あさり、鱈という海鮮具材がトマトスープに合わないはずがないです!

しかもどの具材もスープに海鮮の旨味を与えるという効果が高く、
スープとの相乗効果が申し分ないものとなっているのですよね!

旨味があふれるあさり、ふわっとやわらかくクセのない鱈、
プリッとした食感と旨味のあるイカ、どれも絶品です!

そしてこの中の主役は大ぶりの海老と言っていいでしょう!

やはり海老は大ぶりなものに限りますね!
食べたときに口の中に広がる旨味と食感の良さが違います!

この「ブヒィ!ヤベース」はいつも大ぶりの海老にこだわってますからね!
小さくするとどこぞのかーととかいうブロガーがうるさいからだそうですが!笑

そしてしめじとエリンギというチョイスも素晴らしいのですよね!

海鮮具材の独特の強い旨味とキノコの旨味って相性がいいのですよね!
それを選んでいるところにも綿麺の高いセンスを感じますね!

アクセントとしてこの2種のキノコも実にいい仕事をしてくれています!

綿麺 20周年! ブヒィ!ヤベース(麺)

◎麺 - デュラムセモリナを配合した自家製パスタ風中華麺


麺はなんとパスタに使われるデュラムセモリナ粉を配合した自家製麺です!

このこだわりですよ、だからこそこのラーメンはすごいのです!(=゚ω゚)

「パスタ風のスープと豚骨を合わせるのであれば、
麺のほうもパスタっぽい要素があったほうが合うのでは」
とは誰もが思うでしょうが、そこにきっちり答えてきてくれます!

しかも提供直前にガーリックオリーブオイルを麺にまぶすので、
これが風味を高め、さらに食感の維持などにも大きく貢献します!

こう見ると、このラーメンがいかにして上手く
ラーメンとパスタのスタイルを融合させているかがわかるかと思います!

その食感も絶品で、パスタに通じる弾けるようなプリ感が絶妙で、
麺そのものもおいしく、そしてスープとの相性も完璧なものです!

スープのコクが非常に分厚いのでこの太麺がよく合っており、
スープと麺がまさに対等な存在感によって引き立て合います!

◎パン - スープと絶妙に合うパン


そしてこの「ブヒィ!ヤベース」にはセットのパンが欠かせません!

このスープですから、もうパンと合うのは想像がつきますよね!

自分のオススメはパンをちぎったうえでスープに乗せてしまって、
ほどよくスープを吸ったところで箸でつまんで食べる方法ですね!

ちょっとお行儀が悪いかもですが、この食べ方がいいのですよ!

そしてこのセットのパンにはガーリックバターもついてくるので、
これをパンにつけて食べてももちろんいいですし、
ガーリックバターを少しつけてからスープを吸わせて、
両方のマリアージュを楽しむという方法もありますね!

また今回のセットでは特別に自家製燻製ハムもついてきました!

この「ブヒィ!ヤベース」と燻製ハムは絶対に合うと思っていたので、
これがセットとしてついてきたのは非常にうれしかったですね!

燻製ハムを少しスープにつけて食べるのももちろんいいですし、
スープを付けたハムをパンに乗せて食べるなんて方法もあります!

この食べ方のバリエーションもまた「ブヒィ!ヤベース」の魅力ですね!

◎まとめ - 創作系ラーメンの最高峰


この「ブヒィ!ヤベース」は創作系ラーメンの最高峰と呼んでいいでしょう!
これだけのクオリティを誇る創作ラーメンは他では見られないものです!

今の綿麺は限定ラーメンを出すことがあまりないので、
このラーメンに出会う機会は非常に少ないのですが、
食べられる機会があったら無理に時間を作ってでも食べに行くべき逸品です!

興味の湧いた方はぜひとも次の機会を逃さないでくださいね!(゚x/)モキヌー

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
おお~これは贅沢な一杯。知人でラーメン屋さんいたけれど、スープを作るのが一日仕事で大変って言っていた。普段のスープに加えて特別仕様、手間かかっているねー。コンソメにトマトだもん、パンにも合うね!
鳥天さん、こんばんは!

やっぱりラーメン屋さんで最も大変な仕事はスープ作りですよね!

このラーメンではまずトマトソースをきっちり完成させたうえで、
それとは別に豚骨スープを炊いているのですよね!(●・ω・)

それを一つ一つフライパンでまずトマトソースや海鮮などを合わせて、
仕上げに豚骨スープを合わせるという細かい手順なのですよ!

だから注文されてからの手順も非常に大変なのですよね!

しかもこのラーメンだけの特殊な自家製麺まで使ってますからね!

これはもうパンと合わせても抜群の相性を見せますよ!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
かーとさま
これは私好みのラーメンだと思います。!トマトソースが好きでよくホールトマト缶でスープ作ってたんですよ。魚介も好きだし、いっぱいはいってブイヤベース、それに豚骨をミックス。麺もパスタ風でこだわってるんですね。おまけにガーリックバターパンですか。とても気になりますね。近くにこんなのがあって実にうらやましいです。
とら次郎のとうちゃんさん、こんばんは!

このラーメンは本当に素晴らしいですよ!

まずベースのトマトスープがしっかりと作り込まれていますからね!
そしてそこに海鮮が合わさるのでペスカトーレ風になるのですよね!

さらにそこに濃厚な豚骨スープを合わせることでコクが増大し、
「コクのあるイタリア風トマトスープ」として完成して、
それがパスタ風中華麺と絡むのですからすごいですよ!(●・ω・)

ある意味ではラーメンの価値観を覆す存在だと思います!
そしてそれが素直にメチャクチャ旨いのがすごいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ここまで べた褒めのラーメン 食べてみたいですね
でも 1日だけの限定ですか ><
トマトラーメンって言うのが 一時期?流行りましたが それとも違う 豚骨系ですか ^^
エビ wwww これなら 文句言われないですね ^

  駐在おやじ
駐在おやじさん、こんばんは!

いやぁ、これはほんと日本を代表する創作系ラーメンだと言いたいです!
日本全体を見てもここまでの創作系ラーメンは他にないと思いますよ!(●・ω・)

定期的に限定を出していたときは毎年2月に2回提供されていましたが、
最近はめったに限定を出さないので非常にレアな存在になっています!

ただし今年は20周年ということで合計3日間提供はされましたが!

これは一般的なトマトラーメンとはかなり違うのですよね!

一般的なトマトラーメンはラーメンそのものを基盤にしたうえで、
そこにトマトを加えてアクセントを効かせるタイプが多いですが、
この「ブヒィ」は基盤となっているのはむしろイタリア料理で、
そこに豚骨スープでコクを重ねるといったスタイルに近いです!

海老に関しては一度だけ小さめのものになったことがあって、
自分がブログでさりげなくそのことに触れたのを女将さんが見ていて、
それからは必ず大きい海老を使うようになって、僕が訪問するたびに
大きい海老を僕に見せつけてくるようになりました!笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.