1月が終わりました!

新しい一年の最初の1ヶ月が終わりました!

なんだかもう2024年が1ヶ月過ぎたなんて実感がないですね;

というか、自分の場合は新年を迎えたこともイマイチ実感がないですが;
まぁ、これについては喪中だったからというのが最も大きいですが!

昨年と比べると、今年の1月は落ち着いたという印象が強いですね!

昨年はどうしても母の介護や亡くなったことに追われてましたが、
それも完全に一段落ついて新しい生活になったという感があります!

精神的にも母のことに関しては落ち着いてきた感じはありますね!

というか、そこまで母が亡くなったことで塞ぎ込んだりはしてないですが、
なんかこうバタバタして落ち着かない感じはなくなったと言えそうです!

ただときどきふと寂しさがよぎることはあるのですけどもね。

とはいえ、介護してた時期を懐かしむという感じではなくて、
介護する以前、一昨年の夏頃を懐かしむという感じですかね。

やっぱり要介護5になってからの生活はイレギュラーで大変でしたし、
そうなる前の生活が良かったなと思うところは今でもありますね。

もっともそんなことを望んでも今更どうにもしようにないですが。

ただちょっと自分の睡眠が安定しないのが問題化していますね;

自分の生活リズムに合わせて睡眠薬を飲めば以前は眠れましたが、
最近はときどき眠るのに失敗する日が出てきてしまうのですよね;

もう体が睡眠薬に慣れて、睡眠薬なしで眠るのがかなり厳しいので、
眠るのに失敗するとその1日はほぼ徹夜が確定してしまうのですよね;

ちょっとこれは何とかして脱却しないといけないところですね(;・ω・)

睡眠以外の生活に関してはむしろ以前よりは改善しつつありますね!

特に母が要介護5になって以降は自分の食生活がムチャクチャでしたが、
最近は自分で食事を作る機会を増やして、料理を楽しんでいます!

もともと料理好きなので、そこに戻ったとも言えるのですが!

やはり母の介護をしていた時期はそこに意識がいきすぎて、
それ以外の生活にまで気が向かないところがありましたね。

またどうしても料理をするにも母でも食べられるものに限定されるがゆえに、
料理を作るに作れないという問題もけっこうありましたからね。

でもって、一方で父は母の介護がなくなったことで生活の起伏が減ってるので、
料理をする機会を増やすことでメリハリをつけることも意識しています。

そうしないと父が精神面でしぼんでいってしまっても良くないですしね;

また進めるべき物事も1月になってからゆっくりだけど進んではいます!

このあたりをできれば2月か3月にはきちんと形にしたうえで、
安定的な軌道に乗せたいとは思ってはいるのですが!

そこが上手く行けば生活の不完全燃焼感も解消できそうなのですが!(●・ω・)

そして以前から自分に「にぃに」と懐いている
小学生姉妹は相変わらず自分に懐いてきていますね!

ブログに関しては「自分の人生観と哲学」シリーズを始めたのが、
今月としては大きかったとは言えるような気がしますね。

まぁいかにもコメントをしにくそうな内容ではあるのですが、
こういうのを吐き出すのが自分自身としても一つの自己救済にはなりますし、
以前なら「読者の人に見せるものではない」と思って書かなかったでしょうが、
今はもうそういうことを気にするようなこともなくなりましたからね!

[今月の1曲]
今月の1曲はどの曲にするかなかなか思いつかなかったのですが、
そこまで後ろ向きでもなく、前向きでもないと言えるところで、
The Smashing Pumpkinsの"Tonight, Tonight"を選びました!

音楽的には90年代のオルタナ/グランジにくくられることが多く、
Nirvanaあたりともかなりファン層がかぶるバンドでもあるのですが、
それらのグランジ系に比べると美しい曲を書くことが多いなど、
一口にグランジと呼びにくいところがあるバンドでもありますね!

音楽的には「80年代シンセポップの90年代的解釈」と呼べるところもあり、
この"Tonight, Tonight"などはそうしたところがよく出ていますね。

歌詞や音楽性は一見するとすごく希望に満ちているのですよね。
「今夜こそ、不可能が可能になるんだ」みたいな歌詞は象徴的ですし。

ただ実はこの曲が収録されたアルバムの流れを見ていくと、
この希望は結局は叶うことがないものとして描かれているのですね。

要するに「希望のように見えながらも、叶うことのない夢を描いた曲」だったりします。

そういうところも踏まえたうえで、今回はこの曲を選んでみたわけですね。

ということで、どうぞ2月もよろしくお願いいたします!(゚x/)モリュー

The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight (1995) [Alternative Rock / Grunge]

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

コメント

 
かーとさま
1月ほんとにあっという間ですね。さて睡眠が安定しないのは苦痛ですね。睡眠薬もタイミングの良し悪しはあるみたいですね。私も一時期ですが経験あります。

紹介の曲、このころはほとんど新譜洋楽は聞いてなかったのですがこんなバンドがあったんですね。見た目からイギリスと勝手に思いましたがアメリカのバンドなんですね。いまさらながらですが新鮮です。中身はそういう内容ですね、感じるものがあります。
親が亡くなるって、ある程度の年齢なら自然なこととして受け入れられるよね。ペットは「我が子」なのでなかなか受け入れがたいものがあったり。介護、肉体的精神的にすごいストレスだからね、心配事がなくなって元の生活に戻って、人生楽しんでね。
ほんと もう1月が終わりますね
しかし 寝れないのは大変だと思います。 僕はお酒飲むので すぐ寝れますが、 お酒飲まないと・・・ アル中一歩手前?の状態です (すいません 関係ない話でした)

生活も少しずつ落ち着いていっているようですし、 睡眠も含め いい方向に進むといいですね

 駐在おやじ
とら次郎のとうちゃんさん、こんばんは!

ちょっと最近せっかくの睡眠導入剤を上手く使えてないというか、
どうもイマイチな使い方で生活の安定感を欠いてしまってますね;

やっぱり睡眠が安定してるかどうかは生活の質に大きく関わりますし、
このあたりを改善するのが2月の最大の目標と言えるかもですね!(●・ω・)

The Smashing Pumpkinsの曲を聴いてくださりありがとうございます!

彼らは90年代のオルタナティブムーブメントの中でも
特に大きな成功を収めたグループの一つですね!

たしかに80年代のイギリスの音楽からの影響も強いので、
90年代オルタナムーブメントのバンドの中で見ると、
あまりアメリカっぽくない雰囲気があるとは言えそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
鳥天さん、こんばんは。

母が亡くなったときと、にゃんこが亡くなったとき、
たしかにいろいろと感じるものの違いはありますね。

一番大きいのはにゃんこのときは、
「この子は自分がいないと守れない存在」であり、
「自分を純粋に必要としてくれる存在」だったのに対して、
親子の関係はそれとはちょっと違うところはありますよね。

もちろん最後は介護する・されるの関係になっていたので、
こちらが世話をしていたという点では共通はしてるものの、
親と「自分が責任をもって守るべき存在」とは少し違いますからね。

にゃんこも最後の10ヶ月ほどはほぼ介護してる感じでしたが、
そのときはそれでもストレスのようなものはなかったのですよね。

このあたりもやっぱりいろいろと違うんだなと感じますね。

まずは生活を安定的な軌道に乗せていきたいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
駐在おやじさん、こんばんは!

寝るためにアルコールを利用する人って意外に多いですよね!

眠りが浅くなるから良くないとは言われるようですが、
寝つきが上手くいかないよりはマシではありますしね!

自分はアルコールを飲んだ機会そのものが少ないので、
アルコールで眠くなると感じたことがないですけども;

もっとも自分の場合は睡眠薬を普段服用してるので、
アルコールを摂取しないほうがいいらしいですけども!(●・ω・)

生活に関しては睡眠さえ落ち着けば安定軌道に乗りそうなので、
そこで最優先で解決していい一年にしていきたいところですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.