綿麺 つけ麺 並 燻製ハム&レアチャーシュートッピング(2023年11月)

ひさしぶりに綿麺へと行ってまいりました!
無性に綿麺のつけ麺が食べたくなってきていたのですよね!

前回訪問が6月24日だったので、約5ヶ月ぶりの訪問ですね!

というか、6月の時点で「綿麺のつけ麺食べたいモード」だったのに、
そこから5ヶ月もつけ麺を食べに行ってなかったのは良くないですね;

で、本当は11月の初旬ぐらいには訪問する予定だったのですよね!

ただ皆さんもご存じの通り、11月1日に母が亡くなったことで、
11月初旬の予定はいったん全部ご破算にする必要が出ましたからね;

でも「少し落ち着いたらリフレッシュのためにも綿麺に行こう」と思っていたので、
ちょうどそのタイミングが11月の下旬あたりにやってきたということですね!

今回に関しては注文するメニューはもう完全に決まっていました!
つけ麺+燻製ハム+レアチャーシューの追加トッピングです!

もう今は綿麺でつけ麺を食べるときはこれが定番となっていますね!

満足度で言うなら大盛にしたいところではあるのですが、
胃の容量的に大盛を食べると数時間動けなくなるのですよね;

ただ並にするとレアチャーシューの量が少なく感じてしまう、
そういう問題があったのがずっと悩ましいところでしたが、
「もっとレアチャーシュー」のトッピングが始まったことで、
並盛+もっとレアチャーシューができるようになったのですね!

これが自分にはピッタリだという結論になっています!

この形式でのつけ麺の注文は2022年12月にもしていますね!
やっぱりこのスタイルが自分には合っているのでしょうね!

綿麺 つけ麺 並 燻製ハム&レアチャーシュートッピング(2023年11月)

昼に行くと、どうしてもこうしてねぎが光ってしまうのですよね!笑

それにしても燻製ハムに「もっとレアチャーシュー」まで加えたので、
もはや麺が見えず、麺の器が完全に肉具材だらけになっていますね!

肉ばっかりでつけ麺なのか判別しにくいレベルになっています!

◎つけ汁 - 豚骨の厚みと豚脂の太さが光る


まずはつけ汁ですが・・・おっ、今回は豚骨の太さが際立ってますね!(●・ω・)

綿麺のつけ汁は基本的に豚骨スープ+豚脂+魚介だしの構成で、
ヘヴィさよりはバランス感を重視したタイプなのですよね!

豚骨魚介のつけ麺というのは今でも多くありますが、
魚粉などで粘度を高めているケースが多い中で、
綿麺はそうしたスタイルとは全く違うと言えます!

豚骨は太いながらも、魚粉にはほとんど頼っておらず、
魚介の風味はしっかりと取っただしで演出してるのですよね!

なので、豚骨魚介としてはつけ汁の粘度はむしろサラッとしてます!

ただその中で、今回はいつもよりも豚骨のどっしり感が光ってましたね!

「あ、今回はズシッと来るな」という感覚がまずありましたからね!
もしかすると最近はややどっしりしたバランスにしてるのかもです!

そしていい仕事をしているなと思わせてくれたのが豚脂なのですよね!

油脂の重さよりも、豚脂による豚の香りを高める効果が強かったです!
これによって、豚の旨味と香りが一段増してくれていましたね!

そしてそれを魚介だしの旨味によってサポートする感じですね!

今回は豚と魚介は等価というよりは、やや豚に力点が置かれていて、
旨味を魚介がサポートする、そういう組み立てのように見えました!

◎トッピング - やはり綿麺の肉具材は絶品


麺の上のトッピングはレアチャーシュー、味玉、かいわれ、ねぎです!
そして有料トッピングでレアチャーシューの追加、燻製ハムが入ってます!

つけ汁の中にはダイス状にカットされたバラチャーシューが入ります!

つけ汁の中のとろけるバラチャーシューもいい仕事をしますが、
やはり何と言っても綿麺のつけ麺はレアチャーシューですよ!

今では多くのラーメン屋がレアチャーシューを採用していますが、
大阪におけるレアチャーシューの先駆者は綿麺ですし、
レアチャーシューの作り方へのこだわりと質が半端ないのです!

そりゃすでにレアチャーシューが定着している中で採用するのと、
ほとんど誰も知らない段階からレアチャーシューを導入するのとでは、
その具材へのこだわりというのは自ずと変わってきますからね!

熱の入れ方、やわらかさ、下味、そのあたりがとにかく絶妙で、
やはり自分の中では綿麺のレアチャーシューは圧倒的に断トツです!(`・ω・´)

そしてこのレアチャーシューでねぎを巻くのがたまりません!
あぁなんか思い出すだけでまた食べたくなってきてしまいます!

このレアチャーシューと双璧を為す存在が自家製燻製ハムです!

とにかく燻製の香りが高く、ホロッとほどける質感も最高です!
こちらは麺と合わせて食べたときの相性も絶妙なのですよね!

なので、つけ麺だけでなくラーメンと合わせても最高なのです!

そんな綿麺における最強具材の一つである燻製ハムなのですが、
あくまで追加トッピングなので、基本では乗っていません!

でもこれは間違いない味なので、絶対に追加しましょう!
ここを惜しんだら本当にもったいないですから!

綿麺 つけ麺 並 燻製ハム&レアチャーシュートッピング(2023年11月)(麺)

◎麺 - のど越しを重視した全粒粉麺


麺は綿麺のつけ麺らしい全粒粉麺となっています!

昨年あたりから麺の傾向がけっこう変わっているのですよね!(=゚ω゚)

全粒粉麺であるという点はずっと継承されているのですが、
2年ほど前まではむっちりとした食感重視の麺だったのですね!

それが昨年からやや厚みを軽くして、つるりとしたすすり心地や
のど越しを重視したようなバランスへと変化しているのですね!

昨年はみずみずしさも重視していたような印象がありましたが、
今年はそのあたりの質感は2年前ぐらいの感覚に戻っていますね!

今回はつけ汁のどっしり感が高まっていたこともあって、
ややバランス的に麺が後ろに下がっている感はありました!

このあたりの全体のバランスの微調整は今後もありそうですね!

◎まとめ - 肉具材とつけ麺を両方楽しめる豪華仕様


綿麺のつけ麺はシンプルにつけ汁と麺を楽しむ要素がありつつ、
肉具材も同時にたっぷり楽しむのが大きなポイントになっています!

半分ぐらいは肉具材を目的に食べているところすらありますからね!

この両者を同時に楽しめるところこそが大きな魅力でもあります!

綿麺のつけ麺を食べるときは肉具材をたっぷりと追加する、
さっぱりとした具材なので全く飽きることもないですしね!

やっぱり綿麺のつけ麺は定期的に食べに行かないとですね!(゚x/)モシー

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 
読んでるだけで めっちゃ食べたくなります >< 最初の写真で 肉の多さ(追加されてるからとはいえ)にびっくり
そして スープの魚介のダシの取り方
そして ハム 麺と ^^
完璧ですね~~~~
これは 食べてみたいです。

来週 日本なんですが 東京なんです・・・・・ 大阪来年行こうと思います ww

  駐在おやじ
駐在おやじさん、こんにちは!

自分でも記事を書いてるだけでまた食べたくなりますね!笑

最初の写真は自分で見てもすごいなと思いますね!
とにかく一面が肉・肉・肉となっていますからね!

しかもこちらのレアチャーシューや燻製ハムは
脂の多い部分はカットしているので味がすっきりしていて、
重くならないので量が多くてもどんどんいけるのですよ!(●・ω・)

なので、びしびしと大盛りにしてしまうのがオススメですね!

いつか大阪に来られることがあればぜひコメント欄からでもご連絡ください!
機会があれば、ぜひとも駐在おやじさんと一緒に麺をすすってみたいですので!笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
かーとさま
これはうまそうなつけ麺ですね。実はつけ麺は店で食べたことないんですよ。そもそもつけ麺屋がないのです。昔大勝軒の弟子が開いた店が近くにありましたが、1回もいかないまますぐやめましたし、東北の田舎はつけめんがどうも浸透しないみたいですね。

肉肉しいとちょっときついんですがハムは好きなんですよ。結構食べられそうです。めんが全粒粉なんですね!体によさそうですね。あ~みてるだけでよだれが出てきそうです。大阪にはこんな店がいっぱいあっていいですね。
とら次郎のとうちゃんさん、こんばんは!

なるほど、そちらではつけ麺はあまり浸透していないのですね;

たしかにつけ麺が全国的に受け入れられるようになったのは2000年代ぐらいですし、
一定の新規性があるので地域によってあまり浸透はしていないのでしょうね;

そう考えると、つけ麺はまだまだ都会の食べ物ではあるのかもしれませんね!

つけ麺って冷たい麺と温かいスープという組み合わせが一般的なので、
これが受け入れられないという人もけっこういますからね;

こちらのハムは自家製で、燻製の香りがものすごくいいのですよ!
一般的なハムよりも数段上のおいしさを楽しむことができますね!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ローストビーフ丼みたいになってる~(*´艸`)レアチャーシューの乗っかったラーメンって、ほとんど食べたことがないからそそられるわ。でもでも、これは具だけでお腹いっぱいになっちゃう。バラチャーシューも仕込まれているなんて、肉好きには堪らんね!
鳥天さん、こんばんは!

へへへ、ほんとローストビーフ丼に負けないビジュアルでしょ!

たしかにレアチャーシュー(低温調理チャーシュー)って、
現代的な文化なので、最近のお店にしかないですよね!

でもこのレアチャーシュー、きちんと脂身がカットされているので、
量が多くてもするすると入ってくるのが大きな特徴なのですよ!(●・ω・)

麺を食べて、その合間にレアチャーシューで口をさっぱりさせて、
その繰り返しで食べていくのがたまらないのですよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.