2022年を振り返って

さて、今年も各月の月末記事を読みながら、
それぞれの月を振り返っていくこととしましょう!

[1月]
1月の記事を読み返すと、まさにもう
「2022年の葛藤、そして迷走の始まり」
だったことがわかりますね;

このときから自分のテーマは「死」になりつつあって、
「死について語りたくて仕方ない」という心理状態だったようです!

というか、それが完全に表に出てきたのが2022年1月だったのですね!

もちろんそのきっかけは2021年10月のにゃんこの死だったのですが、
「死への思い」として芽を出してきたのは今年だったわけですね!

さぁ、ここから坂道を転がるようにゴロゴロと進んでいくわけです;

[2月]
そしてここで今年のブログ最大の迷企画「Mr.Children 深海・BOLERO」が始まりました!

でも自分としては、間違いなくこれこそが今年最大のブログの成果だと思っています!

自分の死に対する葛藤が一段落ついたことによって、
途中で筆が止まってしまうという問題も起きたのですが、
「自分の本気の文章がひさびさに書けた」と思えたのですよね!

言うなれば、「物書きとしてのかーと」の目覚めがあったのですね!

普段のブログの記事って、勢いで書いていることもあって、
書き終わっても「よし、いい分析ができた」みたいな
手ごたえってほとんどないのですよね!

それに対して「Mr.Children 深海・BOLERO」企画の記事は、
資料も徹底的に調べ、文章も練りながら書き進めたことによって、
書いた後の手ごたえという点では抜群のものがあったのですよね!

これはある意味では「ブログ後」の別活動での動きのほうへと繋がっています!

[3月]
3月はどうもスマホを購入したのが最大のニュースだったようですね!笑

いろいろ「死」について考えたりもがいたりしてる毎日ながらも、
必要なことも前に動かしていかないといけないという意識も強く、
そこからポンと出てきたのは「いい加減スマホを買おう」だったのですよね!

あと何年かするとガラケーも使えなくなるという話でしたからね!

そこでスマホにしたらパソコンとの併用でいろいろと使いやすくなり、
さらに通信料金そのものまで下がってすごくお得になりましたね!

むしろ「なんで今までガラケーだったんだ!」と思うほどでしたので!

[4月]
4月も基本的には1月からの延長線上にある過ごし方をしていたようですね!

ただ2月の大阪城梅林、4月の造幣局と、このあたりのイベントは押さえて、
それなりに縮こまり過ぎないように、注意しながら過ごしてはいたようです!

ただ当時の月末記事を見るに、かなり内面的なところに潜り込んではいますね;
これは今の自分にもずっとのしかかっている、大きな大きなテーマなのですが;

「にゃんこにかわる存在」「自分を必要としてくれる存在」、
そうしたものに関しては結局今年のうちには答えは出せなかったですからね。

[5月]
この5月に関しては月末記事からは本当のところが見えないのですよね;
ただ表面的には不調を感じていなかったということはたしかなようです!

この月に独自ドメインと広告の排除をしていることもあって、
ブログの在庫記事がたまっていたというのはあるようです!

この年の「第1次在庫過多」がこのときに来たのは間違いないようです!
主に花の記事や、Mr.Childrenの記事によって在庫が増えたのですよね!

[6月]
そして今年のもう一つの問題、過眠・無気力問題が出てきたのがこの6月です;

そう、これが出たタイミングでMr.Childrenの記事が停滞していったのですよね;

Mr.Childrenの記事はかなり労力が必要ということもあって、
一週間のリズムをきちんと整えながら進めていたのですが、
過眠によってそのあたりが崩れてきたという問題が起きたのです;

それ以前は24時間起きて24時間寝るという「48時間1単位制」でしたが、
この6月からそれが崩れて、いつ寝てるのかもよくわからなくなりました;

しかも市販睡眠薬に頼るなどの今年最大の悪癖も生まれてきたのですよね;

自分の中では6~8月ぐらいは市販睡眠薬に溺れた時期という意識が強いです;

[7月]
7月はもともと6月の過眠状態から脱することを目標にしていましたが、
逆に7月上旬に軽い体調不良と希死念慮の大幅が悪化があったことによって、
それをさらに過眠によって回復させるというサイクルに入ったのですよね;

でも7月という1ヶ月の過ごし方としてはそれは間違ってなかったようです!
そのかわり過眠・無気力問題の先送りになってしまったのはたしかでしたが;

今年を見ると1~5月と6月以降で一つの断絶があるのが見て取れますが、
これが「死」をモチベーションとしていた1~5月、
それが電池切れになったのが6月以降というふうにも言えるのですよね;

でも長い目で見れば、6月以降のほうが平常状態とも言えるのですよね;

[8月]
そして今年を語るうえで欠かせない、母の入院の1回目が8月13日にきます;

これが今年の2つめのターニングポイントだったと言っていいでしょう!

もうこの時点でブログへのモチベーションは切れてしまっていましたね;
今振り返ると、ここまでトラブルが続くうえにモチベーションが落ちてると、
「そりゃ最終的にブログ休止に至るよな」というのも理解できてしまいますし;

そして今回の入院は過去のものとは違って非常に大きなものとなります;

知らせが入るのは9月以降になりましたが、「要介護5」ということになり、
家に帰ってきたからの介護が非常に負担の重いものになったのですよね。

それと同時に今度は母の「死」とも向かう合う必要が出てきたわけです。

それを考えると、ほんと今年って激動の1年だったなと痛感しますね。

[9月]
9月はずっと母が入院してたこともあり、平凡な1ヶ月でしたね;

ただ8月31日に子ども達とやった話はものすごく楽しかったですね!
自分の中でThe day of the yearを選ぶなら間違いなくこの日になりますね!(●・ω・)

ただ実は9月13日に心の中で「ブログ休止」を決定していたのですよね。

パンの解禁によって「第2次記事在庫過多」が起きたことによって、
「あ、これは何かが違う」と悟ってブログの休止を決めたのですよね;

今となっては、この決断は間違いなかったと自信を持って言えます;

自分のウェブ活動はこのブログだけというわけではなくて、
他にもあってそちらに力を向けたいという思いもありましたし、
それがさらに軌道に乗ってることを考えれば正解だったのでしょう;

厳しい言い方ですが、ブログのほうは停滞していたのはたしかですしね;

一方でブログは「自分の思いを綴るための場所」としては非常に有効で、
この使い分けが今の自分にとっては一番だというふうに感じてますからね!

[10月]
10月はやはり「ブログ休止」を実際に実行に移した月として印象が強いです;
何と言ってもそれを公にするというのは、大きなアクションになりますからね;

他の問題に関して言えば、無気力問題はおおむね回復傾向だったのですよね!
とにかく起きる時間をしっかり作ることによって解消に向かっていきました!

そして母が月末に退院したのも大きなイベントでしたが・・・これは11月に続きます!

[11月]
11月はもうとにかく退院から2週間での母の再入院に尽きましたね;
ただ11月末には退院できたので、それはありがたかったのですが;

というか、10月の退院時はそのときからちょっと調子が悪かったのですかね;

11月の退院以降はもう少し食欲なども回復していて全体的に良くなってますし、
ちょっと1回目の退院のタイミングが早かったというのもあるかもしれません;

ただやはり一度たった2週間での再入院というのをやらかしてしまうと、
つねに「また入院になってしまわないだろうか」という怖さが出てくるので、
毎日ヒヤヒヤしながら過ごすことになるというのがちょっと怖くありますね;

ただ訪問看護師さんの協力もあって、「できるだけ毎日疲れない態勢を作る」
ことが成功しつつあるので、これで少しでも長持ちしてほしいものですね!

無気力問題は10月22日のにゃんこの命日がちょっと大きかったですかね!

今まではにゃんこの死=「死について考えるしかない」だけでしたが、
「いつまでも引きずりすぎていると、お空にいるにゃんこを悲しませてしまう」
という一段落つけたいという思いができたのは大きかったですかね!

かといって、にゃんこのかわりになる存在が見つかったわけでもないですが;

[12月]
12月はこの記事を書いてる12月20日時点ではおおむね平和ですかね!

一応は来年に向けてのビジョンもそれなりには描けていますし、
無気力状態もそこそこ解消、母の状態も安定していますし、
2023年は今年より良くできればいいなぁという思いですね!

このブログもなんだかんだで自分を内面を吐露するような
そういう場としては機能していきそうな感はありますしね!

それではみなさん、良いお年を!(゚x/)モキシュッ

Mad Season - Wake Up (1995) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.