6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば

6/20発売の明星「築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば」を食べました!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば

創業25周年を迎える「築地銀だこ」との共同開発商品です!

へぇー、この手の商品で共同開発って珍しいですね!
まぁ、あくまで味を監修したぐらいの関係だとは思いますが!

「築地銀だこ」というと、今では全国的に有名な存在ですね!(*゚◇゚)

油を多めにした揚げだこ的な焼き方により、外はカリッと、
中はトロッとしたコントラストが大きな特徴となっています!

たこ焼きの本場である大阪ではこの方式を嫌う人もいますが、
実は自分は大阪人ながら銀だこスタイルはかなり好きだったりします!

この外と中の食感のコントラストって、たこ焼きの理想形の一つですし、
普通の焼き方ではないけどそれを実現したのは評価に値すると思いますので!

でもって、実際に食べてみて銀だこのたこ焼きはおいしいですしね!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば(内容物)

◎内容物 - ふりかけでアクセントをつける構成


内容物は液体ソースとふりかけとなっています!
ふりかけの量がかなり多めとなっているのが特徴ですね!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば(できあがり)

うん、やはりふりかけが目立つ構成になっていますね!

◎ソース - たしかにたこ焼きらしさは感じられる味


まずはその味ですが・・・うん、たしかにたこ焼きらしさはありますね!(●・ω・)

ただやっぱり、焼そばでのたこ焼きの再現って難しいのですよね!

そもそも「ソース味でたこ焼きというソース味の料理を再現する」
ということに土台として無理があったりするわけで、
そこをどうやって再現するかはかなりの難題なのですよね!

これがお好み焼きだと、ソースの風味がお好み焼きと焼そばでは違うので、
お好み焼き風の甘口のソース+マヨネーズとすれば一定の再現になるのですが、
たこ焼きだとマヨネーズをつけてしまうとお好み焼きに近づいてしまうし、
ソースだけではどうしてもたこ焼きらしさの再現ができないのですよね!

となると、たこ焼きらしさとは何かということになるわけですが、
それは「生地の風味をいかにソースの中に含ませるか」になるのですよね!

「あ、なんだかたこ焼きの生地とソースが混ざった味がするぞ」
と、そう思わせることに成功するとたこ焼き味らしさが出るわけです!(*゚ー゚)

以前にここを再現して「一平ちゃん」では成功したことがあるのですが、
それでもやはり判断が分かれやすい微妙なラインの話ではあるので、
「何がたこ焼き味なのかわからない」という声はそのときもありましたね!

その点から見ると、今回は自分としては65点ぐらいでしょうかね!

「たしかにたこ焼きの生地らしい味はする、けど・・・」という感じというか、
「すごい!」とはいかずに「けど・・・」となる、この微妙なところですね!

でもたこ焼きらしさがあるのはたしかで、決して悪くはないのですよね!
とはいえ、胸を張ってたこ焼き味と言えるかというと迷いもするのですよね!

そして一つのポイントになっているのは、ソースに含まれるかつおの香りです!
これはおそらく生地に含まれるかつおだしを再現したもののように思いますね!

こうした一つ一つが生地らしさを再現するポイントになってきますからね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、植物油脂、ソース、食塩、魚介エキス、醸造酢、
リンゴピューレ、たん白加水分解物、トマトペースト、香味調味料、
マンゴーチャツネ、ローストオニオンペースト、香辛料となっています!

まぁ、これを見る限りだと「いかにもソースらしい原材料」でしかないですね!

◎麺 - 幅広のそこそこもっちりした麺


麺は幅が広めのややもっちりとした食感の油揚げ麺です!

厚みはそこまでなく、熱湯4分なので「そこそこの太さ」の麺ですね!
熱湯5分ほどのもちもち感ではなく、あくまで中間的な食感と言えます!

細麺だと焼そばっぽくなりすぎるので、ちょうどいいラインですかね!

別に太麺だからと言って、たこ焼きの生地っぽい食感ではありません!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは484kcalとなっています!
脂質は19.6gで、焼そばとしては軽めの数字ですね!

◎具材 - たこ焼き風味の揚げ玉が最大の主役か


具材はキャベツ、ふりかけは揚げ玉、香味調味料、混合削りぶし
(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、紅しょうが、アオサです!

キャベツははっきり言って、主役というよりはおまけに近いです!
たこ焼きですから別にキャベツは入ってなくてもいいですしね!

むしろ硬めでいい風味がついた揚げ玉が非常に効果的でしたね!
このカリカリ感によって銀だこらしさを表現してたのですかね!?(`・ω・´)

そこにたこ焼きらしい削り節、紅生姜、アオサが加わる感じですね!

◎まとめ - あまりに期待しすぎないのが大事


あまり強く構えて「たこ焼きをどれだけ再現されているか」と
肩に力を入れ過ぎてしまうとさすがにコケてしまうでしょうが、
「何となくたこ焼きっぽい焼そば」ぐらいの感覚で食べれば、
「あ、なんかそれっぽいぞ」と思えるだけのものはありますね!

なんとなくたこ焼きっぽいと思えるような焼そばでした!(゚x/)モキューヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
自分的にはやっぱりたこ焼きらしさ=具にタコでしょう!
それっぽい甘めのソースと具にタコが入っていれば
たこ焼きらしい雰囲気になると思います。

それをソースやタコ以外の具で「たこ焼き」らしく表現しようとするから
無理が出て、結果再現度がビミョーになるような気がしますね。

でもタコの相場はめちゃ上がっているのでキツイでしょう。
なので商品名を「たこ焼きソース味焼そば」にしたらいいと思いますww
たういさん、こんにちは!

カップ麺でたこ具材ってまず使われないですからね;
でもって、コストもかかるので辛いのでしょうね!(●・ω・)

たこ焼き味焼そばは全般的に見ると、
「たこ焼きの生地とソースの総合的風味」
を目指している感じがしますね!

とはいえ、単なる「たこ焼き味」ならそれで再現できつつも、
特定のブランドを再現するとなるとハードルが高くなりますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.