So Let's Get Truth / 臨時ニュース / Mr.Children 深海・BOLERO歌詞意味解説

◎「愛の墓場」での追憶から外へ向かう


“手紙”から始まる男女の物語は“名もなき詩”でいったん完結したが、
まずはここまでの流れを簡単にではあるが振り返ってみよう。

アルバム『深海』の物語の時系列の最初にあたる曲は“Mirror”で、
ここでは想いを寄せる人に「単純明快なLove Song」[1]を歌っていた。

そして2人は恋愛関係となり、“Mirror”の主人公は絶望に陥る彼女のために
“名もなき詩”を作るなど、深い愛情で結びつけられた関係へと至った。

しかしそんな2人も一緒に暮らし始めると“ありふれたLove Story”のように、
簡単に関係が壊れて別れに至り、時が経ち主人公は彼女に“手紙”を書く。

そしてその“手紙”という「愛の墓場」に立ち尽くしながら2人の関係を追憶し、
2人で暮らした日々(“ありふれたLove Story”)、ただ単純に愛情を伝えた日々(“Mirror”)、
深い愛情で結ばれていた日々(“名もなき詩”)を心の中で振り返っていき、
「どれだけ深い愛で結ばれていても、結局は壊れてしまうものなのか」、
「永遠に続く愛などあるのだろうか」、「そもそも愛は本当にあるのだろうか」、
「もし愛があったとして、そのことに意味はあるのだろうか」と考えていく。

そして自らが書いた“名もなき詩”の「街の風に吹かれて」[2]の歌詞を思い起こし、
“Mirror”から“手紙”に至る経験を胸に、彼は真実を求めて(=So Let's Get Truth)外へ向かうのだ。

◎“Mirror”の青年は愛の絶望を胸に“So Let's Get Truth”を歌う


アルバム『深海』は“名もなき詩”で一つの区切りを迎えることにより、
“So Let's Get Truth”はそれまでの曲とは切り離された印象が強い。

しかし桜井氏のインタビューにあるように、
「次の“名もなき詩”へと、世界が徐々に広がり、大きくなっていきます。
男と女の枠から、外へ出るわけですね。『♪街の風に吹かれて唄いながら……』の歌詞と、
その次にくる“So Let's Get Truth”は、僕のなかではこのようにつながっていく──。
外に向かう。しかしそれは、この男にとって、同時に内に閉じこもることでもある。
それは一人の呟き、嘆き……。」[3]
と、“手紙”から“名もなき詩”までの物語と主人公は同じである。

そう、純真無垢な心で街角で愛する人に“Mirror”を歌っていた彼が、
今は愛の苦い真実を噛み締め“So Let's Get Truth”を歌っているのである。

このように「『深海』のA面全体が“Mirror”の主人公を、
“So Let's Get Truth”を歌うまでに変えてしまった」ととらえると、
この“So Let's Get Truth”もまたズッシリとした重みのあるものになる。

そして桜井氏が“So Let's Get Truth”で再び外へ向かった彼を
「この男にとって、同時に内に閉じこもることでもある。それは一人の呟き、嘆き……。」[3]
と評したように、「真実を探す」という内的な行動へと向かわせることになっていく。

この“So Let's Get Truth”は単体の曲としては比較的印象が薄いが、
「真実の深い愛ですら簡単に壊れることを示すA面」に対して、
「それを受けて真実を求めていくB面」を象徴するタイトルでもある。

前半において「壊れるはずのない真実の愛すら壊れた」事実があったからこそ、
彼はこの“So Let's Get Truth”から始まる真実を探す旅へと出るのだから。

もちろんそれはこの主人公という一人の人間の呟きでもあるが、
同時にこのアルバム『深海』を聴く人達へのメッセージでもある。

「これまで誰もが賛美してきた愛の現実はもうわかっただろう。
だから、それを受け入れたうえで真実を探すんだ」というものである。

◎「真実」に目を向けろ


この“So Let's Get Truth”は一般的に『深海』『BOLERO』期の中の
社会風刺系の曲の一つとされるが、たとえば“タイムマシーンに乗って”
などに比べると、深刻さは薄く、どこかトーンが軽くなっている。

しかしよくよく歌詞を読むと、「真実から目を逸らす人達」や
「真実を探そうとしない人達」が全体的に描写されており、
そこから最後に向けて「真実を探そう」という流れになっている。

「ゴミのようなダンボール そこで眠る老婆 錆びた夢の残骸」[0]は、
『深海』の大きなテーマでもあり、アルバム前半でも愛をテーマに描かれた
「あらゆるものは壊れゆく」「メメント・モリ」と通じる内容である。

そしてそれは当然自分にも振りかかるのだが、「素通り」[0]して目を逸らすのである。

これは次曲である“マシンガンをぶっ放せ”の
「やがて来る“死の存在”に目を背け過ごすけど」[4]
の箇所にそのまま通じるものがあると言えよう。

そして表層的にしか社会を語らず真実を求めない「社会派」や、
ただ通りを練り歩くだけ(「walking in the street」)の若者達、
互いに顔色を見て利口なふりをするだけの子ども達を描写しながら、
しかしいずれ「矛盾を知り苦悩したり試行錯誤する」ようになり、
真実を探しに行くであろうことを示唆して締めくくられている。[0]

◎『深海』の中での位置付け - 社会的なテーマへの切り替え


アルバム『深海』の中でのこの曲の意味合いとしては、
“手紙”から“名もなき詩”まで描かれた「男女の物語」から、
「社会的なテーマ」への切り替えをする目的を持っている。

平たく言ってしまえば、“名もなき詩”から“マシンガンをぶっ放せ”に
直接繋ぐわけにもいかないので、間に入っているという意味合いが強い。

そのため「アルバムの流れをスムーズにするための曲」という感もある。

しかし一方においては“Mirror”と同じ主人公が同じように外で歌う曲なのに、
テーマ性が大きく変わっている、その対比を描き出すなどの効果も見せていたり、
また「真実を探す」というアルバムのテーマの提示の役割も担っており、
比較的地味な立ち位置の曲ではありながら、果たしている仕事は少なくない。

◎音楽的に見て


ほとんどの人が「長渕剛みたい」と思っているだろうが、
実はもともとボブ・ディランをイメージして作った曲である。[3]

その経緯については桜井氏もインタビューで、
「これはやっぱり“LIVE UFO”で桑田佳祐さんがボブ・ディランをやってたのを聞いて、
思ったんですけど。日本の中で“言葉”を伝えようと思った場合、ヒップホップっていうのも
いいやり方だけど、どうしてもファッション先行になる傾向があるから、そうじゃなくて、
ボブ・ディランのような在り方のほうが、きっと“言葉”を伝えるということでは
僕らとしてもあり得るし、僕らがやってちゃんと伝わる方法だろうななんて
思いながら作ってたら……長渕剛さんに。」[5]
と語っている。

ただし「長渕さんの真似をしようと思って歌ったわけじゃない」[5]そうで、
デモテープのときの歌い方の癖が抜けたかったためにこうなったとのことである。

◎“臨時ニュース” - “マシンガンをぶっ放せ”とのつなぎ役


この“臨時ニュース”のトラックについてはインタビューでもほぼ言及がなく、
中川氏が「これは基本的にエンジニアの方が」、鈴木氏が「これはお遊びということで」
と触れたのみで、メンバーや小林氏が深く関わったわけではないようである。[3]

おそらくは次曲の“マシンガンをぶっ放せ”がイントロの無い曲であるため、
上手く繋がるようにこの“臨時ニュース”をはさんだということなのだろう。

この『深海』という作品が全体的にプログレ的であることを考えれば、
こうした工夫を入れるのはそうした点からも面白いとは言えるだろう。

◎おわりに


あまり意識せずに聴くと、「あぁ、ここから少しテーマが変わるんだな」と
感じる程度の曲ということで終わってしまいがちだが、
「A面全体を受けて“Mirror”の主人公がここに至っている」
ということを意識すると、『深海』らしい重みを感じることができる。

果たして彼はこの後、どのような「真実」を見出していこうとするのだろうか。

◎出典


[0] “So Let's Get Truth”の歌詞より
[1] “Mirror”の歌詞より
[2] “名もなき詩”の歌詞より
[3] 『月刊カドカワ』 1996年7月号より
[4] “マシンガンをぶっ放せ”の歌詞より
[5] 『PATi・PATi』 1996年7月号より

【関連記事】
インデックス・はじめに / Mr.Children 深海・BOLERO歌詞意味解説

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 音楽 | ジャンル : 音楽

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.