カップ麺Award 2020 Part1

さぁ、ついに今年の「カップ麺Award」のメインイベントがやってきました!

今年紹介した320個のカップ麺の中から、いろいろな視点から
「最も素晴らしい」と評価したベスト20の商品を紹介していきます!

今年カップ麺業界でどのような進化があったのか、
どのメーカーが優れた商品を多く開発してきたのか、
そうしたことを俯瞰的に眺めることができる企画でもあります!

自分としてはこの「カップ麺Award」なしに年は越せないですね!(=゚ω゚)

カップ麺の新作はどうしても期間限定商品が大半になるので、
紹介される全商品を知っている人はあまりいないとは思いますが、
それでも「こういうものがあったのか」と眺めてみるような感じで、
この「カップ麺Award」のベスト20を楽しんでもらえればと思います!

それでは、このPart1では20位から11位までの商品を紹介いたします!

22位 6/22発売 ペヤング 塩ねぎ豚やきそば(まるか食品)
6/22発売 ペヤング 塩ねぎ豚やきそば

         22位って書いとるやないか(・ω・*)
(*・ω・)どうしても紹介したくて・・・

今年も例によって20位をちょっと超えたところからの紹介となりました!笑

それでも例年はまだ21位までの紹介にとどめていたのですが、
今年はついに22位の商品まで登場してしまうことになりました!

この商品は典型的な「自分がどうして好きだったから選んだ」ものですね!

この「カップ麺Award」は自分が気に入ったかも大きな尺度なのですが、
「新しい試みがあったか」「技術的な先進性があったか」、
「カップ麺の歴史を動かす力があったか」「味が良かったか」、
このあたりの評価軸を総合的に見てランキングを決めるのですよね!

なので、「自分はすごく好きだったけど、先進性とか斬新さはない」商品は
主にこのように20位周辺で紹介するという形を取ることになるのですよね!

でも20位ながら今年最もリピートしたのは実はこの商品だったりします!

自分はペヤングの「肉系塩焼そば」に対してはほんとに目がないのですよ!(`・ω・´)

油脂はほどほどに抑えて、肉の旨味はありながらアクセントもしっかり、
このあたりのペヤングのバランスの取り方がピタッとハマるのですよね!

もうドンキで見かけるたびに1個か2個はいつも購入していましたね!

21位 2/10発売 金ちゃんいか焼そば(徳島製粉)
2/10発売 金ちゃんいか焼そば

21位はなんと「カップ麺Award」として初の徳島製粉の商品の入賞です!
徳島製粉としては、間違いなくこれは快挙と言っていいと思いますね!

この商品は味だけで言えば、決して奇抜というわけではありません!
実験的でもないし、先進的でもない、でも揺るがない価値があるのです!(=゚ω゚)

エースコックが「いか焼そば」を終売してしまったことで、
カップ焼そばからはいかを主体にした焼そばが消えました!

でも実は徳島製粉もソースいか焼そばには強みを持ってるのですね!

麺はノーマルながらも悪くなく、ソースはいかとよく合う少し濃口、
価格帯はリーズナブルで、具材のイカはこれでもかと入っている、
「いか焼そば」の終売に泣いた人の救いの手になる力を秘めています!

そのためか、今年に入ってうちの近くでは取扱店が増えてるのですよね!

「いかの入ったソース焼そばが食べたい」というニーズは確実にあって、
そうした期待にこの商品が真正面から応えていることの証左だと思います!

こうした消費者の心に空いた穴をきちんと埋めてくれる商品展開、
これもまたカップ麺業界全体を眺めてみるとすごく大事だと思います!

そうした意義を評価して、この「カップ麺Award」に選出いたしました!

20位 4/13発売 謹製 山椒香る中華そば(東洋水産)
4/13発売 謹製 山椒香る中華そば

この商品は優秀ではありながらも、選出に少し悩んだのですよね!

というのも、昨年の10位に「謹製 山椒香る塩そば」を選出してるのです!

これは新たな「謹製」シリーズの第1弾とも言える商品で、
これがベースのスープも山椒も極めて優秀だったのですよね!

そして今回の商品はその醤油バージョンにあたるわけですが、
やはり昨年とおおむね同系統なので選ぶか迷うわけですね!

しかしながら、それでも選びたくなるぐらいおいしかったのです!(*゚◇゚)

他の「謹製」シリーズをランク入りさせる案もあったのですが、
「でもやっぱり一番おいしかったこれにすべきだろう」となって、
昨年は「塩」、今年は「醤油」での選出ということになりました!

今回の「醤油」もまた、「塩」にない魅力を見せていましたからね!

19位 6/16発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(明星/セブン&アイ限定)
6/16発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば

今年のカップ麺を語るうえで外せないのは「本格派二郎系の隆盛」ですね!

これまでにも二郎系を意識したようなカップ麺は少し出てましたが、
「二郎系そのもの」とまで形容できるものは少なかったのですよね!

ただ今年はカップ麺の業界でも「ガチな二郎系」が少なからず登場しました!

そのうち、汁なしジャンルにおいて二郎系を打ち出したのがこの商品です!(●・ω・)

「とみ田」ということで「豚骨魚介」かと思わせるものの全く違い、
二郎系の豚骨醤油に大量のおろしにんにくを加えて超攻撃路線です!

ここまでおろしにんにくをガンガンに効かせた汁なしはなかったですし、
ベースの豚骨醤油も完璧、変化をつけるチーズもなかなか効果的と、
「カップ麺における汁なし二郎系」の一つの完成形を見せましたね!

これだけワイルドに楽しませてくれる汁なしはなかなかないものでした!

18位 9/21発売 カップヌードル 魚介仕立てのペペロンチーノ(日清)
9/21発売 カップヌードル 魚介仕立てのペペロンチーノ

この商品はほんといい意味で「カップヌードル」らしい一杯でしたね!

ペペロンチーノと魚介、一見するとそこまで交わりそうにないのですが、
ガーリックとオリーブオイルを中心にしたペペロンチーノの要素に
海鮮の旨味が想像以上にがっちりと上手く組み合わさっていたのですよね!

一応は海鮮を使うペペロンチーノのレシピもありますがややマイナーですし、
「こうしたイタリア料理のスタイルもいけるよ」と教えてくれた点でも、
この商品はいろいろな発見を与えてくれる一杯になっていたと思いました!(*゚ー゚)

新しさ、個性、カップヌードルらしさ、おいしさ、それらが全て噛み合ってましたね!

17位 3/24発売 麺屋NOROMA 濃厚鶏そば(日清/ファミマ限定)
3/24発売 麺屋NOROMA 濃厚鶏そば

これはほんとに「王道の鶏白湯カップラーメンが出たな」という印象でしたね!

数年前からカップ麺における鶏白湯はかなりポピュラーになりましたが、
一方で本格的な鶏白湯を打ち出すのはなかなか難しくもあるのですよね!

鶏の風味、まろやかさ、そういったものを引き出しきるのは大変で、
鶏油頼りになりすぎたり、どうしてもコクや線が細いものになったりと、
いい線までは行くんだけど本格派としてもう一本欲しかったのですよね!

そんな中、この商品は非常に上手く鶏白湯としてまとめあげられていました!(*・ω・)

そして自分はこの「NOROMA」の実店舗にも訪問したことがあるのですが、
スープの再現度が非常に高かったというのも大きなポイントでしたね!

「飲み口やわらかながらも鶏のコクがたっぷり」、まさにそういう味で、
カップ麺でここまで再現できるようになったのかと感激させられましたね!

16位 6/29発売 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん(日清)
6/29発売 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん

「AFURI」のカップ麺はすでに定番と言えるところまで定着していて、
その味の基本形も鶏+かつおということでかっちりと固まっているので、
良くも悪くもどの商品もおおむね想像の範囲内のものではあるのですよね!

「AFURI」に関してはこれまでにも何度も「カップ麺Award」に選んでいますし!

そうしたこともあって、今年は選ぶべきかどうか少し迷ったのですが、
「辛口ラーメンの新しい形を提示した」という点が今年は見事でしたね!(*゚ー゚)

この「辛紅」は「AFURI」の激辛系ブランドとして発足したものなのですが、
一般的に激辛系ラーメンというと、どうしても全体的に野性味を強調しがちで、
とにかくどこを取っても攻撃的な味わいになっていることが多いのですよね!

しかしながら、このラーメンは辛さに関してはかなり本格派のものでありつつ、
一方でトータルの味わいは繊細で上品、こうした組み立ては辛口系として斬新で、
激辛系ラーメンの新しいスタイルを提示してくれたと言っても過言ではなかったです!

このラーメンは自分としては大いに評価したいと思わせてくれましたね!

15位 6/29発売 マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば(明星)
6/29発売 マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば

この商品もまた発想の新しさによって魅せてくれた一杯になりましたね!

「マタドール」や「闘牛脂」による監修カップ麺は過去にも出ていて、
これまでに「牛脂系汁なし」もいろいろと発売されてきたのですが、
今回はなぜかそれを「富山ブラック」の要素と合わせたのですよね!

「富山ブラック」と言えば黒くて濃いめの醤油と黒胡椒が特徴ですが、
一見するとこれと「牛系のタレ」と合うかどうか未知数に見えますが、
「牛系のどっしり感」と「富山ブラックの攻撃性とタレの旨味」が合わさり、
これがちょっと想像していないレベルでの相性を見せてくれたのですよね!(*゚◇゚)

どうしても牛系の汁なしって、ドスンと重たくなってしまいがちですが、
胡椒をバチッと効かせることで実にバランスが良くなっていたのですよね!

2つのパンチを組み合わせることで、見事な調和を見せた汁なしでしたね!

14位 1/13発売 豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク(日清)
1/13発売 豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク

今年発売された商品の中で、とりわけ先進的だったカップ麺の1つですね!
一言で言うなら、「カップ麺における二郎系の究極を追求した」商品です!

これまでにも二郎系を意識したカップ麺はいろいろ発売されてきましたが、
二郎系って大量の野菜・にんにく・背脂・極太麺と様々な要素があるので、
カップ麺の枠組みの中で再現しきるのには限界があったのですよね!(●・ω・)

そこで日清は「もうコスト度外視で二郎系を追求してやる」という思いで、
価格帯はかなり上がりながらも、この商品のための超極太麺を開発しつつ、
さらに大量の野菜・にんにく・背脂もきちんと再現してきたのですよね!

「ここまで本気で二郎系をやり切った」カップ麺は間違いなく初めてで、
そこに挑戦したということだけでも十分すぎるほどに評価ができますし、
そしてそれを高いレベルで実現してきたことも自分は大いに賞賛したいです!

間違いなく、今年を語るうえで欠かせないカップ麺と言えるでしょう!

13位 3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)(東洋水産/イオン系列限定)
3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)

これだけの順位で選ぶにはちょっと地味かなとも思う商品でしたが、
総合力の高さという点で極めて優れていたので13位に選出しました!

「TRICK」のラーメンは実は過去にも発売はされているのですよね!
ただ当時と比べても、麺を含めて大幅にパワーアップしてると感じました!

最近のラーメンのブームの1つが「鶏と水だけ系」にあたるのですが、
こうした「ほぼ鶏だけを強烈に打ち出すシンプル系のラーメン」は、
カップ麺の業界においてもちょくちょく登場するようになっています!

このラーメンも一応はその流れに位置付けられるかなと思います!

ただ一般的に「鶏と水だけ系」は鶏のスープを打ち出しながらも、
それ以上に大量の鶏油で味を決めてくるところがあるのですよね!

それに対してこの商品はむしろ鶏油はそれほど強くはなくて、
そのかわりベースの鶏スープが非常に素晴らしかったのですよね!(*・ω・)

ベースの鶏スープでここまで攻められるカップ麺はなかなかなく、
その点において極めて抜きん出た仕上がりを見せていましたね!

こうした鶏油よりも鶏スープで攻める鶏ラーメンももっと期待したいですね!

12位 11/2発売 凄麺 冬の塩らーめん(ヤマダイ)
11/2発売 凄麺 冬の塩らーめん

この商品はほんとに総合力というか完成度の高さで選んだ商品ですね!

この「凄麺 冬の塩らーめん」はヤマダイの冬の定番となっていて、
決して今年だけ発売された新作商品というわけではないのですよね!

ただ自分としてはこのシリーズは今年初めて食べたのですよね!
食わず嫌いだったわけではなく、例年は見かけなかったためですが!

それが今年食べてみると、このクオリティが実に見事でしたね!(`・ω・´)

白湯ベースながらも分厚すぎず、塩ダレで塩ラーメンらしさを立て、
そこに今年の特徴であるスパイスによってきっちりと個性を打ち出し、
さらに野菜の旨味とたっぷりの白菜で冬らしさを演出している、
この総合力の高さは見事というほかないと思わされましたね!

さすがは冬と定番にまで成長している商品だなと実感しましたね!

11位 10/6発売 本場の名店 沖縄 しむじょう 肉そば(日清/ファミマ限定)
10/6発売 本場の名店 沖縄 しむじょう 肉そば

そして今年の「カップ麺Award」の前半を締めるのはこちらの商品です!
一言で言うと、「縦型カップのノンフライ麺沖縄そば」の商品ですね!

沖縄そばというと、豚とかつおをミックスしたスープが特徴ですが、
その優しさゆえに油揚げ麺を使うとどうしてもスープとバッティングして、
その良さが引き出しきれないという問題が生じてしまうのですよね!

それゆえカップ沖縄そばはどんぶり型ノンフライが一番なのですが、
こうして縦型カップ+ノンフライの沖縄そばはおそらく今回が初で、
これが想像以上にまとまったクオリティで感激させられたのですよね!(=゚ω゚)

沖縄そばらしいパツパツした食感というよりはもちもち系でしたが、
それを考慮しても縦型ノンフライとしての麺のクオリティは高く、
さらにスープも具材もほぼ申し分のない仕上がりであったことなどから、
「あ、縦型の沖縄そばでもここまでできるのか」と発見させられましたね!

なので、味だけで言うなら決してそこまで驚きはなかったのですが、
「カップ沖縄そばの可能性」を大きく広げた商品だったのはたしかですね!


ということで、これにて今年の「カップ麺Award」の前半は終了です!(●・ω・)

好みで選んだ商品、カップ麺業界に対して与えたインパクトが強かった商品、
そして総合力の高さが光った商品、それぞれの商品にカラーがありましたね!

そして残る「カップ麺Award Part2」ではついに残る10商品が紹介されます!
ここではさらにこの前半を凌駕するようなカップ麺がどんどん登場します!

それでは、明日更新する「カップ麺Award」の後半もぜひお楽しみくださいませ!(゚x/)モキュールッ

【関連記事】
カップ麺Award 2020 Part2
カップ麺Award 2020 Part1
カップ麺Award 2020 特別賞
カップ麺Award 2019 Part2
カップ麺Award 2019 Part1
カップ麺Award 2019 特別賞
カップ麺Award 2018 Part2
カップ麺Award 2018 Part1
カップ麺Award 2017 Part2
カップ麺Award 2017 Part1
カップ麺Award 2016 Part2
カップ麺Award 2016 Part1
カップ麺Award 2015 Part2
カップ麺Award 2015 Part1
カップ麺Award 2014
カップ麺Award 2013
カップ麺Award 2012

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
やっぱりなかなかランキング入賞商品絞るのって難しいですね。
かーとさんの場合は全ジャンルからの選定となるので
枠が広いのでいっそうたいへんかと思います。

今回は前半ということですが、
この中にも自分も候補に上がった商品がいくつかありますね!
冬の塩とか金ちゃんのイカ焼きそば、NOROMA、
富山ブラックとかは候補に上がっていました!

マルちゃんの謹製はほかにもいい商品があったので
それはもっと上位になるのかな・・・?
そして最近その「謹製」の新商品が出ないが気がかりです。
再発売でも売れる商品多いので期待しているのですが。
たういさん、こんばんは!

ほんと毎年ランキング入賞商品を選ぶのには苦労しますね!

「これもおいしかったから入れたいんだけどなぁ」と思ったり、
いろんな尺度からどちらを上の順位にするかを悩んだりと、
「楽しさもあるけど大変」というのを毎年感じられますね!(●・ω・)

「冬の塩」は今年初めて食べて大いに感動させられたので、
けっこう上の順位での選出ということになりましたね!

斬新さよりも総合力で勝ち取った入賞という感じでしたね!

そしてたういさんも「金ちゃん いか焼きそば」を候補にしてたのですね!

決して新しさとか、そういう要素があるわけではないものの、
「これは入れてあげたい」という思いが強く入賞させました!

「謹製」は昨年の出だしのときはかなりゆっくりでしたし、
今年は3商品だったので、おおむねそんなペースなのでしょうね!

次にどんな題材を扱ってくるのか楽しみでもありますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
そういえば去年も書いたような気がします。
ここで止めないで~~~~ ><
すごく気になるじゃないですか wwww
明日は休み ビール飲みながら よだれ垂らしながら見させていただきます www

  駐在おやじ
駐在おやじさん、こんばんは!

そういえば数年前まではこの「カップ麺Award」は
2記事に分けてはいながらも同日投稿だったのですよね!

とはいえ、そうするとどうしても読む量が多くなりすぎるので、
今はこんなふうに出し惜しむ形で半分ずつ分けて投稿していますが!(●・ω・)

ベスト10ともなると、自分で思い出しても珠玉の商品ばかりですね!
特に今年はレベルの高い商品が多かっただけに印象も深いです!

いろんな驚きもあるので、ぜひとも今夜楽しんでくださいませ!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
食べたことがあるのは、ペペロンチーノとアフリだけだな。どちらも、おいしかったので、順当ですね。
さて、明日はどれだけ食べたものが出てくるか楽しみです。
まさか、アップルパイはないよなあ(笑)
焼き鳥おうじさん、こんばんは!

Part2のほうにもおうじさんが食べたものが少し出てきますね!
とはいえ、こちらの順位に比べると評価が良くなかったものですが;

アップルパイに関しては「特別賞」のほうで選んでますね!(●・ω・)

あれはもう完全に「おいしかった」ではなく「キワモノ」枠ですので!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.