3/23発売 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ

3/23発売の日清「AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ」を食べました!
あの「AFURI」の監修商品から、なんと初のカップご飯が登場しました!

3/23発売 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ

「AFURI」の監修商品もずいぶんと幅が広がってきたものですね!

もともと「AFURI」の商品は東京の有名ラーメン店を紹介する
「THE NOODLE TOKYO」の第1弾商品として登場したのですが、
いつのまにか「THE NOODLE TOKYO」は「AFURI」ばかりとなり、
さらにはミニバージョンなどのバリエーションも出たのですよね!(*゚◇゚)

そして今回はカップご飯と、今では日清の看板の1つですね!
たしかに「AFURI」のカップ麺は非常に質が高いですからね!

最近では縦型油揚げ麺での有名店商品が少なくなった日清ですが、
この「AFURI」だけはその形態でしっかりと生き残ってますからね!

「AFURI」というと、オシャレで真面目なイメージが強いお店ですが、
今回は「日清の○○メシ」シリーズからの派生ということもあって、
「○○メシ」シリーズ特有の軽いノリがここにも出てきていますね!

3/23発売 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ(内容物)

◎内容物 - 「阿夫利の素」という名前の調味油付き


内容物はフタに貼り付けられた「阿夫利の素」となっています!
この「阿夫利の素」は端的に言ってしまうと調味油ですね!

また普段は「AFURI」とローマ字表記が採用されていますが、
今回の商品はなぜか「阿夫利」という漢字表記が多いですね!

フタの裏には「AFURI」という店名の由来が書かれていますね!

3/23発売 AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ(できあがり)

一見ややさみしく見えますが、実は肉具材はかなり多く入ってます!

◎スープ - まさに「AFURI」らしい鶏魚介柚子塩風味


まずはスープですが・・・うん、これはきっちり「AFURI」してますね!(●・ω・)

しっとり優しくも旨味のある鶏スープをベースに据えたうえで、
かつおを中心とした魚介の旨味を与え、さらに昆布椎茸を加えた、
とにもかくにもまとまりと完成度の高さが光る鶏魚介スープです!

そしてそこに香味油が入りますが、これも魚介と豚脂の旨味が生きて、
全体に魚介のさらなる香りとコクを与えるという効果を見せています!

このバランスの組み立て方はまさに「AFURI」と言えるでしょうね!
ラーメンとして食べたときに感じる「AFURI」の良さが生きています!

とにかくスープを構成するあらゆる部分に妥協がないのですよね!(=゚ω゚)

鶏スープの旨味も深く、魚介は上品でありながらしっかりと主張し、
足りない部分はきちんと昆布と椎茸で補完して旨味の重層感を出す、
そして香味油のコクと、スキとなっている部分が見えないのですよね!

これはどうしてもご飯が多少溶けてくることでスープは濁りますが、
それでも「AFURI」らしい良さに関しては全く損なわれていません!

カップご飯のスープでここまでの完成度はすごいと言えるでしょう!

そしてここに加わってくる柚子の風味ももちろん欠かせませんね!
この柚子の上品さこそが「AFURI」を支えているとも言えますし!

鶏・魚介・柚子、この3つの高い調和こそが「AFURI」ですからね!
そして塩スープであることによって、その良さがダイレクトに生きます!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、食塩、植物油脂、魚粉、香味調味料、でん粉、
チキン調味料、小麦粉、魚介調味料、麦芽糖、香味油、砂糖、魚介調味油、
こんぶ調味料、香辛料、しいたけ調味料、酵母エキスとなっています!

昨年登場した「AFURI まろ味」との原材料の比較をしてみましょう!

[AFURI 柚子塩らーめん まろ味]


魚粉、チキン調味料、香味調味料、香味油、魚介調味料、食塩、豚脂、糖類、
植物油脂、魚介調味油、ゆず皮、こんぶ調味料、香辛料、しいたけ調味料

こうして見ると、豚脂などの油脂が増え、鶏系はやや下がっていますね!
ただし昆布や椎茸を重ねる和風だしスタイルは継承されています!

これは麺がご飯に変わった影響というのが特に大きいでしょう!

ご飯はノンフライ、それに対して麺は油揚げ麺であることから、
ラーメン版の油脂感をどう演出するかが重要になってくるので、
こちらの「阿夫利メシ」は油脂が多めの構成になったのでしょう!

◎ご飯 - 最近の「日清のご飯」は優秀


ご飯は熱湯5分で湯戻しで切るタイプのご飯となっています!
もちろんノンフライご飯なので、油の風味などはありません!

少し前までは熱湯調理の日清のご飯系の仕上がりはずいぶんと硬く、
8分ぐらい待っても中心にやや強めに芯を感じる内容だったのですよね!(*゚ー゚)

それが大いに改善されて、今なら6~7分で十分に食べ頃ですし、
しかも時間がかかっても食感が大きく崩れないのが特徴です!

このご飯の改良は、何気に「日清のご飯」を底上げしていますね!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は69gで、カロリーは342kcalとなっています!
脂質は7.9gで、そこそこの数字と言っていいでしょうかね!

◎具材 - 炙りコロチャーが大活躍


具材は炙りコロチャー、ねぎ、柚子皮となっています!

柚子皮は具材というよりはスープの一部に近い感じですね!
時折口に入ることで、さらに柚子のさわやかさを演出します!

ねぎは一応はリアル系ですが、量はあまり多くないですね!
なので、具材としてはそれほど目立つ存在ではありません!

そして主役の炙りコロチャーですが・・・これはいいですね!(`・ω・´)

もともとはカップヌードルで謎肉に替わる存在として登場したのが
このコロチャーでしたが、謎肉ファンから不評を買ったのですよね;

しかしそれが炙りとなることで、新たな活躍の場を見つけています!

炙ることでチャーシューらしさが高まり、独自の香ばしさも生まれて、
今ではすっかり日清の新しい具材としての活躍の場が増していますね!

今回は量が多いこともあって、全体の底上げの効果も大きいです!

◎まとめ - ご飯でも「AFURI」はおいしい


鶏・魚介・柚子、この3者のバランスはご飯でも見事に健在でした!
いいスープはラーメンでもご飯でもいい味にまとまるのですね!

さらにご飯そのものが最近改良されているのも大きいですね!
これによってこのシリーズから弱点がずいぶんと減りましたし!

「AFURI」の味わいが好きな人だったら、こちらもオススメですよ!(゚x/)モキヌーン

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
まさかAFURIのカップメシとは驚きましたね。
ほんとにミニカップは出るはすごいコラボだと感じます。
AFURIは有名店シリーズになりましたが、
新シリーズのどんぶり型有名店の次作の商品が
またAFURIということだけは勘弁してほしいと思っていますww

商品はしっかり再現されているようですね。
麺がご飯になるとスープも同じではいかないでしょうが、
上手く調整された味になっているみたいですね。

最近はもうこのカップメシはすっかりご無沙汰です。
今週の立川のなんとかというのもスルー予定です。
レンチン時代にあったような汁のない
チャーハンみたいな商品が出れば買うんですがね~。
たういさん、こんばんは!

「AFURI」シリーズの安定感は以前から感じてましたが、
まさかカップご飯にまでなるとは予想外でしたね!(●・ω・)

でもそれがなかなかの完成度だったのが良かったですね!

今「AFURI」は「東京NOODLES」ブランドに移行しましたが、
なんだか今後は「AFURI」と「篝」ばかりになりそうな気もします!笑

最近のカップメシはご飯が改良されたのがうれしいですね!

以前は8分ぐらい待ってもご飯がかなり硬かったですが、
今は「少し戻りやすく、くずれにくく」が両立していて、
以前と比べても食べやすさが増したように思いますね!

汁の少なめの商品は「謎肉丼」で見ることができるので、
他もそれぐらいの水分量の商品を作ってほしいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.