10/7発売 チキンラーメンのカルボナーラ

10/7発売の日清「チキンラーメンのカルボナーラ」を食べました!
ここ最近の「汁なしチキンラーメン」からの第3弾商品となります!

10/7発売 チキンラーメンのカルボナーラ

それにしても最近は「汁なしチキンラーメン」の新作が多いですね!
日清がこのシリーズの開拓に力を入れていることが伝わってきます!

チキンラーメンは汁ありだとどうしてもアレンジに限界がありますが、
汁なしだと「味付け麺を使った汁なし麺」と味付けの幅が広がるので、
そういう意味でもバリエーションを広げやすい領域なのかもですね!

チキンラーメンのファン層を広げるという点でも意義がありそうですし!(=゚ω゚)

さて、過去の2商品はどちらも「油そば」の延長線上の商品でしたが、
今回は「カルボナーラ」とずいぶんと路線を変更してきましたね!

ただ「卵」を連想させる方向性なのはこれまでの2商品と共通ですが!
やはりチキンラーメンは卵との相性がいいのが1つの特徴ですしね!

10/7発売 チキンラーメンのカルボナーラ(内容物)

◎内容物 - 後入れの粉末スープつき


内容物は湯切り後にかける粉末スープとなっています!
いつもの感覚で先入れしてしまわないように注意しましょう!

ところで麺の色が明らかにいつものチキンラーメンより薄いですね!
これは汁なし向けに味付けを弱めてきていると見ていいでしょう!

どうしても麺の味が強いと、他の味付けを加えにくくなりますし、
汁なし向けにそのあたりをさらに調整をかけてきたのでしょうね!

そこからもこのシリーズにかける日清の意気込みが見えてきます!(*゚ー゚)

10/7発売 チキンラーメンのカルボナーラ(できあがり)

仕上がりの色もチキンラーメンとしてはずいぶん白いですよね!
粉末スープの白さを考慮しても色はかなり薄いと言えます!

◎ソース - チーズのまったり感が想像以上に本格的


まずはその味ですが・・・おっ、これはかなりチーズ感が強いです!(●・ω・)

普通に考えるとカルボナーラが粉末ソースというのは珍しく、
本来ならもうちょっと卵風味を意識した路線になりがちですが、
これは「カルボナーラ」以上に「チーズ味」に近いですね!

そのかわり粉末ソースの味わいは中途半端さは持っていません!

卵要素は控えめに、チーズやミルク系の風味を強く効かせて、
「チーズのまろやかさが生きたチキンラーメン」となってます!

これだけ本気でチーズを打ち出してくれると満足度も高いですし、
なおかつ「チキンラーメンってこんなにチーズ風味と合うのか」と、
新しい発見をさせてくれる点でもなかなか面白い路線ですね!

これまでの「汁なしチキンラーメン」の中でも優秀作と言えます!

この商品は自分で卵を投入することも推奨されているのですが、
たしかに卵黄を入れてみると味わいがさらに増すかもですね!

ソースの味がチーズ路線なので、実際に卵黄を入れることによって、
卵黄+チーズによるカルボナーラらしさがより強調されますからね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はクリーミングパウダー、チーズパウダー、味付粒状大豆たん白、
糖類、乳等を主要原料とする食品、卵粉、食塩、香辛料、香味調味料です!

クリーミングパウダー、チーズ、乳製品とミルク系が強いですね!
卵粉も入っていますが、明らかにサブ的な位置づけになってますし!

なので、「ミルクチーズ味」あたりが近い表現と言えるでしょうね!

それでも味が成立するのは麺の風味があるからこそなのですよね!
そう考えると、やはりチキンラーメンの麺は偉大だと思わされます!

「味付粒状大豆たん白」はベーコン風味の疑似肉具材のことですね!
これがカリカリすることによって、カルボナーラらしさを高めます!

またカルボナーラらしく、胡椒の風味も多少つけられていますね!

◎麺 - 幅が広めで風味がやや控えめのチキンラーメンの麺


麺は汁なし向けにアレンジされたチキンラーメンの麺となってます!

もともとこの汁なしチキンラーメンは汁なしに対応するように、
麺の幅を広げることで食べごたえを増しているのが特徴です!

やはり麺に一定のパワフルさがあるほうが汁なしに合いますしね!(*゚◇゚)

ただ今回は麺の風味を控えめにしてきたことも大きなポイントですね!
そうすることで麺の風味ばかりが前面に出ないようになりました!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは423kcalとなっています!
脂質は16.9gで、汁なし系としてはむしろ控えめですね!

これは粉末ソースを主体にしたのも影響してるでしょうね!
粉末ソースのほうが一般的に脂質が控えめになりますしね!

◎具材 - キャベツのみ


具材はキャベツのみというシンプルな構成になっています!
しかも少量なので、具材についてはあまり楽しめないですね!

ただキャベツ以外にも先に触れたベーコン風味の疑似肉や、
ちょっとした黒胡椒などもカルボナーラらしく入っています!(`・ω・´)

とはいえ、それも具材というよりは味付けの一部に近いですが!

◎まとめ - チーズを思い切って強く打ち出したのが正解


どんなふうにカルボナーラを打ち出すのかが大きなポイントでしたが、
あえて卵よりもチーズに力点を置いてきたことで個性が出てましたね!

粉末ソースがほぼチーズ+粉末ミルク的なものとなっていて、
それによって個性がしっかりとアピールできていたのですよね!

卵黄ソース+粉末ソースにすることもできたと思うのですが、
そうするとおそらく中途半端な結果になったように感じるので、
この思い切った方向性は正解だったと言えるかと思いますね!

チキンラーメンとチーズ風味の相性の良さを感じる一杯でした!(゚x/)モキキュン

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
チキンラーメンどんぶりもどん兵衛も汁なし商品の新商品が
多くなってきましたね、おっしゃるように根幹はやはりネタ切れかな?
そして汁なし担々麺や油そばとかの汁なし麺が
ちょっとしたブームというのも大きいでしょう。

今回はこの粉末ソースのおかげでいい感じに化けて
美味しいチキンラーメンアレンジだったですね。
ソースのチーズ感が卵感より強いのはやはりトッピングでの
卵黄投入推奨のためなんでしょう。
でも卵黄投入しなくても美味しく食べれたのがよかったです。
カップ麺は本来はそれだけで完結型なので
あまりトッピング推奨は好きじゃないです。

あと今回はまたスープ作らなかったのですね・・・。
適当なカップがなかったからかな?
記事が戻し湯でスープを作れるという部分に
まったく触れていないのもちょっと驚きました。
たういさん、こんばんは!

スープについてはどこかで1行ぐらい触れたと思ってましたが、
改めて調べてみると全くどこでも言及していなかったですね;

スープを作らなかったのは、スープと名乗ってはいながらも、
単なる戻し湯なので作っても仕方ないからという理由ですね;

東洋水産系みたいにスープ用の小袋があるときは作りますが!(●・ω・)

たしかに最近は汁なし系の麺料理が広がりを見せつつありますね!

でもってチキンラーメンは汁なし系でのバリエーションがつけやすく、
商品開発の方向性を広げるという点でもちょうどいいのでしょうね!

カルボナーラという視点から見ると卵がずいぶん弱めでしたが、
こんな「チーズチキンラーメン」もアリだなとは感じましたね!

これはけっこう思い切っていていい内容だったと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.