5/28発売 EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン

5/28発売のエースコック
「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」
を食べました!

「驚き」と「やりすぎ」をテーマにしたEDGEシリーズからの新作です!

5/28発売 EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン

今回はいやにパッケージデザインがかわいらしくなってますね!
フタのほうはキリッとしたいつもの表情のキングが描かれてます!

EDGEシリーズは前作からやりすぎ感が大人しくなりましたが、
今回はそのときに比べると弾けた感じが期待できそうですね!

鶏しおレモン系は過去にスーパーカップでも出ていますね!
それだけにエースコック鶏しおレモン系は安心感も持てますね!

一方でレモンの酸味を強烈に効かせたカップラーメンというと、
寿がきやの「Due Italian監修 レモンらぁ麺」を思い出します!

これはもうトラウマになるくらいのえげつないレモンでしたからね(;゚ω゚)

さすがにあそこまではいかないだろうという予想はつくので、
この商品に関してはそこそこ普通に乗り切れそうな気はします!

5/28発売 EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン(内容物)

エースコックらしく中には粉まみれの小袋が2つ入っています!
普通の液体スープと刺激を強めるための粉末の2つですね!

この「シゲキングの素」によって酸味を調整するのでしょうね!

5/28発売 EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン(できあがり)

うん、ビジュアルはオーソドックスな鶏しお系といった感じです!

まずは基本のスープですが・・・おっ、きっちり鶏しおレモン味ですね!(*゚◇゚)

「シゲキングの素」を入れる前からほどよくレモン風味が効いていて、
「バランスのいい鶏しおレモン味」として楽しむことができます!

味のバランス感という点ではこの時点のほうがいいかもしれません!
ただ、もちろんこの時点では驚きのようなものはほぼないですが!

ベースの鶏もしっかりしているので、単にレモンだけが浮くことはなく、
鶏系のラーメンに軽いアクセントが効いているといった感じになります!

やはりエースコックは鶏しお系のラーメンを作るのが上手いですね!

そして「シゲキングの素」を全量投入すると・・・おっ、いけるじゃないですか!(●・ω・)

「シゲキングの素」を入れると、たしかに一気に酸味が強まります!

ただ実際のレモン果汁を大量投入したような感じとは少し違い、
スナック的なレモンの酸味を大幅に増したような雰囲気になります!

「酸味の強いレモン味のお菓子」みたいな感じに近いですかね!
「シゲキックス」のレモン味あたりを連想するといいかもです!

自分が最後に「シゲキックス」を食べたのは10年以上前ですが;

でもそうしたスナック的な強い酸味が邪魔にならないのですよね!

酸味は間違いなく強く、刺激的なものは明確に感じるのですが、
それがベースの鶏しおスープと上手く組み合ってるのですよね!

「シゲキングの素」のない状態のバランスのいい鶏しおレモン味から、
一気にレモンが強く主張する方向に大きく傾いてはいるのですが、
「これはこれで一つの調和」と思わせる力がちゃんとあるのですよね!

単に好みというだけで言うなら、粉末を入れた後のほうが好きでしたね!

「普通においしい」が「面白くてしかもおいしい」に変わる感じです!

これはやはりベースの鶏しおをしっかり組んできたからでしょうね!

もし鶏しおが弱いと単にレモンだけが目立つ構図になったでしょうし、
そうならなかったことが、この商品を生かしたと言えるでしょうね!(*゚ー゚)

粉末を入れて以降も鶏スープの存在感はきちんと感じましたし、
それ以外の旨味なども全体を支えるうえで役立っていましたね!

ただ、「EDGE」としての「やりすぎ感」はそれほど強くないです!
攻撃性という点では「Due Italian」の足元にも及ばない感じですし!

しかしながら、「攻めた酸味を見せながらバランスもいい」というのは、
一つの「やりすぎだけど旨い」の形ではあったと言っていいでしょう!

旨さでちゃんと納得させてくれたというのはうれしかったですね!

スープの原材料は食塩、チキンエキス、糖類、しょうゆ、植物油脂、
デキストリン、ポークエキス、たん白加水分解物、チキン調味料、
チキンパウダー、動物油脂、魚介エキス、香味調味料、ポーク調味料、
香辛料、魚醤、酵母エキス、レモン果汁、コンブエキス、レモンパウダーです!

こうして見ると、鶏とレモン以外にもいろいろと入ってますね!
豚の支えに、魚介や魚醤、さらに昆布まで使われていますからね!

レモンを立てつつ、一辺倒にならないようにする配慮が見えますね!

麺は細めで断面の四角いシンプルな油揚げ麺となっています!

商品説明では「めんに味付けを施し」というふうにあるのですが、
むしろエースコックの麺にしては下味の原材料は少なめな感じです!

ただそれでもベースのスープのほうの主張がはっきりしているので、
麺が強く立ってしまうというようなことは全く感じなかったですし、
スープと麺のバランスという点ではなかなか上手く行ってましたね!

今回は完全にスープのほうを主役とした一杯なわけですから、
これぐらいの一歩引いた麺でちょうど良かったと思います!

麺の量は70gで、カロリーは384kcalとなっています!
脂質は14.4gで、比較的低めの数字となっていますね!

具材は鶏そぼろ、なると、卵、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥ねぎながら、量はそこそこ多めで、
薬味としての機能性はしっかりと発揮していましたね!

卵はふわふわ系で、刺激の強いスープにまろやかな風味を
ときどき運んでくるという役割を演じてくれていました!

なるとも普通ながら、ラーメンらしさを高めてくれてました!

そして鶏そぼろですが・・・ちゃんと味のあるものでしたね!(`・ω・´)

エースコックはちょくちょく味のないそぼろを使ってきますが、
今回はそれではなく、ちゃんとした鶏そぼろが使われています!

この鶏そぼろが全体の中で意外にいい仕事をしていたのですよね!

「シゲキングの素」が入ることで全体的にレモンが強まる中で、
このそぼろを食べると全体がやや鶏方向へと向くのですよね!

要は鶏とレモンのバランス調整役として上手く機能していました!

シンプルに「やりすぎ感」を求めるとちょっと優しく感じますが、
「刺激的だけどおいしい」という点からは高く評価できますね!

でもって、最近の「EDGE」はテーマそのものが大人しかったですが、
今回はレモンの酸味ということで個性がしっかりと出ていましたし、
そういうところからも楽しめる仕上がりだったのは良かったですね!

夏向けにさっぱりできて刺激も楽しめる、なかなか面白い一杯でした!(゚x/)モキーン

【関連記事】
EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2015年)
EDGE 鬼辛アブラそば
EDGE 鬼辛とんこつラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2014年)
EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン
EDGE 鬼辛焼そば
EDGE 鬼マヨ焼そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ちょっとEGDEと言うには物足りなさもありましたが、
酸味の強いカップ麺としてはなかなか秀逸でした!
パウダー入れる前から酸味あったのも興味深かったです。
具もシンプルながらスープによくマッチしていました。
ホンモノの?鶏そぼろも美味しかったので満足。

でも、今後もEDGEはこの程度の踏み込みになるのかな~?
それならちょっと残念ですね。
たういさん、こんばんは!

かつてのEDGEシリーズの突き抜け感を求めてしまうと、
どうしてもまだまだ足りないなぁとは思ったりしますが、
レモンの酸味と鶏のバランスの取り方は秀逸でしたね!(=゚ω゚)

「バランス感で褒められるEDGE」というのも変な話ですが!笑

今回は鶏そぼろがいつも以上にいい仕事をしてましたよね!
あれのおかげで全体の鶏感が上がっていた面がありましたし!

今回はおいしかったので、これはこれで良かったですが、
たまにはまた突き抜けたものも出してほしいと思いますね!

最近は他社のほうが攻めた商品を出すことが多いですしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.