8/21発売 ハリガネ ネギトン

8/21発売の東洋水産「ハリガネ ネギトン」を食べました!
「ハリガネ」シリーズから新作が出るのはひさしぶりですね!

前作が昨年の11/28発売なので、約9ヶ月ぶりになりますね!

8/21発売 ハリガネ ネギトン

本格派の豚骨ラーメンを連想させるようなビジュアルながら、
実際はスナック感満載というのがこのシリーズの特徴です!

もちろん麺はこの写真のようなストレート感は持っておらず、
いかにもカップ麺らしい縮れに満ちたような麺ですからね!(゚◇゚)

さて、今回は「ネギトン」とねぎを打ち出した路線となってます!

ただ、「ハリガネ」の具はもともとねぎと鶏ひき肉なので、
大きな方向性はいつもの「ハリガネ」と同じと言えそうです!

いつもよりもちょっとねぎが多めになっているのかもですが!

8/21発売 ハリガネ ネギトン(内容物)

1分湯戻しのシリーズなので、フタは最初から全部はがします!
写真を撮り終わるまでの時間を短縮する必要がありますしね!

後入れの特製油がついているのもこのシリーズらしいですね!

8/21発売 ハリガネ ネギトン(できあがり)

おっ、これはたしかにいつもよりがねぎが多くなってますね!
そのかわり鶏ひき肉についてはいくぶん少なめに見えますが!

まずはスープですが・・・「ハリガネ」の王道スタイルですね!(●・ω・)

「ハリガネ」に限らず東洋水産の縦型の豚骨らしいと言えるもので、
スナック満載のややライトな豚骨スープに後入れの植物油&ラードで
ガツンとパンチとコクを効かせるというスタイルになっています!

東洋水産の縦型豚骨と言えば、基本的にこのスタイルですからね!

これがもう少しごま油寄りの調味油だと「黄色い博多ラーメン」、
もっとラード寄りだとまた別のワイルドさが出るという感じです!

「ハリガネ」は植物油とラードをミックスした調味油となってますが、
植物油でもそこまで香りが強くないものを使っていることもあって、
あまりクセのないタイプのスナック系豚骨スープとなっていますね!

また、今回は「ネギトン」とスープには変化球を入れていないので、
「ハリガネ」の基本となるスープをそのまま味わうことができます!

方向性としては「ハリガネ 濃いめとんこつ味」にやや近いですが、
こちらのほうが濃いめでない分だけいくぶんライトに仕上がってます!

スープの原材料はポークエキス、植物油、ラード、食塩、砂糖、香辛料、
香味油脂、でん粉、たん白加水分解物、発酵調味料となっています!

「濃いめとんこつ味」のときの原材料とちょっと比較してみます!

[濃いめとんこつ味]
ポークエキス、植物油、ラード、食塩、砂糖、香辛料、
でん粉、香味油脂、たん白加水分解物、醤油、発酵調味料

こうして実際に比較してみるとそこまで大きな違いはないのですね!
ただ、今回は醤油が入ってないというのが大きな違いになってますが!

麺はいつもと同じ1分湯戻しの極細の油揚げ麺となっています!

「ハリガネ」という名前から本格派の麺をイメージしてはダメで、
単に極細の油揚げ麺を早めに食べ始めて、その芯の少し残った
サクサクとした食感を楽しみながら食べる麺となっています!(=゚ω゚)

本来の博多麺はパツパツとはしてもサクサクとはしないので、
このあたりは油揚げ麺の限界をモロに見せ付けてくれます!

とはいえ、このシリーズに関してはもうそれでいいと言いますか、
そんな突っ走ったスナック感を楽しむものになってるのですよね!

本格派の豚骨ラーメンを求めてしまうと外してしまうでしょうが、
「スナック的でカップ麺らしい味がいい」と割り切ってしまうなら、
スープも麺もどちらも楽しめる、そんなシリーズと言えるでしょう!

麺の量は70gで、カロリーは467kcalとなっています!
脂質は24.8gで、やはりけっこう高めの数字になってますね!

「濃いめとんこつ味」のときに比べるとちょっと低くなってます!

具材はねぎ、鶏ひき肉、紅生姜、白ごまという組み合わせです!

今回の最大の特徴はこの具材にあると言っていいでしょうね!
とは言っても、基本的にはいつもの「ハリガネ」の流れですが!

ねぎ+鶏ひき肉という構成は普段と全く違っていないものの、
鶏ひき肉が少し減るかわりに、ねぎは大幅に増量されています!

これが麺に絡むことで「ネギトン」らしい味わいが演出されてます!(`・ω・´)

このねぎの多さは納得のいくもので、しかも風味がなかなか良く、
青ねぎを多めに入れたラーメンらしい特徴が上手く出てましたね!

鶏ひき肉は量は減ったものの、その肉らしい風味はなかなか良質です!
ちゃんと全体に肉感を加えてくれるだけの役割は果たしてますね!

白ごまはそのプチプチとした食感と香ばしさを加えることで、
スナック系豚骨としてのおいしさをさらに増してくれています!

そして今回の大きなポイントなっているのが紅生姜なのですよね!
実は「濃いめとんこつ味」との最大の違いはここと言っていいです!(*゚ー゚)

けっこう多く入っているので紅生姜嫌いの人には向かないですが、
この紅生姜によって全体的にスープにさっぱりした感覚が備わり、
またときどき口の中に入ってくることでいいアクセントになります!

乾燥の紅生姜ながら、シャキッとした食感がちゃんとありますしね!

ネーミングこそ「ネギトン」と少々インパクトのあるものなのですが、
基本的には「ハリガネ」の王道を突き詰めた一杯と言えるでしょう!

スナック系豚骨に植物油&ラードでコクを、そして多めのねぎを加え、
さらに紅生姜によって引きの良さも出す、奇をあえててらっていない、
「ハリガネ」シリーズらしい味わいをストレートに楽しめましたね!

スナック系豚骨が好きであれば、迷わず手に取っていい一杯ですね!(゚x/)モッキンッ

【関連記事】
ハリガネ ネギトン
ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ
ハリガネ バリうま博多風とんこつ
ハリガネ 高菜明太味とんこつ
ハリガネ 担々とんこつ味
ハリガネ 濃いめとんこつ味
ハリガネ 極細メンかた とんこつ味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
・・・あかん…やっぱ無理があるww

これ、確かに濃いめ版に似ていましたが、
そこまでコッテリしてませんでしたよね٩( 'ω' )و

で、良い意味でハリガネらしいというか、
ちなみに予約投稿を済ませてるんですけど…
超絶高評価ですww このシリーズはダメですw

もれなく★4以上確定なんだもの( ノД`)シクシク
↑ なんか上の人、訳わからんこと書いてますね~。
暑いので脳みそ沸いちゃったのかな~~~www

まずあの具材を完全分離させたのがスゴいです (^_^;)
いやぁ~、これは感心しかありません。
お疲れ様でした。

で、分けたら挽肉ってこんなに少ないの?って感じ。
個体差かな??、自分食べたのはめちゃ挽肉多く、
ねぎはさほどでもないかんじでした。

なんか安定したスナッキーブランドで安定した味わいの製品ですね。
その分いつもあまり変わりませんが・・・。
takaさん、こんばんは!

名前のことでたういさんにからかわれちゃってますよ!(゚◇゚)

スープの土台の方向性は「濃いめ」のときと似てましたが、
それでも「濃いめ」は全体的に濃度の演出をしていたのに対し、
こちらは紅生姜なども使って上手く中和していましたよね!

それだけにいつも以上に「ハリガネ」の王道を感じましたね!(=゚ω゚)

それにしてもtakaさんはいつも東洋水産の縦型豚骨に弱いですよね!
たしかにこのスナック的な豚骨と油脂の使い方は面白いですけども!

最初にこのシリーズを食べたときは本格感のなさに驚きましたが、
今では「これはこれ」とすっきり割り切れるようになりましたね!笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たう~~~いさん、こんばんは!

takaさん、いったいどうしたのでしょうね~~~!
ちょっといつもと様子が違ってらっしゃるようですが~~~!(=゚ω゚)

今回ハリガネは具材の分離がめんどくさそうだったので、
それが週の最後に回った最大の理由だったりします!笑

紅生姜ははじめは分離せずに放置しようかと思いましたが、
分けているうちに気になったので紅生姜も分けてしまいました!

ねぎが多く見えるのは乾燥状態のままだからという理由もありますね!
ねぎは濡れると逆にかさが減ったように見えてしまいますからね!

味に関しては「ハリガネ」らしさ全開という感じでしたね!
このシリーズが好きならまずもって間違いない味ですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.