麺屋つばき カレー台湾まぜそば

「麺屋はなび」の直系店である「麺屋つばき」に行ってきました!
今回は新たにメニューに加わった「カレー台湾まぜそば」狙いです!

前回から1ヶ月と少しあけての再訪問ということになりますが、
繁盛ぶりが高まるとともにお店の体制も強化されていますね!

もう完全に北新地の地に定着したと言っても良さそうです!

席数が多く回転も速めなので外待ちはできてはいないものの、
ほとんど途切れることなくお客さんがつねに来てましたからね!

以前の開店したてのややたどたどしいムードはもはや皆無です!(=゚ω゚)

ただ、それと同時にメニューが大幅に値上がりしてましたが!
主力メニューの「元祖台湾まぜそば」は150円上がってますし;

ということで、メニューと価格を改めて書いておきます!

◎麺メニュー
元祖台湾まぜそば 930円
カレー台湾まぜそば 950円
 大盛 +150円
塩ラーメン 900円(現在は味玉つき)
 大盛 +150円

◎トッピング
こだわりの味玉 150円
チャーシュー増し 280円
のり 150円
こってり(背あぶら) 150円
こだわり玉子の卵黄 100円
メンマ 150円
チーズ 180円
九条ねぎ 150円
DX(味玉・メンマ・のり・チャーシュー) 320円

※台湾まぜそばの「追い飯」は無料

◎ごはん
ごはん 180円
水ギョーザ(5個) 480円

書き直してみると大半が大きく値上げしてるのがわかりますね;
あえてどれだけ上がったかは書かないようにはしていますが;

その中でトッピングのDXだけ価格が下がっているのが目を引きます!

麺屋つばき カレー台湾まぜそば

ということで、「カレー台湾まぜそば」がやって来ました!
もちろん今回も麺の量を大盛にして注文してあります!

値上がりしようとも、がっつりと食べたいメニューですからね!(`・ω・´)

「元祖台湾まぜそば」とはトッピングが大きく違ってますね!

「元祖台湾まぜそば」に乗っている台湾ひき肉、卵黄、にんにく、
ニラ、青ねぎ、魚粉、海苔はその全てがこちらにも乗ってますが、
新たに器の右半分を刻み玉ねぎが覆っているのが大きく目立ちます!

なるほど、カレーということで相性のいい玉ねぎが入るのですね!
そのかわり他のトッピングは量がどれもやや抑えられています!

さて、その味ですが・・・おっ、味の表情が全然違ってますね!(*゚◇゚)

カレー要素は単にカレー粉を乗せるといった形ではなくて、
カレー台湾まぜそば専用のひき肉によって担われています!

なので、単に台湾まぜそば+カレーといった感じではなくて、
カレー台湾まぜそばとしてのあるべきバランスを考えたうえで
そこに向けて全体が調整されていることがしっかりうかがえます!

基本の台湾まぜそばはニラやにんにくなどの香味野菜の刺激と
魚粉や肉の旨味でジャンクながらもバランスを取る形ですが、
こちらは魚粉の旨味などもありはしつつもやや控えめとなって、
強めのスパイス感と玉ねぎが入ることでさらに強まった刺激など、
ノーマルバージョンよりもより攻撃的な仕上がりになっています!

一応は卵黄によって一定のまろやかさを持たせてはいるものの、
生玉ねぎ・生にんにく・生ニラ・生ねぎがガンガン攻めて来て、
香味野菜によるジャンク感という点では強烈なものがあります!

そこにスパイスも加わるわけですから攻撃性は非常に強いです!

とりわけ生玉ねぎは噛んだ瞬間の軽い甘さとその後に来る辛さと、
その明確なコントラストはこのまぜそばを強く特徴づけてますね!

卓上の昆布酢を入れるとその鋭さがずいぶんとやわらぐので、
刺激的に行きたいときはあえて入れず、少し丸めたいときは
やや早めのタイミングで投入するのがいいかと思われます!

麺については基本の台湾まぜそばと特に違いはありません!

具が絡みやすいように茹でた後に棒で表面に軽く傷をつけた、
力強いむっちりとした食感を持った太麺が使われています!

今回は前回食べたとき以上に具の絡みやすさを感じましたね!(●・ω・)

特に一つ一つがやや大きめにカットされた玉ねぎなんかも
麺に自然と絡みついてくれたので非常に食べやすかったです!

小さい具だけでなく、大きめな具もちゃんと絡みますからね!

もちろん今回も最後は無料の追い飯を注文して締めました!
メニューは全般的に値上がりしたものの追い飯は無料です!

決して激辛ではないのでそこそこ辛いものが好きな人なら平気ですが、
辛いものが苦手な人は基本の台湾まぜそばより刺激が強くなってるので、
もしかすると避けたほうが無難なレベルの辛さと言えるかもしれません!

台湾まぜそばってジャンクながらも油脂はそこまで多くないので、
多く食べてもお腹にたまってもたれるような感じがないのですよね!

その一方で香味野菜のジャンク感は最強レベルと呼べるほどの強さで、
これは一度味わってみるだけの価値はある攻撃性の高さでしたね!(゚x/)モキルンッ

お店の住所と地図 大阪府大阪市北区堂島1-1-13 インター堂島ビル1F

【関連記事】
麺屋つばき カレー台湾まぜそば
麺屋つばき 元祖台湾まぜそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 
> あえてどれだけ上がったかは書かないようにはしていますが;
すいません…過去記事を見に行ってしまいました(笑)
たしかに大幅な価格改定が行われたようですが、
トッピング(DX)の値下げは確かに気になりますね。

それにしてもこの記事のレビューを見て
かなり食欲を掻き立てられました!

台湾まぜそば × カレーという発想は
言われてみれば確かに、って感じですけど、
想像以上の爆発力がありそうですね。

一見しただけでも全体の相性は良さそうですし、
実際、ガッチリと噛み合っているようなので、
味わってみる価値は非常に高そうですね。
takaさん、こんばんは!

ちなみに台湾まぜそばはこの少し前に
850円になっていたという情報があるので、
780→850→930と2段階で大幅に上がったようです;

それでも繁盛度合いは以前よりも上がってますし、
人件費を上げて価格にそれを乗せてでもなお、
対応する必要があるほどお客さんが伸びてるのでしょうね!

カレー台湾まぜそばはもっと単純に
ただカレー粉を乗せた程度のものを想像してましたが、
ちゃんとカレー向けに様々な調整がされてましたね!(●・ω・)

特に生玉ねぎが増えたことで香味野菜の鋭さが増し、
油脂系とは違う香味野菜系のジャンク感としては
この上ないほど強烈なものになってましたし!

そしてその刺激がカレーと上手く合うのですよね!
非常に攻撃的でしたが、納得の行く旨さでした!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.