サンポー くさいけどうまい豚骨らーめん

サンポー「くさいけどうまい豚骨らーめん」を食べました!
ひさしぶりの真面目なカップ麺紹介記事です!

カップ麺の紹介記事はもう書く気はあまりなかったのですが、
この商品は見かけた段階でかなり気になったことに加え、
他のブログでも情報が全く出ていなかったので記事にしました!

どうもこの商品、ドンキ限定のカップ麺っぽいのですよね!
発売日はおそらく11/20かその周辺になると思います!

カップ麺ブロガーの人達もドンキ限定商品はチェックしてないことが多く、
それゆえ新発売に気付かず紹介枠から漏れることが多いのですよね!

だとしたら、ここはこれを見つけた私の出番でしょう!(`・ω・´)

ひさしぶりに元カップ麺ブロガーらしい記事を書きますよ!

サンポー くさいけどうまい豚骨らーめん

とにかく強烈な豚骨臭のする豚骨ラーメンであることをアピールしています!

今の時代でここまで豚骨臭の強さをアピールする商品は珍しいですね!

むしろ最近は「クセのないまろやか豚骨」が主流となっているので、
カップ麺でも豚骨臭の強い豚骨ラーメンの商品は少なくなっていて、
豚骨臭いのが好きな人を落胆させていることが多いぐらいですからね!

それゆえこの商品はそうした時代の流れに真っ向から立ち向かう
「豚骨ラーメンは臭くてナンボ」を前面に出してきていますね!(=゚ω゚)

これは豚骨臭好きの自分としても大いに期待したいところです!

価格はたしか税抜230円ぐらいだったので、安くはないですね!

サンポー くさいけどうまい豚骨らーめん(内容物)

◎内容物 - 後入れ粉末スープの量がかなり多い


内容物はかやく、後入れ粉末スープ、調味油となっています!

粉末スープが後入れになっているというのが珍しいですが、
これは粉末スープの量がかなり多くなっているからでしょうね!

先入れにすると溶け残りが発生して麺の湯戻しに支障が出るのでしょう!

サンポー くさいけどうまい豚骨らーめん(できあがり)

うん、粉末スープを入れた時点でけっこうな豚骨臭がしますね!

◎スープ - オーソドックスな豚骨スープの豚骨臭を高めた感じ


まずはスープですが・・・うん、これはなかなかの豚骨臭ですね!(●・ω・)

豚骨臭の強さという点ではカップ麺史上1位に近いと言っていいほどです!
ツーンと来る感じではなく、ムワッと臭さを感じさせるタイプの豚骨臭です!

この時点で昨今のまろやか系豚骨スープとは一線を画していますね!

全体の方向性としては博多系や久留米系の豚骨の流れと言えますね!

豚骨臭は強いものの大きな方向としてはオーソドックスな九州豚骨で、
骨粉の骨っぽさを強く感じさせるタイプでもなく、シンプルな白濁系です!

なので、長浜ラーメンのようなややグレーっぽいスープとは異なります!

調味油のラードは多めですが、実はこちらはそこまで臭くはないです!
こちらは普通にラードによる素直な豚の香りとコクを高める役割です!

なので、豚骨臭を担っているのは主に粉末スープのほうですね!

かといって、粘度が高いわけではなく、スープはサラリとしています!
ただこの点に関しては自分としては正解だと思いますね!

変な人工的でギミック的なとろみをつけるよりはこちらのほうがいいです!

そのためトータルとして見ると、おおむねオーソドックスな九州豚骨ながら、
呼び戻しスープを彷彿とさせる豚骨臭はムワッと強く攻めてくる、
だから素直に「豚骨臭の強い九州豚骨が好き」な人にはピッタリですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、豚脂、食塩、ゼラチン、しょうゆ、
たん白加水分解物、植物油脂という構成となっています!

非常にシンプルで、変にゴチャゴチャさせなかったのがわかります!

◎麺 - 縮れが強く細くて硬めの豚骨向け麺


麺は縮れが強く細めの油揚げ麺となっています!

今回はサンポーがよく使う「ラー麦」などのアピールはないので、
おそらくはオーソドックスな麺を使っているものと見られます!

なので、そこまでコストはかけていないのでしょうけども、
細めで硬めの質感は豚骨スープとよく合ってはいますね!(*゚ー゚)

麺がスープを邪魔する感じもなく、まとまりもいいですね!

◎麺量と栄養成分


麺量は大盛の85gで、カロリーも527kcalとやや高めです!
脂質は24.8gで、けっこう高めの数字となっていますね!

◎具材 - ほとんどおまけ


具材は細切りのきくらげとフリーズドライのねぎです!

ねぎはジャキジャキ系ではなく、やわらかなタイプなので悪目立ちはしません!
ただこの商品は思い切ってねぎなしでも良かったような気はしましたが!

◎まとめ - スープ特化型豚骨ラーメン


全体の構成を見てもわかる通り、かやくと麺にあまりコストはかけず、
コストをほぼ全部スープに振り切ったという仕上がりになっています!

そしてこの采配は成功していると言っていいでしょうね!

もちろん豚骨臭をウリにしているお店には及びませんが、
カップ麺としてはかなりのラインに到達していますね!

特に油脂頼りでなく、スープの香りで攻めてきたのも好印象でした!

豚骨臭の強い豚骨ラーメンが好きな人はドンキへと走りましょう!(゚x/)モキーシュ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.