7/11発売(?) なにわのまぜカレー

7/11発売の日清「なにわのまぜカレー」を食べました!
関西圏に展開する「スーパー万代」の限定商品です!

そのため、関西圏以外では購入は非常に困難となります!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー

スーパー万代の60周年を記念して作られた商品のようですね!

しかし万台限定のカップ麺/カップご飯ははじめて見ましたね!

そして「なにわのまぜカレー」というネーミングで写真には卵黄つき、
これは大阪で有名な老舗の「自由軒」がモチーフと見ていいでしょう!

「自由軒」はあらかじめまぜたカレーを中央に卵を乗せて提供する、
そういうスタイルで有名になっている大阪のカレー店です!(*゚◇゚)

ただ正式なコラボではないので、どこにも「自由軒」の文字はないですが!

自分はもともとカップ麺などでは別途何かを用意して作らないのですが、
「自由軒」がモデルとなると、卵黄を用意するしかないでしょうね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(内容物)

◎内容物 - ウスターソース付き


内容物は後入れのウスターソースとなっています!
カレー+ウスターソースというのもいかにも関西らしいですね!

「関西らしい」というか、「関西のレトロなカレーらしい」ですかね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(できあがり)

今回は具は上に引き上げず、卵黄をきれいに乗せることに集中しました!

◎カレー - 酸味が非常に強く、それを卵黄で中和する


まずはベースのカレーの味ですが・・・黄色くて酸味がかなり強いです!(●・ω・)

原材料を見ると、トマトと粉末ソースがルウに含まれていますね!
この2つがソースの強い酸味の要因となっていると見ていいでしょう!

またルウがかなり黄色く、欧風カレーともインドカレーとも異なる、
「日本のレトロなカレー」を連想させる色合いとなっています!

とはいえ、日本のカレーがどれもこんなに酸味が強いわけではないので、
これは「関西のレトロなカレー」と表現したほうがいいのでしょうね!

そしてここに別添のウスターソースを投入すると、さらに酸味が強まります!(*゚ー゚)

「ソース味が強まる」というより、「酸味が強まる」というほうが適切ですね!

なので、そのまま食べると「こんなに酸味が強いの?」という感じです!
もう少し甘めのウスターソースでも良かった気がするのですけどもね!

ウスターソースも酸味が強いもので、甘みを加えるタイプではなく、
それゆえ一般的なカレーにウスターソースを入れるのと少し違います!

そこでここに卵黄を入れてまぜてみると、味のバランスが取れますね!(`・ω・´)

なるほどこうして食べると、卵黄が求められる理由もわかりますね!

強い酸味とそれを中和する卵黄、その存在意義がはっきりとわかります!

なので、卵黄を入れたからと言って極端にまったりするわけではなく、
むしろ全体のバランスが取れるというふうに言ったほうがいいですね!

◎カレールウの原材料


カレールウの原材料は豚脂、オニオンパウダー、砂糖、小麦粉、食塩、
トマトパウダー、カレー粉、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、
チキン調味料、牛脂、香辛料、粉末ソースという構成になっています!

別添のソースについては、そのままウスターソースと記載されています!

◎ご飯 - いつものカレーメシのご飯


ご飯はいつもの「カレーメシ」と同じ5分湯戻しのご飯です!

今回の商品はお湯の量も普段の「カレーメシ」と同じっぽいですし、
かなり水分も多めなので、特にいつもと仕上がりは変わりません!

カレーをまぜている間にご飯の戻りもちょうど良くなって、
特に硬さを感じさせられるようなことはなかったですね!

◎全体量と栄養成分


全体量は103gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は14.5gで、それなりの数字と言っていいでしょうね!

◎具材 - ひき肉がちょっぴり


具材は味付肉そぼろ、オニオン加工品となっています!

玉ねぎについてはまぜているうちに溶けるので行方不明ですね;
入っていても一粒か二粒ぐらいなので、いずれにしろ存在感は薄いです;

肉そぼろは謎肉とは別物で、一般的なひき肉系の具材です!(=゚ω゚)

ただこれも少なめなので、それほど目立つようなものではないです!

◎まとめ - 酸味が印象的だったレトロなカレー


何よりも印象は「関西のカレーってこんなに酸味が強かったの?」という、
そういう驚きを与えてくれたところにありましたね!

ソースを入れても、ソース以上に酸味のほうが目立っていましたからね!

そのあたりの中和のためにも、卵黄か温泉卵を用意するといいですね!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.