綿麺 フライデーナイト Part98 (15/10/23) 醤油つけ麺(団子入り)

10月第4週の綿麺フライデーナイトへと行ってきました!
今回は6月以来の自家製肉団子が登場するとのことです!

綿麺の肉団子は非常にレベルが高いのでこれは期待大ですね!(●・ω・)

さて、今回の限定は「醤油つけ麺」ということなのですが、
醤油系に肉団子が入るのは自分の中では記憶がないですね!

肉団子が入るときはラーメンでもつけ麺でもいつも塩系でしたし!

醤油系のつけ汁と合わさったときにどうなるのか気になりますね!

綿麺 フライデーナイト Part98 (15/10/23) 醤油つけ麺(団子入り)

ということで、今回の「醤油つけ麺」が到着いたしました!

まずはつけ汁ですが・・・うん、綿麺の王道清湯といったつけ汁ですね!

丸鶏のふくよかなコクを中心に魚介の旨味が加えられていて、
醤油の存在感は明確に見せながらもとがった印象は皆無で、
酸味をキリッと立たせて引き締まったつけ汁となっています!

綿麺の清湯系つけ麺は最近でもけっこう多く食べていますが、
その中でも綿麺における王道を感じさせるスタイルですね!

ここ最近はタレの主張の立て方であったり、甘みであったりと、
何らかの変化がつけ汁の中に忍ばされることが多かったですし!

ただ今回は酸味の効き方がいつになく絶妙だったのですよね!(=゚ω゚)

酸味が強いというよりも、ピシッとした引き締まり具合が絶妙で、
それゆえかいつも以上にそのまま飲みたくなるつけ汁でしたね!

つけ汁としてはもちろん、飲んだときに味が引き立つというか、
その点においてはここ最近の中でも際立つものがありましたね!

もしかするとここに一つの工夫が隠れていたのかもしれませんね!
いつもとはちょっと違ったお酢を使ってたとかもあるのかもです!

麺はフライデーナイトらしいむっちり感が堪能できる太麺です!

そのままでもほんのりとした小麦を甘みが感じられる麺で、
清湯系のつけ汁でも白湯系のつけ汁にも抜群の相性を見せる
フライデーナイトにおける看板的な存在とも言える麺ですね!

1回ですすれるぐらいの量を取ってつけ汁にしっかりつけてから、
一気に勢いよくすすって食べるとそのおいしさがさらに増します!

特に清湯系のつけ麺はすする勢いがいいほどおいしくなりますからね!(*゚◇゚)

つけ汁の中の具材は今回の主役と呼んでいい肉団子を筆頭に、
小松菜、しめじが入り、薬味としてねぎが加えられています!

そして麺の上にはおなじみのレアチャーシューも乗っています!

さて、前回の肉団子はややふんわりとした仕上がりになってましたが、
今回は前回ほどではないものの、それ以前ほどゴツッともしていない、
この両者の中間的な食感といった感じの肉団子になっていましたね!

いつもは青ねぎの姿が肉団子からチラチラと覗いたのですが、
今回は特に青ねぎっぽい色のものは見当たらなかったですね!

豚肉のジューシーさを軸にして生姜の香りをふわりと立てつつ、
軟骨のコリコリ感で変化をつけるスタイルはこれまでと同じで、
口に広がる肉の旨味をいつまでも残していたくなる旨さですね!

つけ汁だけでも肉団子のスープとして完成していますからね!(*゚ー゚)

レアチャーシューはいつもより下味が控えめに感じましたが、
これはこの限定メニュー向けに少し違いを出したのですかね!

つけ汁につけてその風味を含ませたときに映える感じでしたし!

これについてはたまたまそうだっただけかもしれないですが!

フライデーナイトには普段のレギュラーメニューでは出さない、
綿麺の清湯系スープに触れてもらうという意味合いがありますし、
さらにフライデーナイトにはクオリティの高い具材が多いですから、
今回はその二大要素を素直に表現したという印象が強かったですね!

さて、12月はフライデーナイトは毎年お休みとなっているので、
今年のフライデーナイトは11月の2回で終わりになりますね!

今年最後の月のフライデーナイトも楽しんできたいと思います!(゚x/)モキュリーヌ

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第13弾

10/20発売「カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第13弾」です!
日清が作っているローソンのみで販売されているカップ麺です!

カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第13弾

約1ヶ月前にこのカップ麺の第12弾を紹介していますが、
気が付いたらもうその次の第13弾が発売されていました!

この「カレーの極み」は「謎のローソン部」という企画と
日清が共同する形で開発されてきた商品だったのですが、
その「謎のローソン部」は先月に終了してるのですよね!

なので、このカップ麺が継続されるのか少し不安でしたが、
何事もなくちゃんと第13弾が発売されたので良かったです!

商品説明では今でも「謎のローソン部」発と書かれていたり、
「謎のローソン部」のページでこの第13弾が紹介されていたりと、
新しい企画のもとでの発売という形にはまだなってないようです!

次の第14弾までには何か新しい形ができてそうな気もしますが!(=゚ω゚)

カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第13弾(できあがり)

縦型カップなので、普通にお湯を入れて3分待つだけで完成です!

まずはその味ですが・・・うーん、今回もいい具合に刺激的ですね!(`・ω・´)

お湯を入れる前からカレーを構成するクミンやカルダモンなどの
様々なスパイス感がダイレクトに伝わってくるほどの香り高さで、
そのスパイスの香りの良さは完成した状態でも実に見事なものです!

日清はもともとスパイス感をしっかり立ててくる傾向がありますが、
その中でもこの「カレーの極み」はずば抜けた良さを持ってますね!

スパイス感を明確に出しながら、強いクセは感じさせないので、
実にストレートにスパイスの持つ良さを感じさせてくれますね!

そして辛さについてもきっちり立ててきているのが素晴らしいです!

「とんがらし麺」での最高レベルの5に近いぐらいの辛さがあって、
なおかつ舌を刺す感じではなくじわじわと蓄積するような辛さで、
気付いたら舌がピリピリとして体が温まってくるような辛さです!

まさにスパイスを生かしたカレーらしい辛さと言っていいでしょうね!(●・ω・)

豚脂でコクを出す手法はカップヌードルカレーと共通してますが、
カップヌードルほどどっしり感はなく、とろみもあまりないので、
一定のコクは感じさせながらもサラリと食べられるのも特徴です!

麺はカップヌードルに近い平打ちのヌードル的な油揚げ麺ですが、
カップヌードルカレーよりは明らかに細めのものとなっています!

太さで言えば、シーフードヌードルあたりに近いぐらいですね!

このカップ麺はカップヌードルカレーよりもとろみがないので、
細めの麺にすることでスープとの絡みを上げているのでしょう!

実際に食べてもこれぐらいの太さがしっくりと来ますからね!

スープの原材料は豚脂、小麦粉、ポークエキス、カレー粉、
でん粉、香辛料、食塩、糖類、ピーナッツバター、マーガリン、
加工油脂、醤油、チキンエキス、香味油などとなっています!

並びも含めて第12弾のときと全く変わっていないですね!

麺の量は80gで、カロリーは519kcalとなっています!
脂質は22.9gで、前回よりも1.6g下がっていますね!

なので、前回よりはややすっきり感が強まってるかもですね!
カロリーは今回のほうが9kcal高いのでそこは不思議ですが!

具は鶏肉、ポテト、玉ねぎ、赤ピーマン、インゲンとなっています!
この組み合わせについても第12弾とのときと違いはないですね!

ポテトも鶏肉も量は充実していますし、特に鶏肉は一つが大きく、
鶏肉らしい繊維感のある食感もしっかりと楽しむことができます!(*゚ー゚)

インゲンもそこそこ多くて、プリッとした食感が楽しめます!
にんじんではなく、あえてインゲンにしてるのもいいですね!

第12弾と比べてそれほど大きく変わっているところはないですが、
スパイス感の高さや辛さといい、極めて満足度の高い内容ですね!

カップ麺におけるカレーヌードルの一つの完成形と呼べるほどで、
新しいバージョンが出るたびに毎回買うだけの価値はありますね!

なおかつ体が温まるので冬にはピッタリと言うことができますね!

辛さが強めなので、辛いものが苦手な人は避けたほうが無難ですが!(*゚◇゚)

今回も申し分のない内容のカレーヌードルでございました!(゚x/)モッキュルーリ

【関連記事】
カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第13弾
カレーの極み チキンカレー 濃厚辛口NOODLE 第12弾

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.