ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3

日本橋にある「ひるドラ」へと足を運んでまいりました!
Junk Story」や「麺と心 7」の系列にあたるお店ですね!

今回は10/31まで提供される限定のカレー系ラーメンが狙いです!

本当はまずちゃんとレギュラーメニューを食べるべきなのですがね;
初回も限定だったので、結局いまだにレギュラーを食べておりません(;゚ω゚)

カレーを使ったラーメンってそれほど頻繁に見かけないですし、
このお店なりのカレーの使い方を見てみたかったのですよね!

辛さレベルについてはいつものようにLv.4までは無料で選べます!
今回はおいしく食べられる範囲に収まりそうなLv.3にしてみました!

標準でも量が多そうだったので、麺の大盛りなどはしていません!

にんにくの有無も選べますが、今回はにんにく有りにしました!

ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3

これは・・・大盛やトッピング増しをしなくて正解だったようですね!
自分の胃袋を考えるとこれ以上の量になると完食が厳しそうですし!

さて、カレーはあらかじめスープに溶かし込まれてるわけではなく、
奥のほうにかけられるカレーソースをお好みでまぜる形になります!

前半はカレーをまぜずに食べて、途中で少しずつまぜるわけですね!

そこでまずはカレーなしで食べてみると・・・しっかりコクがありますね!(●・ω・)

何よりベースとなっている豚系のコクに分厚さがあって、
そこに味噌が入ることで全体に厚みが加わっています!

基本の「肉ソバ」を食べてないので比較できないですが、
おそらく基本となる部分は共通していると思われます!

さらにここにフルーティーで自然な甘みも加わってきます!

辛さについてはLv.3ぐらいではあまり辛く感じないですね!
辛さに強い人ならLv.4までなら問題なくいけそうな気がします!

こちらはカレーが入る分だけ辛さがやや増すようですが、
それでもこれといって辛さが強いとは思わなかったですし!

ただ有料のLv.5以降は急速に辛さが増してくるそうですが!

次にカレーをまぜて食べてみましたが・・・たしかに変わりますね!(*゚ー゚)

ノーマル版だとコクにフルーティーな甘さが入ることで、
厚みがありながらも意外とさっぱりしたバランスでしたが、
カレーが入ると今度は一気にパワフルな印象が強まります!

あくまで豚骨辛味噌+カレーというスタイルになってるので、
カレーを中心に据えて組み立てられたラーメンとは違いますが、
なかなか他にはない形のカレーラーメンとなっていますね!

生にんにくが入ることで強烈なジャンクさも備わってますし!

麺は断面が四角くブリンとした強めの食感の太麺となっています!

こういったタイプのラーメンはトッピングが多いこともあって、
食べ進めるのに時間がかかりますが、そこも考慮されていて、
時間が経っても食感がそれほどダレないのもポイントですね!

また、やわらかくなってきても味が弱くならないのもいいです!

これなら食べるペースが遅い人でも安心して食べられますね!(*゚◇゚)

そしてトッピングはカレー味の揚げ鶏、白髪ねぎ、ニラです!

主役は何と言っても揚げ鶏ですが、この存在感が凄いですね!

標準でも量が半端じゃなく多いですし、肉質は実にやわらかく、
カレー系のタレに漬け込まれることで味がしみているうえに、
さらにカレー風味の衣をつけて揚げているので風味も強いです!

でもって、スープにつけてもけっこうサクサク感が残るので、
最後まで余すことなくワイルドなカレー感を味わえますね!

ただ、自分にとっては量が多すぎてなかなか大変でしたが!
満足度が高い一方でこの量なのでかなりのヘヴィさですし!

量が平気な人なら締めにご飯を注文するのもいいでしょうね!
ご飯にスープをかけてこの鶏を乗せればすごく合いそうですし!

というか、実際にそうして食べてる人も多いみたいですね!

レギュラーの「肉ソバ」はまだ食べてはいないのですが、
カレーソースを溶かす前と後の風味の変化であったり、
トッピングを比較するとおそらくこちらはよりワイルドで、
ひたすらがっつりと行きたい人にこそ向いてるでしょうね!

逆にそれほど量が食べられない人はトッピングを増したり、
あるいは麺量を増やすというのは避けたほうがいいですね!

標準でこの量ですから、普通に食べても満腹になりますし!

とにかくひたすらワイルドな豚骨辛味噌カレーラーメンでした!(゚x/)モッキュルリ

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区日本橋5-10-14

【関連記事】
ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3
ひるドラ 冷し辛口まぜそば

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り(ノンフライカップ版)

10/19発売「大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り」を食べました!
エースコックから定期的に発売される「大勝軒」の再現カップです!(*゚ー゚)

大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り(ノンフライカップ版)

これまでにも大勝軒の味噌は何度かカップ化されてますが、
ノンフライ麺でのカップ麺版を食べるのは今回が初ですね!

油揚げ麺版の味噌ラーメンもいつも完成度が高かったので、
今回のノンフライ版への期待もいっそう高まってきますね!

また大勝軒らしく大盛仕様になっているのも見逃せません!

大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り(ノンフライカップ版)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

味噌ラーメンとしてはそこそこ具だくさんと言える内容ですね!

まずはスープですが・・・おっと、意外とすっきりしてますね!(●・ω・)

白味噌を使うことで味噌の鋭さを上手く抑えた味噌だれに加え、
ごまを多めに使ってコクを与えるスタイルなどは共通しています!

また、白味噌を使いつつも甘さを感じさせるほどではないですし、
具に野菜が多いこともあって、野菜の風味もしっかりとします!

また、しょうがなどの香味野菜の主張もほどよく効いています!

なので、スープの基本的な構成などに大きな違いはないのですが、
ノンフライ麺に変わったことで食べた瞬間の印象は全然違います!

スープの原材料を見ると、みそ、鶏・豚エキス、豚脂、糖類、鶏油、
ごま、香辛料、食塩、酵母エキス、魚介エキス、香味油となっていて、
構成は油揚げ麺版とほぼ変わらず、むしろ油脂系が少し前に出てますが、
食べた印象としては油脂感は大幅に減少していると感じられるほどです!

麺の風味の持つ影響というものを非常に大きく感じさせられますね!(=゚ω゚)

今回もすっきりと食べられる味噌ラーメンとしては秀逸ですが、
もう少し油脂感が強めでもいいのではないかとも感じはしますね!

油揚げ麺版のほどよい油脂感とまとまりが好きだったのもありますが、
こちらはスープの厚みがどうしても薄く感じられる面もありましたし!

最初からすっきり系だと想定して食べればなかなかいけると思いますが!

麺はエースコックの看板である多加水の中太麺が使われています!

「もちもっち多加水麺」を使っているという表記はないですが、
お湯を入れる前の麺の香りなどは完全にあの多加水麺のものですし、
食べたときのもっちりとした弾力もいつもと全く変わりません!

単に再現系だから「もちもっち多加水麺」と書かなかっただけでしょう!

そういうことでいつも通り麺については秀逸な内容なのですが、
スープがすっきりしていたので麺勝ちという印象は強かったです!

その点でももう少しスープの油脂に厚みがあっても良かったかもですね!(*゚◇゚)

麺の量は大盛の90gで、カロリーは486kcalとなっています!
脂質は11.7gで、やはりけっこう少なめの数字となってますね!

少し前に紹介した「彩未」は麺70gで脂質15.4gでしたからね!

具はキャベツ、鶏・豚そぼろ、もやし、なると、メンマ、ねぎです!

見た感じの具は多いですが、そぼろは例によって味のないもので、
量の多いキャベツ以外の存在感はそこそこといったところですね!

それでも野菜の多い味噌ラーメンとして楽しめる量はありますが!

ちょっと笑ってしまったのがなるとで、驚くぐらいに薄いです(;・ω・)

個体差かもしれませんが、通常のカップ麺のなるとの半分以下でしたね!
薄くする方法なら見映えは変わらないという利点がありますしね!

全体としてはやはり油揚げ麺版のバランス感の印象が強かったので、
今回のずいぶんとすっきりとした仕上がりにはちょっと驚きましたね!

やや軽めの味噌ラーメンをがっつりと食べたいときにいいでしょう!(゚x/)モキュルン

【関連記事】
大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り(ノンフライカップ版)
大勝軒 中華そば(タテロングカップ版)
大勝軒 特製みそラーメン(カップ版)
大勝軒 ワンタン中華そば(カップ版)
大勝軒 野菜タンメン 大盛り(カップ版)
大勝軒 カレー中華そば(カップ版)
大勝軒 みそラーメン 大盛り(カップ版)
山岸一雄継承の味わい 麺絆 第二章
山岸一雄継承の味わい 麺絆
大勝軒 復刻版 上海焼そば
大勝軒 幻の広東麺
50周年記念 大勝軒 中華そば

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.