彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店 匠の塩

「彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店」へと行ってきました!
もちろん前回紹介した「あす流」からの連食ということになります!

今回は「あす流」→「きんせい」のリレーを狙っていましたからね!

それにしてもこの周辺のラーメン屋の充実度は素晴らしいですね!

「あす流」のすぐ近くにはきんせい系列の「中村商店」もありますし、
行きたいお店だらけで、できることなら3連食したくなるほどでした!

さて、まずはこちらのお店のメニューの紹介からいくことにします!(`・ω・´)ゝ

◎麺メニュー
[ラーメン]
匠の塩 750円
至宝の醤油 700円
あわせあじ(鶏豚骨+煮干) 800円 ※数量限定
新あわせあじ 820円 ※数量限定
焙煎味噌 800円

麺大盛り +100円

[つけ麺]
濃厚鶏豚骨つけ麺(1.5玉) 830円
淡麗和風塩つけ麺(1.5玉) 800円

大盛り(2.5玉) +100円
特大盛り(3.5玉) +200円

◎トッピング
チャーシュー 200円
半熟味付け玉子 100円
メンマ増し 100円

◎セットメニュー
ごはんセット +50円 ※平日昼のみ
焼豚丼セット +250円
チャーハンセット +280円
唐揚げセット(唐揚げ3ヶ、ごはん小) +300円
満足セット(チャーハン、唐揚げ3ヶ) +500円

◎ごはんもの
ごはん 小 100円 中 150円 大 200円
チャーハン 400円

◎一品もの
盛り合せ 300円
唐揚げ 2ヶ 200円 4ヶ 380円

これ以外にも期間限定で煮干系の限定も提供されていました!

ところで今回はお店の奥のほうの席へと座ったのですが、
その横に様々な乾物の箱があったのでずっと見ていました!

煮干やさんま節などのいろいろな種類の魚介の乾物がありましたね!

彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店 匠の塩

ということで、今回注文した「匠の塩」が到着いたしました!

縁の水玉模様とちょこんと入ったうずらの卵がかわいいですね!(*・ω・)

かいわれが入るところが「あす流」と共通していますね!
かいわれなどのスプラウトって意外にラーメンと合いますからね!

まずはスープですが・・・まさに王道のWスープと言える味ですね!

深いコクを広げる鶏のスープと旨味を高める魚介スープが合わさり、
それぞれの持つ風味が明確な輪郭を見せながら広がってきます!

また、どちらの要素もガンガンに前面に攻め立ててくる感じではなく、
深みを持ちながらじんわりと広がってその旨さを重ねていきます!

その重層感のある深みに「匠」を名乗るだけの力を感じさせられます!

そしてそんな鶏と魚介による王道の優しく深いスープの中に、
少量ながら浮かぶ焦がしねぎなどが香ばしい変化を与えます!

このちょっとしたアクセントとして入っているのがいいですね!
全体を支配する感じにはならず、ときどきふと香るのですよね!

ちなみに魚介スープは6種の乾物によって取られているそうで、
煮干、サンマ節、さば節などはまず確実に入っているでしょうね!(=゚ω゚)

麺は中ぐらいの太さで、やや歯切れの良さを感じさせる麺です!

「あす流」の麺がプリンとした弾力を中心にしていたのに対して、
こちらはもう少しパツッとした歯切れにも重点が置かれています!

塩→塩のリレーだからこそ、その個性の違いがより面白く感じますね!
それぞれのお店の考える理想の塩ラーメン像なども見えてきますし!

トッピングはチャーシュー、うずらの卵、かいわれ、メンマ、ねぎです!

チャーシューは1つはオーソドックスなタイプの巻きチャーシューで、
もう一つはやや赤みの残る色合いのレアチャーシューとなっています!

この2つのチャーシューの個性の違いもまた面白いのですよね!

煮豚らしいほろっとほどけるおいしさを見せるチャーシューに対して、
レアチャーシューは肉らしい旨味と食感をダイレクトに感じられます!

レアチャーシューはけっこう脂が多い部位が使われているのですが、
脂っこさはほぼなく、脂の部分のコリッとした食感も楽しめます!

ところで「きんせい」系列にはこの近くに「中村商店」もありますが、
そちらの塩ラーメンはここともまた大きく違っているようなのですよね!

見た印象だけで言うなら、こちらはとにかく王道の路線を歩む感じで、
「中村商店」はより現代的な試みなども多く含んでいるのかもですね!

ぜひともその両方を味わってみたいと強く思わされてしまいますね!(●・ω・)

さらにここから少し南には中村店主自身が厨房に立つお店もありますが、
そちらは昼営業のみなので自分としては非常にハードルが高いですね;

今回の高槻での連食はこれまでの中でもとりわけ充実度が高く、
早くもまた行きたいという思いに駆られてしまうほどですが、
食べたいラーメンが多すぎて逆に迷ってしまったりしますね!

まさに王道と呼べる深みのあるWスープの塩ラーメンでございました!(゚x/)モキリッ

お店の住所と地図 大阪府高槻市北園町18番1 コーケンビル1F103号

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

明星 旨打製麺所 大盛 スタミナ醤油

「明星 旨打製麺所 大盛 スタミナ醤油」を食べました!
9月に発売された明星のオープンプライスの商品ですね!

明星 旨打製麺所 大盛 スタミナ醤油

「旨打製麺所」・・・以前の「太打製麺所」と名前が似ていますね!(=゚ω゚)

というか、ふたに載せられている完成写真などを見るに、
太打製麺所 旨辛五目あんかけ」からの流れが見えますね!

まさか単に商品名だけを変えたということはないと思いますが、
前回の「太打製麺所」が意外と良かったので期待が持てそうです!

明星 旨打製麺所 大盛 スタミナ醤油(できあがり)

具の組み合わせなどはやはり「太打製麺所」とほぼ同じですね!

まずはその味ですが・・・方向性は近いながらも変化も見えますね!(●・ω・)

前回は動物系に加えて野菜の旨味をやや強めに効かせつつ、
そこにピリッとした刺激を加えて引き締めたスープでしたが、
今回はスタミナ系ということもあってより味が締まっています!

なので、前回のスープの大まかな方向性を継承しながら、
よりピシッと締まった路線に移行したスープと言えますね!

動物系も強まり、にんにくによるシャープな感覚も加わって、
野菜の風味も感じさせながらなかなかパンチが効いています!

辛さはごく軽めながらもちゃんとアクセントとしては効いています!

また、廉価系商品ということで粉末スープのみとなっていますが、
調味油がないことで油脂感が控えめで軽く食べられるのも強みです!

スタミナ系のラーメンってある程度油脂が強いものが多いですしね!

スープの原材料は食塩、ポークエキス、香辛料、粉末油脂、
酵母エキス、しょうゆ、植物油脂、香味調味料などです!

そして麺ですが、これは想像以上に大きく変わっていましたね!(*゚◇゚)

「太打製麺所」はその名前の通りけっこう太めの麺となっていて、
なおかつ縮れも強めで、ワイルドな印象を与えてくる麺でしたが、
こちらは中太ぐらいでストレートに近い油揚げ麺となってます!

また、食感もパツパツとまではいかないものの歯切れがいいです!

なめらかな質感といい、すすり心地や歯切れの良さなどからして、
オープンプライスで使われる麺とは思えない水準の高さがあります!

太さよりも旨さを追求した麺だからこその名前の変更だったのですね!

これならたしかに「旨打製麺所」を名乗るのも十分納得できますね!

麺の量は大盛りの90gで、カロリーは454kcalとなっています!
脂質は16.4gで、大盛り商品としてはほんの少し軽めの数字です!

そして具はわかめ、キャベツ、卵、にんじんとなっています!(*゚ー゚)

ねぎがなくなった以外は「太打製麺所」と全く同じですね!

この具の充実度もオープンプライスとしては非常に優れています!
調味油などがないことを除いては廉価系っぽさがないですからね!

野菜などの様々な具材を加えた五目ラーメン的な組み合わせですが、
この中で最も大きなポイントになっているのがわかめなのですよね!

「太打製麺所」と同様にわかめの磯の香りの意外性が効いていて、
普通のスタミナ系とは一味違った個性の確立に成功しています!

しかも意外と量があるのでその存在感に弱さがないですしね!

「五目あんかけ」という路線を目指しながらもちょっとした辛さと
わかめの磯の香りを生かした「太打製麺所」の強みを受け継ぎつつ、
麺に改良を加え、よりピシッと締まった方向にスープを調えるなど、
非常に上手く練られた後継商品という印象を与えてくれましたね!

このシリーズからはもう一つ「豚骨しょうゆ」も出ているようですが、
今回の麺は豚骨系にも合いそうですし、見つけたら買ってみたいですね!

ほどよくシャープで温まることができるなかなかの仕上がりでした!(゚x/)モッキュルリン

【関連記事】
明星 旨打製麺所 大盛 スタミナ醤油
明星 太打製麺所 コク旨鶏塩ラーメン
明星 太打製麺所 旨辛五目あんかけラーメン

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.