カップヌードル シンガポール風ラクサ

「カップヌードル シンガポール風ラクサ」を食べました!
トムヤムクンヌードル」などと同様のエスニック路線です!

カップヌードル シンガポール風ラクサ

デザインも外国バージョンのカップヌードルとなっています!

ラクサという料理は今まで聞いたことがなかったですね;
自分がエスニック系の料理に疎いということもありますが;

どうも基本的にはスパイスを効かせた麺料理とのことですが、
国や地域によって味付けなどが大きく違ったりするそうです!

だからあえて「シンガポール風」と名付けられているのですね!

シンガポール風はココナッツを使うのが大きな特徴となっています!

カップヌードル シンガポール風ラクサ(できあがり)

ちょっとカップヌードルとしては具が寂しげではありますね!
その分だけペーストにコストをかけたということなのでしょう!

まずはスープですが・・・あっ、これは想像以上にいけますよ!(`・ω・´)

ココナッツミルクを中心に据えたラーメンとして考えると、
甘くなりすぎるのではないかという不安がよぎるのですが、
それをアジア系ハーブやスパイスが上手く中和しています!

ココナッツミルクとハーブやスパイスってここまで合うのですね!

軸となっているのはココナッツミルクのまろやかさと甘さですが、
そこにかなり強めにレモングラスやパクチーが効かされています!

ちょっとハーブの香りを効かせているというレベルではなくて、
トムヤムクンなどと変わらないぐらいに強いハーブ感があります!

ハーブ以外にも黒胡椒が多めに入っていて刺激を加えています!

また、そこそこ酸味もあって海老などの旨味もけっこう感じます!
この酸味もまたココナッツミルクの甘さを中和する効果がありますね!

こうして見ると意外にトムヤムクンと近い要素すらあるのですよね!
アジア系ハーブ、酸味、海老の風味などはそのまま共通していますし!

「トムヤムクンヌードル」のハーブ、酸味、ココナッツのバランスを
 ハーブ 5:酸味 4:ココナッツ 1
とするなら、こちらの「シンガポール風ラクサ」のほうは
 ハーブ 4:酸味 2:ココナッツ 4
みたいなバランスになっていると言っていいです!

「トムヤムクンヌードル」の酸味とココナッツミルクの強さを
そっくり入れ替えてしまったような風味といった感じですね!

いやはや、これは想像以上に面白い内容のスープですね!(*゚◇゚)

スープの原材料は乳等を主要原料とする食品、糖類、ラクサペースト、
食塩、ココナッツミルク、香辛料とシンプルそうに見える構成です!

ただ、ラクサペーストにはハーブ、海老、玉ねぎなどが入ってるはずで、
そこまで含めて考えると原材料の組み合わせはけっこう複雑と言えますね!

麺はカップヌードルらしい平打ちの油揚げ麺となってますが、
いつもに比べるとやや硬めに仕上がるようにも感じますね!

というか、食べる前にペーストを入れる時間が出るのを考慮して、
普段よりも湯戻し時間を長めにとっているようにも思いました!

なので、細かいことは気にせずに普通に作ればいいでしょう!

エスニック系なのに麺に醤油が練り込まれてるのは面白いですね!

麺の量は60gで、カロリーは372kcalとなっています!
脂質は16.4gで、ちょっと高めといったところですかね!

まろやか系のスープなので、そこはやむをえないところですが!(=゚ω゚)

具は油揚げ、鶏肉、卵、赤唐辛子、パクチーという組み合わせです!
赤唐辛子とパクチーは具というよりはスープの一部という感じですが!

鶏肉はかなり少なめですが、卵とともにスープとの相性はいいです!
さすがにもうちょっとぐらい入っていてほしいとは思いますが!

油揚げは意外に思われますが、どうもこのラクサを作る際には
揚げ豆腐や厚揚げのようなものを入れることは多いようなので、
油揚げが入るというのは別におかしなことではないみたいです!

一見すると「なぜ和風の素材が?」となってしまうのですが!

で、この油揚げが思っている以上にスープと合ってるのですよね!(*゚ー゚)

鶏肉よりもむしろこの油揚げのほうが具の主役と言っていいです!
まろやかでハーブの効いたスープを吸った油揚げも意外といけます!

食べる前は不安もありましたが、食べてみるとかなりの当たりでした!

もちろん甘みのあるスープなので好みはある程度分かれそうですが、
まろやかな甘みとアジア系ハーブの相乗効果は見事なものでした!

もう少し価格が安くなってきたら3つほど買いだめするかもですね!(゚x/)モッキュリリ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

[今週の1曲]
今週は60年代のボーカルグループ"The 5th Dimension"の
代表的なシングル曲の一つ"Up, Up and Away"を選びました!

ジャンルとしてはサイケポップからサイケの色合いをやや薄めた
Sunshine Popなどにカテゴライズされることが多いのですが、
このグループはメンバーが黒人で構成されていることもあり、
R&Bやソウルミュージックの香りが漂うのが大きな特徴です!

そのあたりが同系統のグループにはない個性を出しています!

音楽面でのサイケ色はそれほど濃いというわけではないものの、
"The 5th Dimension"という名前はいかにもサイケでもあります!(=゚ω゚)

この"Up, Up and Away"は熱気球をテーマにした曲で、
そのサウンドも歌詞もとにかくさわやかな内容で、
ちょうど過ごしやすい今の時期にはピッタリですね!

もちろんそういう理由で今回はこの曲を選んだわけですが!

全体的にピースフルなムードを演出しようと色が濃いあたりは
サイケと関わりの深いこの時代のグループらしいとも言えますね!

映像に出てくるたくさんの気球を見てるとすがすがしい気持ちになりますね!(*・ω・)

※曲のタイトルをクリックすると歌詞ページに飛びます

The 5th Dimension - Up, Up and Away (1967)
[Sunshine Pop / Psychedelic Soul / Psychedelic Pop]

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン

「銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」を食べました!

デリーのカシミールというと辛口カレーとしても有名で、
スーパーなどでもけっこう広く取り扱われていますね!

そんな高級志向の辛口カレーがカップ麺になったとのことで、
これは辛口カレー好きとしては見逃すわけにはいきません!(`・ω・´)

銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン

なかなか他のカップ麺にはない高級感を醸し出しています!

画像だと隠れてますが、カップの右下にはしっかりと
「STRONG HOT 極辛」という表示がなされています!

銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン(できあがり)

かなり黒みがかったスープに本格派らしさを感じますね!

まずはスープですが・・・他のカレーラーメンとはかなり違います!(●・ω・)

カレーラーメンの多くはスープにとろみがつけられていますが、
こちらはとろみはほぼ皆無でサラリとしたスープとなっています!

また、カレーラーメンは基本的には動物系のコクを強く持たせて、
そこにスパイス感を加えてまろやかさと両立させる感じですが、
こちらは明らかに主役は強いスパイス感のほうに置かれています!

まろやかさも希薄で、動物系のパンチも強くアピールはさせず、
そうでありながらビーフなどの旨味がじわりと広がってきます!

そんなすっきり系のスープから様々なスパイスが強く主張します!

このスパイス感が特徴的で、それぞれのスパイスの持つ個性が
輪郭をはっきりとさせる形で上がってくるのが面白いですね!

スパイスを主役に立てることを狙ったスープであることを感じます!

また辛さも強めですが、遅効性でじわじわと広がるタイプです!
なので、前半よりも後半にかけて辛さが蓄積されてきます!

この辛さの効かせ方もまたなかなかの独自性を感じさせますね!

まったり感は控えめながらもスパイスの存在感と深みにかけては、
他のカレーラーメンでは表現できないものを持っていますね!(=゚ω゚)

一方でオーソドックスなカレーラーメンの味を求めてしまうと、
かなり路線が違っているので肩透かしになる可能性もありますが!

スープの原材料は香辛料、グラニュー糖、カレー粉、鶏肉エキス、
食塩、香味調味料、乳等を主要原料とする食品、カレー調味料、
ビーフエキス、ローストオニオン粉末、発酵調味料などです!

原材料の最初に香辛料が来ているのがやはり印象的ですね!
グラニュー糖が2番目に来てますが別に甘くはないです!

麺は明星特有のヌードル的な平打ちのノンフライ麺です!

「すこびる辛麺」に使われている麺にけっこう似ていますが、
それと比べてもちょっとやわらかくなりやすいと言えます!

おそらくそれは狙った食感なのではないかと思われますが!

スープのとろみがないのでやや麺のほうが勝ちやすいので、
それを補うためにあえて麺の主張を弱めている感じもします!

少しやわらかくなってスープになじんだほうがおいしいですし!(*゚ー゚)

でも硬めが好きな人は湯戻し時間をやや短くしてもいいでしょう!

麺の量は65gで、カロリーは358kcalとなっています!
脂質は8.0gで、カレーラーメンとしてはかなりの低さですね!

具は豚ダイスミンチ、キャベツ、人参、ポテトとなっています!

高級感のあるスープにダイスミンチはミスマッチに見えますが、
実際に食べてみるとそんなことはなくちゃんと合っていますね!

サラリとしたカレースープながらもポテトとの相性もいいですし、
キャベツも思っていた以上に合うなど具に不足感はないですね!

とろみがない黒みのあるカレースープにノンフライ麺というと、
同じ明星の「すこびる辛麺 インド風黒カレー味」と似ていますね!

たしかにこの「すこびる辛麺」の上位互換のような印象は強くありました!

とにかくスパイスの効かせ方については特筆すべきものがあり、
「スパイス感を楽しめるカレー」としては抜群の内容でした!

オーソドックスなカレーラーメンのスタイルからは外れていますが、
これはこれでカレーラーメンの一つのあり方と言えるでしょうね!

すっきり系の辛口インドカレーを求めるなら間違いないでしょう!(゚x/)モキリリッ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 音楽(洋楽)ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.