8/8発売 チキンラーメンビッグ 純喫茶のピザトースト風 トマト&チーズ味

8/8発売の日清
「チキンラーメンビッグ 純喫茶のピザトースト風 トマト&チーズ味」
を食べました!

8/8発売 チキンラーメンビッグ 純喫茶のピザトースト風 トマト&チーズ味

日清のレトロ純喫茶シリーズのうちのラストでございます!
こちらは縦型ビッグカップということで形状も異なりますね!

しかし「ピザトースト味」・・・これは再現が難しそうですね!

だって「それってただのトマトチーズ味じゃん」ってなりますからね!(*゚ー゚)

でもって、そもそもチーズの味自体が再現が大変なのですよね!
正直なところ、カップ麺の具材やフレーバーとしてチーズは高いですからね!

特に日清はすぐに「チーズ風油脂加工品」なるものに走りますからね;(ぼそっ

8/8発売 チキンラーメンビッグ 純喫茶のピザトースト風 トマト&チーズ味(内容物)

◎内容物 - 「ピザトースト風仕上げオイル」つき


内容物は後入れの調味油となっています!
「ピザトースト風仕上げオイル」という表現が意味深ですね!

8/8発売 チキンラーメンビッグ 純喫茶のピザトースト風 トマト&チーズ味(できあがり)

「最近具材整えないの?」と思われるかもしれないですが、
実際に具材を整えるケースは今後はかなり減ると思います!

少しでもブログを楽に書きたいという意識が強まってますので!

このところブログを書くことを重く感じているところがあったので、
「少し質は落ちても気持ちは軽く」と気持ちを切り替えてみました!

というのも、「具材を盛り付ける」というルールを決めると、
その手間のかかるカップ麺に嫌気が差す傾向が出ますからね;

でもそういうのって、改めて考えてみたら不健全ですからね!

◎スープ - 見事なまでに調味油で味を決めるスタイル


まず調味油を入れずに食べると・・・トマトもチーズも見事に弱いです!(●・ω・)

「なんだこりゃ? ほんのりトマトチーズチキンラーメンじゃないか」
とツッコミを入れてしまいそうになるぐらいに風味がライトです!

トマトはまだそこそこ香りはするかなぁと言えなくはないですね!

でもチーズは例の「チーズ風油脂加工品」というチーズの香りの弱いもので、
ほとんどチーズとしての活躍は相変わらずできてはいなかったですね!

そこでちゃんと調味油を入れて食べてみたのですが・・・少し笑いますね!(*゚◇゚)

最近サンヨー食品あたりがこういう組み立ての調味油を作るのですが、
いやぁ何とも強引なアイデアだなというふうに思わされましたね!

これ「トマト風味オイル」でも「チーズ風味オイル」でもないのです!
「ピザトースト風味オイル」、名前の通りの香りとなっています!

トマトの香りもするし、チーズの香りもするし、トーストの香りまでする、
要するにこのラーメンの核になっている部分を全部調味油だけで担うのです!

そうしてしまえば、全体が何となく「ピザトースト風だな」となりますよね!

まぁ面白いと言えば面白いのですが、邪道と言えば邪道ですかね!

◎スープの原材料


スープの原材料は植物油脂、糖類、乳等を主要原料とする食品、
トマトパウダー、豚脂、プロセスチーズ、香辛料、オニオンパウダー、
野菜調味油、ポーク調味油という構成になっています!

スープのほうに一応はプロセスチーズが入っているのですね!

◎麺 - いつものチキンラーメンの麺


麺はいつものチキンラーメンと特に違いはありません!

普通に3分待つとちょっとやわらかめにしあがるあの麺ですね!(=゚ω゚)

そんなにひねったスープでもなく、ほぼ調味油での力業なので、
湯戻しの待ち時間は自分のお好みで調整してもいいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは423kcalとなっています!
脂質は18.5gで、まぁチキンラーメンとしては平均的ですかね!

◎具材 - いんげんがやや目立つぐらい


具材はチーズ風油脂加工品、キャベツ、トマト加工品、たまねぎ、いんげんです!

チーズ風油脂加工品はお湯をかけると溶けるので、スープの一部に近いです!

正直なところ、キャベツも含めて具材はそれほど多くはないです!
これはどうしてもチーズ風油脂加工品と調味油のコストですかね!

その中で何とか目立っていたのがいんげんと玉ねぎでしたね!(`・ω・´)

いんげんはなぜか輪切りではなく、一本単位で入っていましたが、
これはこれで面白いなと言えるものではありましたね!

玉ねぎはスープの底に沈んでいて、後半になるとやたら目立ちます!

◎五段階評価


★★☆ 2.5

◎まとめ - 調味油ゴリ押し作戦は多少面白いが


「どうやってピザトーストの風味を再現するのだろう」と思って、
それを調味油で全部まかなってきたのには驚きましたけどね!

でもやはり調味油だけでは荷が重かったかなという印象でしたね!(゚x/)モキーニュ

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/1発売 超無敵クラス ロゼクリームヌードル

8/1発売の日清「超無敵クラス ロゼクリームヌードル」を食べました!

8/1発売 超無敵クラス ロゼクリームヌードル

韓国料理の「ロゼクリーム」をカップ麺にしたもののようです!

なんかパッケージデザインが怪しいし、見た目の雰囲気が
お馴染みの韓国料理とはちょっと違ってしまっているし、
むしろ洋風の「トマトクリームスープ」に近く見えますが、

韓国料理らしい何か一味違うところがあるのでしょうね!(*゚◇゚)

8/1発売 超無敵クラス ロゼクリームヌードル(内容物)

◎内容物 - 本当は小袋がついてる


写真に写ってないですが、本当は調味油がついています!
いけないですね、ちょっとこれを食べてるとき集中力が切れてましたね;

8/1発売 超無敵クラス ロゼクリームヌードル(できあがり)

しかもちょっと食べてしまってから完成写真を撮ってしまうという;
まさか一つの商品で2つのミスをやらかすとは申し訳がないです;

◎スープ - 非常に旨い辛口トマトクリームスープ


まずはスープですが・・・おっ、これものすごくうまいじゃないですか!(●・ω・)

いやちょっと、ここまで直感的に「うまい!」となったのはひさしぶりですね!

これはねぇ、「ただのトマトクリームスープ」と切ってしまうには惜しいです!

でもまぁ、たしかにベースになっているのはトマトクリームスープなんです!
それゆえ一口目の印象は「これも韓国料理なの?」となることでしょう!

でも、ここにちょっと洋風料理とは一口違った風味が入ります!
それがコチュジャンの持っている甘みだったりするのですよね!

コチュジャンは辛味よりもむしろ甘みを出す役割と言っていいです!

「あ、この不思議な旨味、韓国料理だな」と思わせるような感じです!

そして何より素晴らしいのが、辛さがけっこう本気レベルのところです!(`・ω・´)

「大辛とかあるけどどうってことないでしょ?」と思って食べましたが、
実際に「大辛」、ないしは「辛口」と「大辛」の中間ぐらいはありました!

このけっこう本気の辛口がマッチして非常においしいのですよね!
最近韓国辛口ブームがきてるなぁというのを体感で感じますね!

しかも今回はあえてクリームスープと合わせてきていますからね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、クリーミングパウダー、糖類、でん粉、
小麦粉、植物油脂、香辛料、食塩、乳等を主要原料とする食品、
オニオンパウダー、トマトパウダー、コチュジャン調味料です!

原材料だけで見ると、それほど驚く要素はないみたいですね!

◎麺 - 少しトッポギを意識した?


麺は太めで縮れがあってもっちりとした油揚げ麺です!

今回の商品はこの麺もなんだか不思議だったのですよね!

「ずるずるっ」とすするより、もぐもぐ食べたほうが合うような、
そういう雰囲気のもっちり感のある麺だったのが印象的でした!(*゚ー゚)

この「ロゼクリーム」はトッポギと食べたりすることがあるようで、
そこで「太めでもっちり」を目指してきたのかもしれないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは476kcalとなっています!
脂質は22.3gで、やはりけっこう高めの数字ですね!

◎具材 - 油揚げが意外に合う


具材はキャベツ、味付油揚げ、味付豚ミンチ、トマト加工品、ねぎです!

ねぎは非常に細かくカットしたもので、具材という感じではないです!
トマト加工品はトマトジュースを固めたようなおなじみのものですね!

味付豚ミンチは謎肉的なものですが、謎肉と全く同じかはわかりません!

キャベツはスープらしさを演出するうえで役立っていましたね!

そんな中で大きな活躍をしてくれていたのが味付け油揚げでした!(=゚ω゚)

どん兵衛のきつね揚げをカットしたものですが、この自然な甘さに
クリーミーで大辛のスープが絡むとおいしさが倍増していましたね!

◎五段階評価


この記事から簡単な五段階評価を入れていくことにしました!

他の部分が今後少しずつ手抜きになっていくこともあるので、
それならこれぐらいはサービスしてもいいだろうということで!

標準点は3で、けっこう低い点も普通につけていくと思います!

★★★★☆ 4.5

◎まとめ - これはぜひ試してほしい


楽しいし、新しいし、おいしい、これは迷わず良作と言っていいでしょう!

ただし辛いものが苦手な人は多少の覚悟はしておきましょうね!

ひさしぶりにスカッとおいしいカップラーメンに出会えました!(゚x/)モキュシュッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/8発売 チキンラーメン 汁なしどんぶり 純喫茶のナポリタン

8/8発売の日清「チキンラーメン 汁なしどんぶり 純喫茶のナポリタン」を食べました!

8/8発売 チキンラーメン 汁なしどんぶり 純喫茶のナポリタン

今回の日清純喫茶シリーズ3商品のうちの1つですね!
こちらは汁なし系の商品となっております!

「純喫茶のナポリタン」はたしかにイメージが湧きやすいですね!(*゚ー゚)

というのも、「ナポリタン」=昭和の料理のイメージですしね!

8/8発売 チキンラーメン 汁なしどんぶり 純喫茶のナポリタン(内容物)

◎内容物 - シンプルに液体ソースのみ


内容物はシンプルに液体ソースのみとなっています!
具材についてはあらかじめカップの中に入っています!

8/8発売 チキンラーメン 汁なしどんぶり 純喫茶のナポリタン(できあがり)

うん、ビジュアルはなかなかナポリタンらしいですね!
横にあるのは麦茶・・・ではなくチキンラーメンの戻し汁です!笑

◎ソース - 燻製っぽい香ばしさのあるケチャップソース


まずはソースですが・・・おぉ、これは香りがけっこう特徴的です!(●・ω・)

まぁ極端な話、ナポリタンの味を再現することだけを考えれば、
ケチャップソースに少し油脂を入れれば済むことなのですが、
やっぱりそれだけでは面白みに欠けるのも事実なのですよね!

この商品がこだわったのは「燻製を思わせる香り」でした!

とすると、燻製そのものよりもベーコンかハムか赤ウインナーか、
そのあたりの香りをソースに移そうという試みをしたわけですね!

商品説明を見ると「ベーコンの風味を加えた」とあることから、
この燻製の風味はベーコンを意識してのものだったのでしょう!

ここは今回の商品の最大のポイントだと言っていいと思います!

そしてもう一つ欠かせないのは、麺から出てくる風味ですよね!(*゚◇゚)

チキンラーメンの麺をきっちり3分湯戻ししているわけですから、
チキンラーメンの持つ味は当然ながらかなり抜けているわけです!

でもソースをかける前の麺を食べると、ほどよい味があるのですよね!

この商品全体を見ると、明らかに主役はケチャップソースのほうです!
でもこの下支えとしての香ばしい鶏ガラ醤油風味も活躍しています!

これがあることによって、旨味に深さが出ているとも言えるでしょう!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、トマトペースト、植物油脂、食塩、野菜調味油、
香味油、オニオンパウダー、ポーク調味油、香辛料となっています!

オニオンパウダーもけっこうポイントだと言えそうですね!

◎麺 - 普通のチキンラーメンよりは太め


麺は汁なし向けに太めにアレンジされたチキンラーメンです!

チキンラーメンなので、正直3分きっちりと湯戻しすると、
食感はヘナヘナとしっかりとしたコシは残ってくれません!

でもこの商品はそんな麺とソースの相性を楽しむものでしょう!(=゚ω゚)

「ちょっと味を残した麺とソース」、ここが大事な点ですからね!

ここを2分にするとバランスが崩れるのでオススメはしないです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは428kcalとなっています!
脂質は17.0gで、それほど高い数字ではないですね!

◎具材 - 疑似チャーシューチップとチンゲン菜


具材は大豆を使った疑似チャーシューチップとチンゲン菜です!

疑似チャーシューチップは他の疑似肉に比べると質は高いです!
むしろ今回はチンゲン菜が不思議だなとは少し思いましたね!

「ナポリタンならピーマンではないの?」とも思いましたが、
青ピーマンってカップ麺であまり使われる具材ではないので、
代表的にチンゲン菜が使われたというところもあるのでしょう!(`・ω・´)

◎スープ


単なるチキンラーメンの戻し湯ですね!
いつものチキンラーメンよりはいくぶん味は薄めです!

せめて胡椒ぐらいは投入してあげるといいでしょう!

◎まとめ - 燻製のアクセントが見事


チキンラーメン+ナポリタンだと、全体がケチャップに染まり過ぎるのでは、
という不安もあったのですが、そこを燻製でアクセントをつけたのは見事でした!

やや甘めに仕上げられたナポリタンは日清らしくもありましたが!

この燻製の香りを楽しむために食べてみるのもいいと思いますね!(゚x/)モキース

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/8発売 チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー

8/8発売の日清「チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー」を食べました!

8/8発売 チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー

8/8に純喫茶をイメージしたチキンラーメンが3種類同時発売されました!
「黄色いマイルドカレー」「ナポリタン」「ピザトースト」の3つです!

もちろんこのブログでも3つとも紹介してきたいと思います!

まずは「黄色いマイルドカレー」をモチーフとした商品です!

これは決して「黄色いマイルドカレーラーメン」が純喫茶にあったのではなく、
「黄色いマイルドカレー」をチキンラーメンとしてアレンジしたという形です!(*゚ー゚)

8/8発売 チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー(内容物)

◎内容物 - 後入れの粉末スープ


内容物は後入れの粉末スープとなっています!
とろみ要素が何かの関係で後入れ仕様なのでしょうかね!

8/8発売 チキンラーメンどんぶり 黄色いマイルドカレー(できあがり)

カレーというよりは、白濁したチキンラーメンみたいですね!
ですが、時間が経つともうちょっとカレーらしい色合いになります!

◎スープ - 時間は少し長めに待つのが吉


まず早めに食べると・・・ほとんどチキンラーメンの味ですね!(●・ω・)

どうも今回のマイルドカレーは香り重視で味があまり強くないため、
麺の湯戻しが早い段階で食べると、味が圧倒的に麺重視になってしまい、
「ほんのりカレーの味がするチキンラーメン」になってしまいます!

なので、自分としてはまず3分はきっちり待つのをオススメしますね!

時間が経つとスープに徐々にとろみが出ていてスープの存在感が増し、
麺から味が抜けることでカレーとスープの一体感がより楽しめる、
このあたりからがこのラーメンの真骨頂と言っていいのではないでしょうか!(*゚◇゚)

この商品の粉末スープはほんとにレトロで、カレー粉感も実にレトロ、
そこにクリーミングパウダーで丸みを出し、まろやかさを表現しています!

現代的なスパイシーなカレー粉とは一味違うなというのがわかりますね!

すごく素朴な昭和のカレーってこんなんだったんだろうと感じる味です!

◎スープの原材料


スープの原材料はクリーミングパウダー、糖類、カレー粉、香辛料、
オニオンパウダーで、クリーミングパウダーで味を丸めていますね!

また、こうして見ると粉末スープには塩分は入ってませんね!

◎麺 - いつものチキンラーメン


おそらくはいつものチキンラーメンの麺だと思います!

というのも、粉末スープには塩分は含まれていないので、
味に変化を加えても塩辛さをプラスする効果はないですからね!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは409kcalとなっています!
脂質は16.6gで、まあまあの数字と言えますかね!

◎具材 - カップヌードルカレーに意外に近い


具材はフライドポテト、味付豚ミンチ、にんじんとなっています!

こうして見ると、具材はそこそこ充実していますね!
でもって、「カップヌードルカレー」のものと似ています!

大ぶりのフライドポテト、謎肉風の豚ミンチ、にんじんですからね!(`・ω・´)

◎まとめ - 優しいカレーを食べたいときに


昨今の「しっかりカレー」とは違い、どこか足りないような優しいカレー、
そういうものをたまには食べてみたい、そういうときにはいいでしょう!

チキンラーメンと優しいカレーがきれいに融合した一杯でした!(゚x/)モキュール

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/30発売 完全メシ 豚辛ラ王 油そば

5/30発売の日清「完全メシ 豚辛ラ王 油そば」を食べました!
7/4からはセブンイレブンで一般販売が開始されています!

5/30発売 完全メシ 豚辛ラ王 油そば

デザインを見るに「完全メシ」バージョンの「豚ラ王」ですね!
ということで価格も高く、税込では420円を超えてきます!

この商品はあくまで栄養と味を合わせて「完全メシ」なので、
味のコスパでは250円基準ぐらいで甘めに見るのがいいのでしょう!

それ以上については栄養を重視する人が買うという感じですね!(=゚ω゚)

5/30発売 完全メシ 豚辛ラ王 油そば(内容物)

◎内容物 - いろいろ入ってる


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープ、調味油です!
どうも後入れの順番は粉末→液体→調味油のようですね!

このあたりの記述が曖昧だったので少し迷ったのですが!
逆に言えば「粉末と液体は好きな順番で」なのかもですが!

5/30発売 完全メシ 豚辛ラ王 油そば(できあがり)

麺は明らかに従来の「豚ラ王」のものとは違っていますね!
こちらはストレートでもっと厚みが抑えられたものですからね!

たれ - 特徴が全体的に弱く、豚感も弱い


まずはたれですが・・・なんとこれはインパクトが弱いですねぇ(●・ω・)

基本の醤油ダレは「豚ラ王」のにんにく醤油的なものを指向しています!
ただしにんにくは弱く、まぁ醤油についてはおおむねそんな感じですかね!

そして粉末スープは魚粉と栄養成分などをミックスしたものでしょう!

この魚粉がポイントで、どうしても本物の「豚ラ王」のように、
豚一色にがっつりと染めることが難しいという判断から、
サポート的にまぜそばらしくなるように魚粉を加えたのでしょう!

さぁ問題は調味油です・・・これほとんど植物油脂なのですよね!(*゚◇゚)

これで「豚のウマみ直撃!」はさすがにないですよ;

「豚ラ王」と言えば、あのドロドロの豚背脂があってこそです!

醤油ダレだけでは弱いのが、あの大量の背脂が入ることで、
一気に旨味とコク、甘みが増して「豚ラ王」になるのです!

それが植物油脂って、コクも弱いし豚感もない、
これで一気に全体の特徴がすっかりと薄れてしまって、
「何ラ王なのかわからない」という状態になってしまいました;

少しだけ辛味はありますが、これは「ピリ辛」レベルのものでした!

◎たれの原材料


たれの原材料は植物油脂、しょうゆ、香辛料、ポークエキス、糖類、
豚脂、魚粉、ポーク調味料、ドロマイト、食塩、酵母となっています!

この一番最初に「植物油脂」がきているのが最大のがっかりポイントです!

◎麺 - 低糖質麺としてはよくできてるが・・・


麺は低糖質系のノンフライ麺が起用されています!

従来の「豚ラ王」よりは厚みが抑えめでストレート感があります!

一つの低糖質麺としてはよくできてると言っていいでしょう!

とはいえ、やっぱり低糖質麺としての限界は感じますね!

低糖質麺は食物繊維と植物性たん白を多く練り込むのが特徴ですが、
それゆえにもちもち感はなく、ポソポソとした食感が強くなります!(*゚ー゚)

その部分がね、どうしても気になってしまうところはありますよね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは466kcalとなっています!
脂質は13.2gで、やはりかなり抑えめの数値と言えますね!

一方でビタミンやミネラル、食物繊維などは非常に高い数字です!

◎具材 - 肉はチャーシューチップ


具材はキャベツとチャーシューチップとなっています!

「豚ラ王らしい」と言えるのは、この具材だけかもしれませんね!
キャベツに関してはそれなりに多くは入っていましたので!

一枚焼豚がチャーシューチップになったのはレベルダウンですが、
これは今年の「汁なし豚ラ王」でも同様なのでやむなしですかね!(`・ω・´)

◎まとめ - 味としては250円の価値もない


さて、前半に「味のコスパで250円を超えられるかが基準」という、
非常に甘いハードルを課したのですが、それすらこれはダメでした;

低糖質麺は我慢するとしても、なんですかあの植物系調味油は;
これで「豚ラ王」を名乗られてしまってはがっくりしかないです;

いくら栄養と食物繊維があるといっても、これは厳しいですね!(゚x/)モギギィ

【関連記事】(完全メシ)
完全メシ 豚辛ラ王 油そば
完全メシ カレーメシ 欧風カレー

【関連記事】(日清ラ王)
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/25発売 ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ

7/25発売の日清「ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ」を食べました!

7/25発売 ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ

日清「ウマーメシ」シリーズから、「石焼ビビンバ」が登場しました!
この「ウマーメシ」シリーズも、意外と快進撃を続けてますよね!

そして全体的にアジア系の料理が多いなという印象がありますね!
まぁご飯に合う料理がアジアに多いからでもあるでしょうが!(*゚ー゚)

今回気になるのは「ビビンバ」というテーマを取り上げた点ですね!

これまで日清のカップご飯は雑炊的なお湯が多めになることが多く、
お湯が少なめの焼き飯っぽいものがあまり得意としてないのですよね!

しかしながら「謎肉丼」シリーズなどからは水分が少なめのものが増え、
「新福菜館」ではやや問題もありつつも焼き飯にも挑戦してるのですよね!

そして「ビビンバ」もまたあまり水分の多くない焼き料理ですから、
「ウマーメシ」の技術進化がはかることができる商品となりますね!

7/25発売 ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物は後入れの調味油となっています!
こうした構成はいつもの「ウマーメシ」と変わりませんね!

7/25発売 ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ(できあがり)

お、このほどよい汁の少なさ、明らかに進化がうかがえます!

◎スープ - 石焼ビビンバの良さがしっかり出ている


まずはその味ですが・・・これは非常にクオリティが高いですよ!(●・ω・)

「石焼ビビンバ」を名乗るうえで押さえるべきポイントが押さえられています!

まず「石焼ビビンバ」と焼きの香ばしさ、その焼きから出るほのかな甘み、
これがきちんとご飯の色や味から再現してくれているのは素晴らしいです!

そしてビビンバで欠かせないのはコチュジャンの辛みと甘みですね!

コチュジャンの辛味はごく軽めながらも、コチュジャン風味もよく出てます!
「あ、ビビンバの味だな」というがのしっかり体感できるようになってます!

そしてもう一つビビンバに欠かせないのがごま油の香ばしさですよね!
これは後入れの調味油によってきっちりと押さえてきていますね!(=゚ω゚)

この調味油は一言で言うと「辛口ごまラー油」といったところです!

ごま油の香ばしさも強く、これでビビンバらしさを強く演出して、
辛口によって韓国料理らしい辛味も引き出してくれているのですね!

なので、辛さも全体として「中辛」と呼べるぐらいにはありますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は砂糖、豚脂、粉末しょうゆ、植物油脂、でん粉、
小麦粉、食塩、粉末みそ、酵母エキス、麦芽糖、ビーフ調味料、
はくさい調味料、コチュジャン、香辛料となっています!

韓国料理らしくビーフの旨味を加えているのもいいですね!

◎ご飯 - やや水分少なめに仕上がる


ご飯はいつもどおりの湯戻し5分のご飯となっています!

今回はカップに対してお湯の必要量がやや少ないので、
ちょっと水分少なめに仕上がるというところがあります!

このあたりは多くなりすぎないように微妙に調整してもいいでしょう!(*゚◇゚)

また5分ですぐに食べずにまぜながら7分ぐらいまで待っていいでしょう!
日清のカップメシはすぐに食べないのがポイントでもありますからね!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は75gで、カロリーは400kcalとなっています!
脂質は8.1gで、そこそこの数字といったところですかね!

◎具材 - ポイントをしっかり押さえている


具材は味付肉そぼろ、チンゲン菜、白菜キムチ、人参です!

これもまたビビンバとしてのポイントを押さえていますね!

ビビンバの旨味を高めるひき肉、そして韓国らしさを高めるキムチ、
特にこの2つの活躍に関しては素晴らしいものがありましたね!

人参は存在感は小さかったですが、チンゲン菜も良かったですね!(`・ω・´)

ビビンバはこうした野菜もまた欠かせない存在ですからね!

◎まとめ - 「ウマーメシ」の進化を感じた


これまで日清のカップご飯はどうしても雑炊になりがちでしたが、
これによってその壁はかなり打ち破られたと言っていいでしょう!

うっかりお湯の入れ過ぎをしてしまうことさえなければ、
今後はこうした焼き飯的なものも発展してくると思います!

実は何気に「ウマーメシ」の進化が感じられる仕上がりでした!(゚x/)モキーシ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/1発売 豚ラ王まぜそば

8/1発売の日清「豚ラ王まぜそば」を食べました!

8/1発売 豚ラ王まぜそば

今年も「豚ラ王」から汁なしバージョンが出ました!
ただ商品名が「汁なし豚ラ王」から「豚ラ王まぜそば」に変わりましたね!

おそらくこれは単にわかりやすさを重視したものだと思われますが!(*゚◇゚)

ただ決して今年は商品名だけが変わったわけではありません!
今年は新たに「ショットガンニンニク」なるものが搭載されています!

これによってさらににんにくに力点を置いたということなのでしょう!

8/1発売 豚ラ王まぜそば(内容物)

◎内容物 - 焼豚からショットガンニンニクへ


内容物はかやく、液体だれ、アブラ増し袋、ショットガンニンニクです!
先入れはかやくのみで、他のものは全て後入れとなっています!

8/1発売 豚ラ王まぜそば(できあがり)

うん、具材のどっさり具合は今回もしっかり維持されてますね!

◎タレ - にんにく醤油ダレと背脂


まずはベースの液体ダレですが・・・これはにんにく醤油ダレですね!(●・ω・)

これだけの段階でもにんにくの主張はかなり強くなっています!
もともとは昨年はこのタレだけでにんにくを打ち出してましたからね!

ただ、この段階だとほんと「にんにく醤油風味」で終わるのですよね!

そこで背脂を投入してまぜると、ググッと味わいが増してきます!(=゚ω゚)

やっぱり「豚ラ王」はこの背脂があってこそと言えるでしょう!
でもってそれは、汁ありよりもこの汁なしのほうこそ当てはまりますね!

汁なしは背脂の存在感がタレの一部としてダイレクトにきますからね!

豚脂のコク、背脂の甘み、これらによってグッと味に丸みが出ます!

そして今年はさらにここに「ショットガンニンニク」まで加わります!(*・ω・)

ショットガンニンニクは乾燥生にんにくと揚げニンニクのミックスです!

揚げにんにくのほうは正直なところそこまで存在感はないですが、
生にんにくはガンガンに辛く、生にんにくの攻撃性がどんどんきます!

「豚ラ王」史上最大量のにんにくというのは体感でもわかりますね!
にんにくの攻撃性、辛さが昨年とは全く違っていますからね!

◎タレの原材料


タレの原材料は豚脂、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、
もやし調味油、糖類、香味油、たん白加水分解物、食塩です!

◎麺 - 湯戻し時間はある程度お好みで


麺は極太の湯戻し5分のノンフライ麺となっています!

この麺は極めて優秀ですが、なかなか難しいところがあり、
極太なので5分などかなり硬めに仕上がるところがあります!

ブリンブリンのワシワシ食感を楽しむのなら5分がいいですが、
もう少し穏当な食感を求めるなら5分30秒~7分にしていいでしょう!

自分は今回はあまり硬い麺を食べたくなかったということから、
7分にしましたがこれでも十分な食べごたえを感じられましたからね!(*゚ー゚)

ワシワシ感をどこまで求めるかによって調整するのがいいでしょう!

◎具材 - 一枚焼豚がチャーシューチップに


具材はキャベツとチャーシューチップとなっています!
一枚焼豚がなくなったかわりに、チャーシューチップとなりました!

これはショットガンニンニクが加わったことによるコスト調整でしょうね!
でも少々高くなってもいいから両方入れてほしくはありましたが!(`・ω・´)

二郎系を意識した「豚ラ王」ということで野菜はたっぷりです!

全体をがっつりまぜて食べると、にんにく、キャベツ、豚肉と、
それぞれのおいしさが一体となってやってきて楽しめますね!

◎まとめ - にんにくのインパクトは完璧


たしかに一枚焼豚がなくなったのはマイナスポイントなのですが、
今回のショットガンニンニクのインパクトは素晴らしかったです!

今年の「豚ラ王」の汁無しも欠かせないおいしさですよ!(゚x/)モギギッ

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油

7/26発売の日清
「最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油」
を食べました!

セブンイレブン限定の商品となっています!

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油

まぁ、かなりインパクトのある名前の商品となっていますが、
価格も300円台後半とこちらもまたかなりのインパクトです!

しかもあえて具材は海苔のみとなっていますからね!

この商品の最大の特徴は汁あり商品ながら湯切りしたうえで、
さらに熱湯を入れ直して調味するというところにあるでしょう!

そうすることによって麺がスープに与える雑味をさらに抑え、
スープをアツアツに仕上げるという効果を得ることができます!(*゚ー゚)

また5分湯戻し→湯切り→熱湯投入という流れを取ると、
実質的な湯戻し時間は6分30秒から7分ぐらいになりますし、
極太麺を対象とした商品に今後応用できる手法かもですね!

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油(内容物)

◎内容物 - 小袋を入れる順番が面倒なので注意


内容物は粉末スープ、液体スープ、鶏油、海苔となっています!

作り方は次のようになっています!
・まず何も入れずにお湯を注いで5分待つ
・湯切りする
・次の熱湯を入れる前に粉末スープを入れる
・2回目の熱湯を入れる
・液体スープを入れてしっかりまぜる
・鶏油を入れる(まぜなくていい)
・海苔を乗せる

これをやってみるとわかるますが、お湯の二度入れよりも、
むしろ順番が細かく指定された小袋を入れるほうが面倒です!(*・ω・)

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油(できあがり)

普段の家系よりも黄色く見えるのは鶏油が大量に入ってるからですね!

◎スープ - 豚骨の太さは秀逸、だが家系ならではの個性は控えめ


まずはスープですが・・・うーん、これは自分の期待した家系とは少しズレますね!(●・ω・)

自分の中での家系の理想形、というか家系のルーツに当たる味は、
豚骨の太さもさることながら、ちょっとカドを立てた醤油ダレと、
そこに対抗するようにムンムンに香ってくる鶏油なのですよね!

今回の商品はとにかく鶏油が大量に入っているということから、
この「ムンムンの鶏油」が楽しめると思ったらそうでもないのです!

あの家系特有の豚骨醤油に負けるほど香るような鶏油ではなくて、
もっと香りのやわらかな、優しい鶏油が大量に入ってるのですね!

「たしかに鶏油は多いけどこうじゃないだよなぁ」と思いましたね!
なので、鶏油の量ほどにはギトギトには感じなかったですね!

「家系らしい鶏油」とはどこか違っていましたからね!

そしてベースの豚骨醤油は豚骨に関してはかなり秀逸ですね!(*゚◇゚)

骨粉を感じるようなゴツゴツとした豚骨感で、ここはさすがです!

ただ一方で醤油だれ、ここは本格派を目指すには少し弱かったですかね!

いや、一般的にはこれが求められるラインだろうとは思うのですよね!

でも家系の醤油ダレって、ちょっとキツすぎてこそおいしいところがあり、
そこはやっぱり遠慮気味に作ってきているなというふうに思いましたね!

そしてスープのアツアツ度に関しては自分としては普通に感じました!
しっかりアツアツながらも、食べにくさを感じる熱さではなかったです!

◎スープの原材料


スープの原材料は鶏脂、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、
チキン調味料、糖類、香辛料、ゼラチン、食塩となっています!

植物油脂などでごまかしてないのは評価できるのですけどもね!

◎麺 - 太麺ながらもなめらかな質感


麺はかなり太麺ながらもなめらかに仕上がっていますね!
これは間違いなく熱湯2回湯戻しの効果が出ているでしょう!

ただそのなめらかさが一つの麺としては優秀でありながらも、
「家系にしてはなめらかすぎでは?」と思えたりもしますが!(=゚ω゚)

でも「一つの麺の良さを楽しむ」ならこれでいいかもしれません!
自分としてはこの麺のなめらかさにも不満を感じなかったですし!

当然のことながら麺はノンフライ麺が使われています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの90gで、カロリーは681kcalとなっています!
脂質は31.6gで、鶏油などの量の多さが伝わってきますね!

フタに「麺200g」と書いてありますが、これは湯戻し後の分量で、
乾燥状態での麺量としては90gで、「やや大盛」というぐらいです!

◎具材 - 海苔は秀逸


具材は3枚の大きめの海苔のみとなっています!
家系なので、ここにほうれん草も欲しくはありましたが!

まぁ、その場合は自分で用意するのがいいでしょうね!

海苔は非常に大きいのでとにかくまずスープに沈めて、
やわらかくなった海苔で麺を巻いて食べるのが一番です!(`・ω・´)

あるいはご飯を用意してご飯を巻くのもいいでしょうね!

◎まとめ - もっとリアルな家系の本格度が欲しかった


パーツごとに見れば、どれも家系をしっかり押さえていますが、
カラメの醤油ダレと豚骨醤油に対抗する鶏油という感覚が薄く、
そこが再現されていればもっと最高だったのにと思いましたね!

自分の中では家系といえばまだ、ローソン「吉村家」のカップ、
そして寿がきやの「家系MAX」が2強といったところですかね!

でもこのシリーズの発想は面白いので今後も続いてほしいですね!(゚x/)モキルッシュ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー

5/30発売の日清「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を食べました!
7/4からはセブンイレブンでも店頭販売されているので、実質的にセブン限定です!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー

「完全メシ」は端的に言えば「栄養を整えた商品」がコンセプトです!
ただしそれによって価格も跳ね上がり、税込400円を超えてきますが!

ここでの「栄養を整える」は三大栄養素はもちろんのこと、
ビタミンやミネラルも適切に摂取できることを示しています!(*゚◇゚)

それゆえに原材料にはビタミンやミネラルの記載が大量にあります!

これらの栄養バランスを味を落とさずに再現したというふれこみで、
今回の「完全メシ」シリーズは作られていると言っていいですね!

「完全メシ」はカップ麺やカップメシだけの商品展開ではなく、
スムージーなどの商品も発売されているのですよね!

ただこちらのブログではカップ麺やカップメシのみを紹介します!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー(内容物)

◎内容物 - いつものルウではなく、パウダー仕様


内容物は完全謎パウダー(カレーパウダー)、仕上げオイルです!

「カレーメシ」シリーズはいつもルウが入っていましたが、
今回はパウダーとオイルを合わせるという手法を採っています!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー(できあがり)

うん、粘度に関してはけっこう問題なく高くなりましたね!

◎スープ - ハーブ感がやや強く、スパイスがより複雑に


まずはその味ですが・・・従来の「カレーメシ」よりも味がより複雑ですね!(●・ω・)

逆に言うと、いつもの「カレーメシ」の持っている
「安心できるまったり感」はいくぶん希薄になっていて、
そのかわりスパイスやハーブの香りが強くなっています!

これはルウを使わないことでまったり感がやや減退したのと、
パウダーの中に栄養素がいろいろ入ることによって生まれる風味を
キャンセルするためにハーブの香りを強めたというのがあるのでしょう!

ただそれは「スパイシー」とはまた違った方向性なのですよね!(*゚ー゚)

この商品は別にスパイス感が強いとかスパイシーというわけではなく、
従来のカレーメシと比べて「香りの複雑化」が起きている感じです!

でもこの程度の変化であれば、味に関しては十分に許容範囲です!
少なくとも「栄養重視でおいしくない」ということはないですね!

また玉ねぎの風味もこの商品のポイントとなっていますが、
あくまでほどほどな感じでそこまで強い甘みがあるわけではないです!

◎カレーの原材料


カレーの原材料はコラーゲンペプチド、植物油脂、オニオンパウダー、
砂糖、トマトパウダー、乳等を主要原料とする食品、ドロマイト、
小麦粉、香辛料、食塩、カレー粉、香味調味料、ココアパウダー、酵母です!

ドロマイトはカルシウム、マグネシウム強化用に入ってるようです!

他のビタミンやミネラルは添加物の項目に書かれています!
でも実際にはカレーパウダーの中に入っているのは間違いないでしょう!

◎ご飯 - いつものカレーメシと同じ


ご飯はいつものカレーメシと同じく5分湯戻しのご飯です!

カレーメシはそこからの混ぜる手間などが少しかかりますし、
しかも今回はあらかじめルウが入っているわけではなく、
謎パウダーを入れてまぜるという方式なのでやや時間もかかり、
それによってご飯が硬すぎるということはほぼ起きないです!

カップメシ系統はご飯が硬くなりがちな問題がありますからね!(=゚ω゚)

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は69gで、カロリーは471kcalとなっています!
脂質は12.4gで、カレーとしては抑えめと言えるかもですね!

◎具材 - 謎肉に味の影響が出ている


具材は豚ミンチ(謎肉)、フライドポテト、にんじんです!

「なんだ具材は普通だな」と思われるかもしれませんが、
謎肉はいつものものとはどうも仕様が違っているようです!

脂肪分とジューシーさが控えめで、赤身感が強いのですよね!
要するにたんぱく質を強化した謎肉ということなのでしょう!

でもそれゆえにコクという点で従来の謎肉と差は感じますね!(`・ω・´)

「正直謎肉の味はイマイチだな」と感じさせられましたし!

一方のポテトとにんじんに関してはごく普通となっています!
ただポテトはカレーをまぜている間に溶けるかもですが!

◎まとめ - サプリメント利用との差がわからない


結局これ、味というよりは栄養をまかなえるのが利点なので、
そこに利点を感じられる人に訴求できるかに尽きるのですよね!

「栄養バランスを考えるのがそもそも面倒な人」はこれを買わず、
むしろ「普段は栄養バランスを考えてるけど、今回は簡単に済ませたい」
という人向けと言ったほうがいいようには感じましたね!

しかしながらビタミンとミネラルが取れることに関しては、
それってマルチビタミンとマルチミネラルのサプリメントを
食事と一緒に摂るのと変わらないように思えるのですよね;

食事で栄養が取れることに意味があるというふうに考えても、
この商品自体がカレーにサプリメントを溶かしたものに近いわけで、
そのあたりをどう考えるのかはちょっと課題ではありますね!

でもニーズがあるなら生き残っていくのではないかと思います!(゚x/)モキュウ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/11発売(?) なにわのまぜカレー

7/11発売の日清「なにわのまぜカレー」を食べました!
関西圏に展開する「スーパー万代」の限定商品です!

そのため、関西圏以外では購入は非常に困難となります!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー

スーパー万代の60周年を記念して作られた商品のようですね!

しかし万台限定のカップ麺/カップご飯ははじめて見ましたね!

そして「なにわのまぜカレー」というネーミングで写真には卵黄つき、
これは大阪で有名な老舗の「自由軒」がモチーフと見ていいでしょう!

「自由軒」はあらかじめまぜたカレーを中央に卵を乗せて提供する、
そういうスタイルで有名になっている大阪のカレー店です!(*゚◇゚)

ただ正式なコラボではないので、どこにも「自由軒」の文字はないですが!

自分はもともとカップ麺などでは別途何かを用意して作らないのですが、
「自由軒」がモデルとなると、卵黄を用意するしかないでしょうね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(内容物)

◎内容物 - ウスターソース付き


内容物は後入れのウスターソースとなっています!
カレー+ウスターソースというのもいかにも関西らしいですね!

「関西らしい」というか、「関西のレトロなカレーらしい」ですかね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(できあがり)

今回は具は上に引き上げず、卵黄をきれいに乗せることに集中しました!

◎カレー - 酸味が非常に強く、それを卵黄で中和する


まずはベースのカレーの味ですが・・・黄色くて酸味がかなり強いです!(●・ω・)

原材料を見ると、トマトと粉末ソースがルウに含まれていますね!
この2つがソースの強い酸味の要因となっていると見ていいでしょう!

またルウがかなり黄色く、欧風カレーともインドカレーとも異なる、
「日本のレトロなカレー」を連想させる色合いとなっています!

とはいえ、日本のカレーがどれもこんなに酸味が強いわけではないので、
これは「関西のレトロなカレー」と表現したほうがいいのでしょうね!

そしてここに別添のウスターソースを投入すると、さらに酸味が強まります!(*゚ー゚)

「ソース味が強まる」というより、「酸味が強まる」というほうが適切ですね!

なので、そのまま食べると「こんなに酸味が強いの?」という感じです!
もう少し甘めのウスターソースでも良かった気がするのですけどもね!

ウスターソースも酸味が強いもので、甘みを加えるタイプではなく、
それゆえ一般的なカレーにウスターソースを入れるのと少し違います!

そこでここに卵黄を入れてまぜてみると、味のバランスが取れますね!(`・ω・´)

なるほどこうして食べると、卵黄が求められる理由もわかりますね!

強い酸味とそれを中和する卵黄、その存在意義がはっきりとわかります!

なので、卵黄を入れたからと言って極端にまったりするわけではなく、
むしろ全体のバランスが取れるというふうに言ったほうがいいですね!

◎カレールウの原材料


カレールウの原材料は豚脂、オニオンパウダー、砂糖、小麦粉、食塩、
トマトパウダー、カレー粉、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、
チキン調味料、牛脂、香辛料、粉末ソースという構成になっています!

別添のソースについては、そのままウスターソースと記載されています!

◎ご飯 - いつものカレーメシのご飯


ご飯はいつもの「カレーメシ」と同じ5分湯戻しのご飯です!

今回の商品はお湯の量も普段の「カレーメシ」と同じっぽいですし、
かなり水分も多めなので、特にいつもと仕上がりは変わりません!

カレーをまぜている間にご飯の戻りもちょうど良くなって、
特に硬さを感じさせられるようなことはなかったですね!

◎全体量と栄養成分


全体量は103gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は14.5gで、それなりの数字と言っていいでしょうね!

◎具材 - ひき肉がちょっぴり


具材は味付肉そぼろ、オニオン加工品となっています!

玉ねぎについてはまぜているうちに溶けるので行方不明ですね;
入っていても一粒か二粒ぐらいなので、いずれにしろ存在感は薄いです;

肉そぼろは謎肉とは別物で、一般的なひき肉系の具材です!(=゚ω゚)

ただこれも少なめなので、それほど目立つようなものではないです!

◎まとめ - 酸味が印象的だったレトロなカレー


何よりも印象は「関西のカレーってこんなに酸味が強かったの?」という、
そういう驚きを与えてくれたところにありましたね!

ソースを入れても、ソース以上に酸味のほうが目立っていましたからね!

そのあたりの中和のためにも、卵黄か温泉卵を用意するといいですね!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.