造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1

ついに今年の「造幣局 桜の通り抜け」の紹介記事にこぎつけました!
春向けの記事なのにすっかり真夏ということになってしまってますが!

ただ自分としてはそこまで記事化が遅れたという感覚はなくて、
「大阪城梅林」の紹介が長引いたその影響という感じでしたね!

さて、今年は3年ぶりの「造幣局 桜の通り抜け」の開催となりました!(●・ω・)

一昨年と昨年はコロナの関係で完全に中止になったのですよね!
昨年は予約制の予定でしたが、結果的に中止ということになりました!

ただ今年も何の対策も取らずに普通に開催になったわけではなく、
事前に公式サイトで予約をした人だけが入れる仕組みでした!

時間指定まであったので、枠が完全に決まっていたのですよね!

でもそのおかげで例年に比べると空いていて観覧が非常に楽でしたね!
ここまで落ち着いて桜を楽しめたのは今年が初めてでした!

むしろもう毎年このシステムでいいんじゃないかと思えるほどでしたね!

予約もサーバが重くなっていたぐらいで、そこまで苦労しませんでしたし!

◎須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう))

ということで、今年の造幣局の桜の紹介ということにまいりましょう!

まず今年の最初は黄色の桜である「須磨浦普賢象」からです!

「須磨浦普賢象」は以前はもっと造幣局の奥のほうにあったのですが、
この3年の間の植え替えで入口に近いところに移動していましたね!

実は「桜の通り抜け」って、毎年桜の位置が同じわけではなく、
一部の桜は事情によって植え替えで移動していたりするのですよね!

混雑を避けるためとか、療養のために目立たないところに移動させるとか、
実はけっこう細かくそうしたケアがなされていたりするのですよね!

また新しい桜を導入すると一部の桜を外していたりもするでしょうし!
ときどき本数が以前とは変わっている桜があったりしますからね!

この「須磨浦普賢象」はその名前からもわかるように、
「普賢象」という桜の枝変わりとして発見されたものです!

「普賢象」はごく普通の八重桜ですが、こちらは黄色い花と、
花の色が黄色になったことではっきりとした特徴が出てますね!(=゚ω゚)

◎林二号(はやしにごう) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(林二号(はやしにごう))

こちらは名前からもわかる通り林さんが育成した八重桜です!
もちろん想像できるように「林一号」という桜もあります!

これを見ていた他の人が「風情の無い名前だなぁ」と言っていましたが、
たしかに名前は風情がないものの、八重桜としての出来は非常にいいですね!

こうした毬状に咲くのが八重桜の大きな特徴ではありますが、
このタイプの八重桜としては自分の中で上位に入りますね!(*゚ー゚)

◎糸括(いとくくり) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(糸括(いとくくり))

こちらは江戸時代からある里桜ということですね!
「糸で括ったように束状に咲くのが特徴」と説明されています!

先ほどの「林二号」と雰囲気は近いですが、少しだけ紅色っぽいですかね!
でも花びらの数などはほぼ同じなので、雰囲気はけっこう近いですね!

◎普賢象(ふげんぞう) 本数:10本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(普賢象(ふげんぞう))

この「普賢象」は造幣局でも特に目立つ八重桜の一つですね!
本数がけっこう多いので、見かける頻度も高いのですよね!

なんと室町時代から京都にある桜で、歴史が非常に長いです!

花の中から葉化しためしべが突き出し、その先端が屈曲するので、
それが普賢菩薩の乗る象の鼻に似ていると名付けられたそうです!(*゚◇゚)

花の中央のあたりが少し緑っぽいのはそのためでしょうかね!

そして最初に紹介した「須磨浦普賢象」のベースでもあります!

◎妹背(いもせ) 本数:5本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(妹背(いもせ))

これはここまでに紹介した八重桜とはけっこう雰囲気が違いますね!(*・ω・)

まず紅色が濃く、それによって非常に印象的な色合いとなっています!
紅と表現されますが、「紫に近いピンク」という感じでしょうかね!

そして花びらも30枚ほどと多く、花びらの密度感が高いですよね!

名前の由来は一つの花に実が2つできることがあることからきていますが、
それでなぜ「妹背」なのかはちょっと自分ではよくわからないです;

◎八重曙(やえあけぼの) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(八重曙(やえあけぼの))

これも写真からわかる通り、なかなか魅力的な八重桜ですよね!
でも花びらの数は11~17枚とそれほど多いわけではないです!

最大の特徴は「部分により濃淡がある」というところでしょうね!

それによって白い部分とピンクの部分がそれぞれできていて、
2色の花が同居しているような雰囲気になってるのがいいですね!(`・ω・´)

なんだかそのまま咲いているだけで花束のように見えてきますね!

◎平野撫子(ひらのなでしこ) 本数:3本


造幣局 桜の通り抜け 2022 Part1(平野撫子(ひらのなでしこ))

この「平野撫子」はとにかく花びらの多さに尽きると言えそうですね!
花びらは40枚ほどあり、かなり多めの部類に入ると言えるでしょう!

それゆえに一つ一つの花がふわふわとしてやわらかいのですよね!(●・ω・)

もともとは京都平野神社の境内にあり、花びらに撫子の花のような
切り込みがあったことからこのように名付けられたとのことです!


ということで、第1回記事ではこの7つの桜を紹介しました!
今後もできるだけ1記事につき、7つは紹介していく予定です!

それでは、季節外れではありますが3年ぶりの「桜の通り抜け」を楽しんでください!(゚x/)モキーシュ

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

7月が終わりました!

梅雨明けしたはずが戻り梅雨状態が続いていた7月も終わりました!
今思うと「史上最速の梅雨明けとは何だったのか」感がありますね!

とはいえ、雨が多いながらも梅雨前線が戻ってきてるわけではなく、
単に低気圧が頻繁に来て雨が降ってるような傾向もあるのですよね!

とすると、「梅雨でも夏でもない謎の時期」だったと言えるかもですね!

いずれにしても太平洋高気圧が弱っていたのは間違いなさそうですが!

造幣局近くの川:2022年4月に撮影
(造幣局近くの川:2022年4月に撮影)

この川を撮影するのもおそらくは数年ぶりぐらいになりますね!
というのも、造幣局の桜の通り抜けが2年連続で中止になっていましたので!


さて、今月は先月から始まって(?)いた過眠問題への取り組みが課題でした!

ただこれは解決したというより新しい問題が発見されてしまって、
「本当の問題は過眠ではない」ことが明らかになった感がありました!

6月に過剰な過眠状態に入っていったのは間違いないのですが、
どうもこれはエネルギー切れと精神的な疲労が問題だったようです;

それが6月末から7月初旬にかけて表面化してきたのですよね;

要は6月ぐらいから5月までのエネルギーが切れた状態に入り始め、
これによって無気力化が進むとともに眠りに走り始めたのですね!

で、無気力化が進むだけならまだ別に良かったのですが、
実際には1~5月ぐらいはかなり無理な過ごし方だったのか、
この時期の精神的な疲れが体調に影響しつつあったのです;

精神的な疲労が体調に影響するようになると危険信号なので、
それを自然と過眠でカバーする動きになったのが6月だったのですね!

ですがそれが精神的な疲労をカバーするに至らなかった、
それが表面化して悪化してきたのが7月だったのでした;

なので、「過眠の改善」より別の問題が起きてきたわけですね!(●・ω・)

精神的な疲労が体調不良に影響してくると、
当然ながら精神的にもより不安定なサイクルに入っていく、
1~5月に隠しながら何とかやり過ごしていた希死念慮も
7月初旬にかけてピークになるように大きくなってきたのです;

そのことに「これは危ない」と気が付き始めたのですね;

ただこれはカフェインの過剰摂取などの悪影響もあったので、
とにかく日常の精神的な疲労を緩和する、カフェインの摂取をやめる、
薬などでの対応も強化する、といった感じでの対応を取って行きました!

そして精神的な疲労を取るにはやはり睡眠が必要なので、
「過眠の解決」は横に置いて、むしろ睡眠を重視しました!

それによって7月第3週ぐらいにはおおむね改善しました!

ただ5月までに比べると無気力的な状態が続いてるのは間違いなく、
一方で7月上旬に比べるとそれも改善しつつあるかなという感じです!

ここは急がず、ゆっくりと改善をはかるのが大事だと思いましたので!

自分がもともと鬱っぽい気質を持っているのは隠しようもないのですが、
鬱っぽい人はカフェインは基本的に取らないほうがいいのですね;

明らかに状態がおかしくなった日は完全にカフェインの過剰摂取で、
緊張感が高まると精神的なエネルギーの枯渇状態が起きて、
悪いサイクルに入ってしまうというのが今回よくわかりました;

精神的に落ち着いた状態、副交感神経重視の状態に持っていくと、
これはこれでだらけがちなのですが、持ち前の集中力はあるので、
「落ち着きつつ、必要なときは集中する」のが大事なのでしょうね!


今思うと、にゃんこが亡くなって以降は
死に向かう意識から来るネガティブな感情を原動力にしていて、
死について考えることをエネルギーとモチベーションにしていたのですね!

それはたしかに結果的にモチベーションとして機能していましたが、
こんなのが長続きするはずがなかったというのが6・7月だったのでしょう;

そりゃそうですよね;
死に向かうエネルギーを生の充実に向けるなんて無理があります;

その結果としていかにも鬱的な無気力化と過眠に繋がったのですよね;
でもここで不眠ではなく過眠に行ったのはまだ良かったのでしょうね!

だからまず必要なのは、ネガティブな意識(とりわけ死への意識)を
エネルギーにしようとする不健全な状態からの脱却が必要なのでしょう!(=゚ω゚)

今回のことは死への意識をエネルギーにすることと、
その稼働による緊張感が合わさったことがおそらく問題だったと思われますので;

ただここに新しい答えがあるというわけではないのですよね;

少々無気力な中でやるべきことをある程度やっていきながら、
その中で何かにやりがいを見つけるしかないのでしょうね:

特にもとをたどればにゃんこの死というところに行き着くので、
にゃんこの代わりの生き甲斐を見つけるというのは極めて難しいですし。

だから今は「何かを頑張る」ことよりも「自分が壊れないようにする」、
それを最重要視しつつ他のバランスを取っていく必要があるのでしょう!

でもこれでにゃんこの死以降ずっと問題になっていた、
「それを受け止めつつ安定的に過ごすことができるか」
というところに一定の目途はついたように思うのですよね!

あとはここからいかにしてもう一度走り出すかなのでしょうね!

それでは、フラフラしてますが8月以降もよろしくお願いいたします!(゚x/)モキール

Alice in Chains - Rotten Apple (1994) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺

さて、今年の「大泉緑地の花」の第3回記事がやってきました!

「あれ、大泉緑地の桜は2回で終わったはずでは」と思われそうですが、
これは要するに「桜以外の花」を撮った記事ということなわけですね!(*゚ー゚)

大泉緑地にはいろんなところに花が植えられているのですが、
その中でも特に有名なのが「ふれあいの庭」になります!

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭

ここの「ふれあいの庭」は24時間開放されてるわけではなく、
おおむね朝から夕方まで開いているという形になります!

それゆえあまり早い時間に散歩などに来た場合は入れません!
もちろん夜中にのそのそと公園を歩き回ってるときもダメです!

英語名が「Sensory Garden」というところが少し気になりますね!

これ要するに「感覚で楽しむ庭」というような意味だと思うのですが、
「目だけでなく、耳や鼻でも楽しむ庭」という意図があるのでしょうね!

たしかにローズマリーなどの香草や、音を楽しむ仕組みもありますからね!

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺(チューリップなど)

いつもの梅や桜の紹介記事では、花の名前を一緒に書いていますが、
あれは僕が花にものすごく詳しいからとかそういうことではなくて、
あくまで近くにある花の名前を書いてあるものを撮ってるからです!

でもここではそうしたものはなかったので花の名前の紹介はありません!(*゚◇゚)

とはいえ、奥に咲いている花がチューリップなのは誰でもわかりますが!

ちなみにタイトルが「ふれあいの庭」ということになっていますが、
実は「ふれあいの庭」の中の花ばかりを撮っているわけではないです!

というのも、「ふれあいの庭」は周辺の部分も含めて花も多いので、
庭の中で撮ったものとそうでないものがまざっているのですよね!

この写真に関しては「ふれあいの庭」の入口の近くで撮ったものですね!

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺(アネモネポルトダブル)

これだけは近くに「アネモネ ポルト ダブル」という名前が書かれてました!
これはなかなかパワフルで、色も豊富で見ていてグッと惹かれますよね!

そしてこの写真からは「ふれあいの庭」の中のものだったと思います!
よくよく考えれば、それぐらいは記録しておくべきだったのですが;

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭のメイン(アイスランドポピーなど)

「ふれあいの庭と言えばここ!」というのがこの花壇なのですよね!
「ふれあいの庭」全体として見ても明らかにここがメインですからね!

ここって、たぶん季節によって植えてる花は変わってるはずなのですが、
自分が行くのがいつも3~4月なので、見かける花がいつも同じなのですね!(*・ω・)

大泉緑地好きの自分としてはこれではちょっとよろしくないですね!
ちゃんと9~10月ぐらいの秋にどうなるのかもたしかめないとですね!

春のこの庭は「アイスランドポピー」がけっこう目立つのですよね!

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭 その5

これはごく普通にビオラかパンジーが並んでいるのを撮影したものですね!
後ろのオレンジの花はガーベラあたりだと思うのですが、よくわかりません;

花屋で買うときはわかるのに、外で見ると「本当にこれでいいのかな」と自信がなくなります;

「ガーベラってこんなに背の低い花だったっけ」と思ったりもしますし;

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺 その6

これはほんと何の花かわからないのですが、写真としては大好きですね!
というか、自分は青い花に対してものすごく惹かれる傾向があります!

なんかこう透明感があって輝くものって、どうしても青いイメージがあるので、
青って宝石のような、人を惹きつけるような強い力を感じるのですよね!(●・ω・)

でもって、青ってカーネーションやバラでは長い間実現できなかったこともあり、
「青の花」というだけで、努力の結晶というか、ある種の神秘性を感じるのですね!

この花そのものは自然の状態で青いものではあるのだろうと思いますが!

大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺(ユキヤナギなど)

これは「ふれあいの庭」から外に出たところで撮った写真ですね!

奥に見える白い花はおそらくユキヤナギですが、時期的に珍しいです!

というのも、これソメイヨシノを撮影しに来たタイミングで撮ったので、
ユキヤナギはもう花が落ちていてもおかしくなかったですからね!

今年はユキヤナギの咲くタイミングがいつもより遅かったのですよね!(=゚ω゚)

いつもは大抵の場合は2月下旬から3月上旬に満開を迎えるのですが、
3月下旬から4月の始めぐらいにまでズレていた印象がありますね!

そしてここにも春を感じさせてくれるチューリップが咲いてますね!


実はこれまでにも「ふれあいの庭」の写真は何度か撮っていますが、
せいぜい月末記事に添えるための写真にしていたぐらいで、
今回のように単独記事にするのは実は初めてだったりします!

それができたというのは自分としてはちょっとうれしいですが!

こうなったらぜひとも秋の「ふれあいの庭」も見てみたいですね!(゚x/)モキリーシュ

【関連記事】(2022年版)
大泉緑地の花 2022 ふれあいの庭とその周辺
大泉緑地の桜 2022 Part2 桜広場
大泉緑地の桜 2022 Part1 桜広場以外

【関連記事】(2021年版)
大泉緑地の桜 2021 Part2
大泉緑地の桜 2021 Part1

【関連記事】(2020年版)
大泉緑地の桜 2020 Part2
大泉緑地の桜 2020 Part1

【関連記事】(2019年版)
大泉緑地の桜 2019

【関連記事】(2018年版)
大泉緑地の桜 2018

【関連記事】(2016年版)
大泉緑地の桜 (2016年)

【関連記事】(2015年版)
大泉緑地の桜 その2(2015年)
大泉緑地の桜 その1(2015年)

【関連記事】(2013年版)
大泉緑地の桜 その2(2013年)
大泉緑地の桜 その1(2013年)

【関連記事】(2012年版)
大泉緑地 2012 Part9 双ヶ丘の桜(その2)
大泉緑地 2012 Part8 双ヶ丘の桜(その1)
大泉緑地 2012 Part7 海遊ランド
大泉緑地 2012 Part6 桜広場
大泉緑地 2012 Part5 冒険ランド
大泉緑地 2012 Part4 大芝生広場
大泉緑地 2012 Part3 はないずみの庭
大泉緑地 2012 Part2 中央休憩所
大泉緑地 2012 Part1 わんぱくランド

【関連記事】(2011年以前)
大泉緑地でゆったり
公園でのんびり Part2
公園でのんびり Part1

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

6月が終わりました!

すっかり梅雨らしい天気になってきた6月も終わりました!
それでも近畿地方は例年に比べるとまだマシな気もしますね!(●・ω・)

今月はもう一言で言うと、睡眠が混乱しまくってましたね;
こんなに睡眠状態がメチャクチャだったのもひさびさではないですかね;

すでに昨年の中盤あたりから奇妙な睡眠になってたのですが、
むしろそのときは「明らかにおかしなリズムではあるが、
自分の中では成立してるからいいや」だったのですよね!

ですが、今はもう自分でも混乱してよくわからなくなって、
「過眠ゆえの不眠」とか「過眠で眠い」とか訳がわかりません;

普通の人の睡眠リズムは基本は当然ながら24時間単位ですよね!(=゚ω゚)

何時に起きようが寝ようが、一周は24時間になっているものです!

これが良くない人になると起床時間が夕方になったり、
1日につき1時間ぐらいずつズレたりもしていくわけです!

それでもまだ24時間を基準としている点は変わらないわけです!

昨年から出てきた意味不明な行動は、
仕事な休みの日に文字通り24時間寝ることが出てきたことです;

普通ならどこかのタイミングで「起きるか」となるものですが、
「あれ、まだ寝られるから寝てみるか」と延々と寝ている、
そして気付いたら睡眠時間が24時間を超える日が出てきました;

さすがにすごい日では睡眠時間が36時間とは意味不明な状態でした;

こうなると何が起きるかというと、
1日の単位が24時間という常識が自分の中で崩れてくるのですよ;

そこでまず移行したのが「48時間1単位制」の生活でした!

休みの日は24時間寝るけど、もう一方の日は一切寝ない、
要するに徹夜になりますが、睡眠時間は十分取れているので、
24時間ずっと起きておくということも平気になってくるのです!

で、これはこれで不思議と安定はするものではあるのですよ!

「起床時間も就寝時間も午前6時です」みたいな、
「この人何言ってるの?」状態に入ってきますが!

記憶が曖昧ですが、これがどこかでおかしくなってきたのですよ;

この時期はむしろ普段処方されている睡眠薬は余ってくるぐらいで、
良くも悪くも「余裕のある睡眠」が取れている状態ではありましたから!

それがだんだん余裕がなくなり、自然に取れていたはずの24時間は
だんだん自然でなくなり、中途覚醒を睡眠薬でまた眠らせたりと、
その形を維持させるためのいびつなものになっていったのですね;

さらに良くなかったのが個人輸入の睡眠薬に頼った点でした(;゚◇゚)

「なぜ自然に寝まくっていただけの日々」がそうなったのか、
自分でも謎なのですが、おそらく過眠状態が進行していたのと、
このリズムを無理に演出しようとしていたからなのでしょう;

しかも性質の悪いことにこの薬が高いくせに効きが悪いのです!

手元が睡眠薬だらけになると、睡眠時間を好きにコントロールできる錯覚に陥ります;

でも実際は睡眠薬だって、眠いときにこそ効果を発揮するもので、
過眠に近い状態のときに飲んでも効き目は発揮してくれません;

そしてさらに睡眠薬を飲む頻度は増え、無駄にお金もかかる、
効きもしなくなってきた睡眠薬中毒みたいな状態になっています;

また48時間1単位制も微妙に崩れ、途中に5~7時間の睡眠が入り、
結局また24時間単位に中途半端に分離していくような状態に入り、
かといって正常な状態には戻らず、休みなどで時間があるときは
「寝たいときはすぐに寝る」という状態になり、過眠状態が進んで、
すぐに寝る→過眠→寝たいときに寝られない→睡眠薬も効かない、
という非常に困ったサイクルにすっぽりとハマってしまっています;

今は「時間があるときはいつでも寝てしまう」が、それゆえに
過眠になって「寝たいときに寝られない」という状態になっていて、
しかも睡眠薬中毒気味なので、これを緩和することが急務となります;

まず自分の頭に
「人間はある程度起きてないと寝られない」、
という当たり前のことをインプットし直すべきですね;

寝不足は何度も経験があるし、辛いのはよくわかるのですが、
過眠だって所詮はその貯金は一時的に見れば数時間だけですし、
それゆえに1回徹夜すればその日は寝不足に早変わりですからね;

大泉緑地 中央花壇(2022年4月撮影)

とにかくまずは
「まだ起きて数時間も経ってないのに寝ようとしない」
ということを徹底することでしょうね;

これをやってしまったのが一番まずかったように思います;

その段階でどうしても眠くなれば軽く昼寝はいいのでしょうが、
そのときはわざわざ睡眠薬を用いるという必要はないでしょうし、
「睡眠薬でいつ寝るかをいつでもコントロールできる」
と思い込み過ぎになってるのを解除するしかないですね;

「寝不足なのに寝られない」という状態ではなくて、
「過眠なのに寝ようとして寝られない」という状態なので、
まだ幸せではありますし、ただすごく異様な状態ですよね;

また過眠も厄介で、過眠であるがゆえにさらに眠くなって、
いつまでも眠気が取れないなんて状態も起きたりするので、
これはこれで難しいテーマだということを思い知っています;

48時間1単位生活が上手く行ってたときは良かったのですが、
あれはいったいどのようにして崩れてしまったのでしょうね;

ただ今月はここ数ヶ月に比べて希死念慮があまり出なかった、
という大きなプラスの効果も生まれてはいるのですよね!

ただしこれは今回の過眠による活動低下と裏返しの関係で、
「ほとんど起きて生活していない」「寝てるから希死念慮も感じない」
というところがあるので、あまり手放しには喜べないのですよね;

生活の無気力化が出てきている、という解釈も可能ですから;

ちょっとこのままでは良くないので7月は大幅改善に取り組みます!(゚x/)

The Beach Boys - I Went to Sleep (1969) [Soft Rock / Psychedelic Pop]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10

というわけで、やっと今年の大阪城梅林紹介の最終記事がやってきました!

けっこう頻繁に記事を書いて、できるだけ遅れないように進めたのに、
それでもこの時期まで延びてしまったのはさすがに驚きでしたね!

もっともそれは単にあまりにも多く撮影しすぎたためなのですが!

では、もう時期外れですが、最終記事も元気に進めていきましょう!(*・ω・)

◎八重寒紅(やえかんこう)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10(八重寒紅(やえかんこう))

最終記事の最初を飾るのは「八重寒紅」からです!
「八重寒紅」と聞くだけでテンションが上がってしまいますね!

「寒紅」というと、かなり早咲きのタイプの紅梅ですからね!(●・ω・)

「今回は早咲きの紅梅を撮れたぞ!」とうれしくなります!

花のクシャクシャした雰囲気は「名古屋紅梅」とも似ていますが、
こちらは枝がグングン空に向かって伸びているのが特徴ですね!

それによって木全体が力強さを持っていると言えるでしょう!

◎白玉(しらたま)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10(白玉(しらたま))

「白玉」とはまたずいぶんとかわいらしい名前がついてるものですね!(●・ω・)

でもって、本当に見た目がかわいいのですから文句がないですね!

完全に開く前の丸っこい姿が本当に「白玉」っぽいですよね!
名前のおかげでかわいらしさがパワーアップしてる梅ですね!

色合いとしては緑萼系とけっこう近いところもありますね!

◎西王母(せいおうぼ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10(西王母(せいおうぼ))

この「西王母」も自分としてはすごく珍しく感じますね!

まぁ、見た目としては花びらが薄めのピンク系の梅として、
比較的オーソドックスな雰囲気ではあったりするのですが!(*゚◇゚)

まずこの「西王母」という名前にすごく迫力がありますよね!

もともとは「中国で古くから信仰された女仙、女神」を指すようで、
その美しいイメージが花の名前にも採用されたのでしょうね!

たとえば「楊貴妃」という名前の花などもよくありますからね!

◎八重祭笠枝垂れ(やえまつりがさしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10(八重祭笠枝垂れ(やえまつりがさしだれ))

「なんだこの写真は?」とツッコまないであげてください;
たしかに寂しい写真ですが、これも初撮影の梅なのですよ!

「八重祭笠枝垂れ」という、いやに派手なネーミングの梅です!(*゚ー゚)

見た目がさみしいのは、つぼみが他についているのを見るに、
こちらは逆にまだピークより早かったということなのでしょう!

でもたくさん咲いても「名古屋紅梅」っぽくなりそうですが!笑

◎道知辺(みちしるべ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part10(道知辺(みちしるべ))

さぁ、梅林紹介記事の最後を飾るのはこの「道知辺」です!

「道知辺」は今年の梅林記事では何度か紹介しているのですが、
この梅林のメインでもある2つの呉服枝垂れが咲いている横に
この「道知辺」がものすごくいい感じで咲いていたのですよ!

でも光の向きの関係でなかなかいい写真が撮れなかったのです!(`・ω・´)

だけど「もう全部撮ったし帰るか」というタイミングでもう一度行くと、
ちょうど光の向きがいい感じになり、この写真が撮れたというわけです!

なので、何気にこの写真は自分の中でけっこう思い入れがあったりします!

3・4回ほど光の関係で失敗したうえでたどりついた写真ですからね!

◎まとめ


さぁ、これでやっと今年の大阪城梅林の紹介も終わりになりました!

自分にとっては大阪城梅林=「春の始まり」なので、
それがやっとここに来て終わったということですよね!

でも長かったけど、今年は本当にやりがいがありましたね!

というのも、初紹介の梅もものすごく多かったですし、
あえてカップ麺以外の記事を紹介したいという欲もあり、
昔のように「カップ麺の合間に何とか記事を書かないと」と、
四苦八苦しながらやっていたときとは違っていましたね!

むしろ梅林記事を書くときは気持ち良くすることができましたね!

それでは、今後は梅林以外の季節の花記事を当面はお願いしますね!(゚x/)モギローン

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9

さぁ、なんとか大阪城梅林の記事も第9回までやってきました!
さすがに早咲きならではの梅が多かったとはいえ撮りすぎましたね;

とはいえ、今後も普段は早咲きタイミングで行くことは少ないでしょうし、
今年一気に早咲きの梅を撮りまくったのは正解だったとは思うのですが!

しかしここまで多く撮っていたのは自分でも今更ながら驚きます;

おかげで造幣局の桜の紹介に入れる気配がまだないですからね;

◎名古屋紅梅(なごやこうばい) その1


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9(名古屋紅梅(なごやこうばい) その1)

今回もいきなりブログでは初紹介の「名古屋紅梅」となります!

一つ一つの梅の花の見た目は「摩耶紅」あたりに近いのですよね!

でも「摩耶紅」に比べれば圧倒的にタイミングは早咲きですし、
また花の数そのものがあまり多くないというのはありますね!(*゚◇゚)

クシャクシャっと咲くピンクの花は「摩耶紅」と似ているものの、
こちらのほうがどちらかというと不規則なイメージがありますね!

よく見ると一部は枯れている花も木についていますし、
ややピークを過ぎていたためというのもあるでしょうけども!

◎名古屋紅梅(なごやこうばい) その2


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9(名古屋紅梅(なごやこうばい) その2)

さらに続けて「名古屋紅梅」の紹介ということになります!

やっぱりなんだか「クシャクシャとした梅だな」と感じますね!笑
でもさっきの写真に比べるとこちらのほうが満開ぽいですかね!

でもこのクシャクシャ感はやっぱり時期の関係もあるのですかね!
もう少し早かったら勢いのある感じで開いていたのかもですし!(●・ω・)

◎一重野梅(ひとえやばい)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9(一重野梅(ひとえやばい))

こちらは白系の梅の代表格の一つ「一重野梅」となります!

自分は白系の梅ってそれほど好きなわけではないのですが、
今回の訪問で撮った白系の梅はどれもいいものが多いですね!(*゚ー゚)

大きく開く寸前のちょっと丸まった咲き方のものもかわいいですし、
一気に力強く花開いたものもいいですし、白系の良さが出てますね!

また白系の梅は一重のほうが映えやすいのもあるのかもですね!
一重咲きでシンプルであるがゆえの良さというのもありますからね!

◎白滝枝垂れ(しらたきしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9(白滝枝垂れ(しらたきしだれ その1))

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part9(白滝枝垂れ(しらたきしだれ) その2)

そして今回のラストは前回に続いての「白滝枝垂れ」となります!
しかも連続撮影であることも前回記事とかぶってしまってますね;

このあたりはちょっと写真の記事の順番を調整すべきだったかもです;

でも今回のこの「白滝枝垂れ」はほんとにいいものが多かったです!(`・ω・´)

白系の梅の枝垂れとしては最高レベルと言っていいのではないですかね!

まず一つの木としてパワーがありますし、アップで見ても花がきれい、
こちらは「一重野梅」とは違って、八重咲きの梅になるようですね!

それゆえに遠くから見ても、近くから見ても迫力があるのですね!

でもって、一つ一つの梅の花も大きく、どっしりとしてますよね!
美しさやしなやかさ以上に力強さを感じさせる枝垂れ梅ですね!

ということで、今回は5つの梅の写真の紹介ということになりました!

ほんとは全記事を6枚でそろえるつもりだったのが少し数え間違え、
7枚だったり5枚だったりばらつきが出てしまったのは失敗でした!

というわけで、今年の梅林最終記事となる次回もお楽しみくださいませ!(゚x/)モキーリリ

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

10年目の「いのちの日」を迎えました

2005年から7年間飼っていた金魚さんが
亡くなってから10年が経ちました。

2005年に池田市のお祭りの金魚すくいから持ち帰った子たちで、
4匹のうちの1匹(小赤)は10日ほどで亡くなってしまいましたが、
残りの3匹(小赤1匹と出目金2匹)はその後もすくすくと育ちました。

それが曲がり角を迎えたのは2011年の12月の末のことで、
近所にいた非常に質の悪い野良猫の襲撃に遭ったのでした。

その野良猫は近所の家庭のごみ箱をひたすら荒らし回るなど、
非常に悪い評判があり、自分も一定程度の警戒心は持っていました。

しかしうちの庭に置いていた金魚の水槽は水飲み場にしかしておらず、
それゆえまさか襲撃に遭うとまでは予想できていなかったのでした。

2012年の1月の初旬に出目金のうちの1匹(赤と黒の体をした子)が
いないことに気付き、そのとき水槽の中を調査したところ、
底から赤い金魚さんのうろこがかなり発見されたことから、
襲撃を受けたのが原因だったということをそのとき知ったのです。

その数日前の12月の末にその野良猫が濡れた足でうちの玄関前を歩いており、
「なぜこんなに足が濡れているのか? まさか、いや・・・」と思ったとき、
そのときに実際に襲撃され、そのときにあかぐろさん(赤と黒の体をした子)
が命を落とし、結局その子はなきがらすらも見つけてあげられませんでした。

もう1匹の黒い出目金さんは水槽の底のほうにじっとして過ごしており、
赤い金魚さんはうろこを失いながらも何とか生きてくれていました。

その後は水槽に網をかけたので襲撃を受けるということはなくなりました。

冬の金魚はもともと活性が落ち、えさを必要とすることもなくなるので、
その後は穏やかな日が続き、時が経ってその年の春を迎えました。

しかしくろきんさん(黒い出目金さん)が姿を見せないので、
水槽の中を調査したところ、変わり果てた姿で見つかりました。

この子も12月にすぐに命を落としたわけではなかったものの、
12月に襲撃を受けて大きな傷を受けてしまっていたのでしょう。

そして6月1日にうろこをかなり失っていたあかきんさん(赤い金魚さん)が
不治の病と言われる松かさ病にかかり、6月4日に天へと旅立ちました。

うろこを多く失ったことによる免疫低下が激しく、
普段はかからないはずの病気にかかってしまったのでしょう。

それゆえ3匹が同時に亡くなってしまったわけではないのですが、
あかきんさんが亡くなった6月4日が自分にとって特別な日となっています。

毎年この時期になると、当時金魚さんたちのことを思って書きなぐった
文章を読み返すなどして、そのときの自分の思いにもう一度触れ、
6月4日にはこのように特別な記事を書くことが毎年の習慣になっています。

ただ昨年まではシンプルに「○年が経ちました」という名前の記事でしたが、
今年からはこの6月4日を「いのちの日」と新たに名付けることにしました。

これはもちろん昨年10月のにゃんこの死と大きく関わっています。

6月4日という日は自分にとって本当に特別で、
ただ単に金魚さんの死への悲しみをなぞるというだけでなく、
命というものについて考える大事な日になっていました。

となると、今年は必然的に昨年のにゃんこの死について考えることは
この6月4日は避けて通れないことになるわけです。

そしてそれは来年以降の6月4日に関しても同じことが言えるでしょう。

それゆえもうこの6月4日は「金魚さんの命日」という意味を超えて、
「金魚さんもにゃんこも含め、いのちと死について考える日」
という意味を持つようになる、そうした変化をとらえたうえで、
「いのちについて考える日」という意味を込めて名付けました。

毎年6月を迎えて、当時書きなぐった文章などを読み返すと、
やはり感情が大きく揺り動かされ、何度も涙を流す場面が訪れます。

しかし今年はある場面で2回ほど涙が流れはしたものの、
驚くほど心が動くことがなく、そのことにひどい衝撃を受けました。

これは決して金魚さんたちへの思いが褪せたからではないのです。

そうではなく、自分という人間がひどい虚無感に覆われている、
自分という人間が完全に空っぽの存在になってしまっている、
それゆえ悲しむことすらも、感動することすらも何もできない、
そういう人間になってしまっていることを突き付けられたのです。

その原因はもちろん昨年10月に訪れたにゃんこの死以外にありえません。

自分はてっきりにゃんこの死は受け止められたものと思い込んでいたのです。

でもそうじゃなかった、涙や悲嘆にくれることがなかったのは、
あまりに虚無感に覆われ過ぎて感情すら機能しなくなったからだったのです、
そのことに今回の「いのちの日」を巡る自分の心の動きから気付かされました。

10年前に金魚さんたちを失ったときも、ひどい虚無感に襲われていました。
そのことは当時自分が書きなぐった文章の中にも記されていました。

だけど当時はそのことに対する恐怖感に覆われ、同時に毎日のように悲しみにくれて涙を流し、
表面的にも辛過ぎて辛過ぎて耐えられないがゆえに、その感情とひたすら向かい合って、
そこから立ち直っていくプロセスを踏んでいくしかなかったわけです。

その中で「空にいる金魚さんたちとつねに心を通わせることによって、
生きていたときと全く同じではないにしても救いを得る」形を作り、
それによって新しい日常を作り上げていくことができたわけです。

だけど今回のにゃんこさんのときは、毎日のように大泣きしたわけではなく、
そうであるがゆえに「覚悟ができていたがゆえに受け止められたのだろう」
と自分は誤解してしまっていたのです。

本当は何も受け止められないどころか、感情すら動かないほどに
心が空っぽになって虚無感に覆われていただけだったのに。

たしかににゃんこさんのときは金魚さんと違って「突然」という感じがなく、
10ヶ月の強制給餌の時期を受けたうえでのお別れというプロセスだったため、
覚悟ができていた面はあったけど、それが悲しみをカバーできるはずなんてなかったのです。

自分がにゃんこさんを失ったときに、毎日涙を流して過ごすことにならなかったのは、
悲しみを処理できたからではなく、悲しみの処理能力を超えてしまっていたからだったのです。

だから昨年10~12月ぐらいは受け止められたというつもりでいたのに、
今年の1月や2月になると「今の自分にできることは死について考えることしかない」
という状態に入り、10年前と同様のプロセスを踏まなかったがゆえに、
「にゃんこも金魚さんもいなくなった以上、自分をどうしても必要とする存在はない、
要は自分の存在に意味はないわけで、それを受け止めたうえでどう考えるかだ」
という迷宮に入り込み、自分の中の希死念慮ばかりが肥大化していったのですね。

3月からはその心の問題は解消できないものの、生活を形式的に前に進めることで、
一定の精神的な安定を得ることはできたものの、それでも希死念慮が消えることはなく、
5月のひどいときには1日中「死にたい」としか考えられないときもありました。

今でもふっと何かが体から抜けた瞬間に希死念慮に覆われることはまだあります。

ただ、この「いのちの日」周辺の模索の中から、そこからの脱出の鍵が得られるかもしれません。

昨年のにゃんこの死も10年前の金魚さんの死も、
自分が勘違いして違うことのように受け止めていただけで、
実際には起きたことに違いなんてなかったのです。

自分は決してその死をちゃんと受け止められてはいなかったわけです。

10年前は強い悲しみの中から、たしかにこの世界から金魚さんたちを失ったけど、
それでも空からの金魚さんたちの思いを受け止めることで立ち直る形を作れた、
だとすれば今回も同じように、この世界からにゃんこを失いはしたものの、
空からのにゃんこの思いを受け止める形を作らないといけなかったのです。

それを「自分はにゃんこの死を受け入れることができた」と思い込み、
そうしたプロセスを踏まなかったがゆえに絶望しか見えなくなってしまったのでしょう。

とはいえ、10年前とは違うこともあります。

10年前は金魚さんを失っても、それでもにゃんこはいてくれたわけです。
一つの支えは失っても、もう一つの大事な支えはそこにあったのです。

でも今はどちらの支えも、少なくとも「この世界からは」失ったわけです。
それが10年前と同じプロセスで本当に救われるのかどうかはわかりません。

それでも、たとえ小さくとも天からの支えを受け止めることはできる、
それをすることこそが、今の自分にとって最も必要なことなのでしょう。

思えばここ2年ほど、にゃんこの命とあまりに向き合い過ぎたせいか、
天にいる金魚さんとの心を通じ合わせるプロセスがおざなりになっていた、
という側面があったのは否定できません。

以前は毎日必ず庭の金魚さんのお墓の前に顔を出して、
手を合わせながら目を閉じて心を通わせていたのですが、
いつしかその機会も数日に一度ぐらいになっていました。

そうした「天にいる子たちとの心の通い合わせ」を失った状態で、
この世界にいてくれていたにゃんこを失ってしまうとどうなるか、
それこそがまさにひたすら海で溺れている今の自分の姿なのでしょう。

そのことに気付くことができたことこそが、
今年の「いのちの日」の最大の意義だったのでしょう。

さらに言えば、ここ数年はこの6月4日の意義すら見失いかけていました。

金魚さんの死をどう受け止めるのかは、ある意味においては、
6年目の2018年で完結してしまっていたところがあって、
それ以上の意義をそれ以降に見出すことができないところがありました。

でもやはりこの6月4日には自分にとってかけがえのない意味がある、
そのことを数年ぶりに思い知らされた気持ちになっています。

5年目や6年目はこれまでの6月4日以上に感情が揺り動かされることで、
その意義を改めて感じさせられるというところがあったのですが、
今年は逆で「驚くほどに感情が動かない」ことで気付かされました。

「ここまで自分の感情は虚無に覆われていたのか」ということを。

いかに今の自分の状態が異常であったのかを痛感させられました。
そしてこれもまた、天にいるみんなが届けてくれたことでもあるのでしょう。

金魚草:2022年6月4日撮影
(金魚草:2022年6月4日撮影)

ちょうどにゃんこが亡くなる少し前のあたりから、
庭にいつも植えている金魚草の状態が悪かったのも良くなかったのでしょう。

思えば5年前にひどい自律神経失調症になったときもそうでした。
精神的に悪いときには金魚草の不調も運悪く重なっていることが多い気がします。

先々代の金魚草はたしか昨年の長雨に負けたように記憶してます。

それで10月末に新しい金魚草を庭に植えたのですが、
時期が悪く完全にしなびたままで春になっても成長する気配もなく、
先代の金魚草はほとんど活躍する機会すらなかったのですね。

そして10月末と言えば、にゃんこを失った時期と重なっています。

金魚草の不調も自分の中の虚無感が大きくなる原因の一つにもなっていたでしょう。

そしてこの金魚草は今年の5月の初旬に新たに植えたものです。

こちらは調子が良く、金魚草が調子を落とす原因になりがちな
長雨やひどい猛暑にならなければ数年は頑張ってくれると思います。

いのちの庭:2022年6月4日撮影
(いのちの庭:2022年6月4日撮影)

毎年6月4日になると、このように庭に花を飾ってきれいに彩ります。
悲しみだけに染まらないように、色とりどりの花を飾るようにしています。

今年は特にいいひまわりが入手できたのがすごく良かったですね。

ただやっぱり今年は例年とは感じ方がいろいろと違うのですよね。

例年は「今の自分と金魚さんの繋がりの源流である2012年6月4日に触れる」
というプログラムをこなすことで、自分の心の深いところへと潜っていき、
それが終わると庭を飾るこれらの花を買ったり探しに行くことによって、
急速に心の水面へと浮かび上がってくるような心の旅をしてたのですよね。

でも今年は自分の心はずっと最初から最後まで深い海の底に沈んだままなわけです。

いのちの庭の地面:2022年6月4日撮影
(いのちの庭の地面:2022年6月4日撮影)

たしかに大きな発見はありました。

もう一度10年前と同じプロセスを踏んで、
天にいるにゃんこさんとの新しい繋がりを作っていかないといけない。

それをきっかけにこれからの浮上に繋げていきたいと思っていますが、
でもそれもあくまで「これから」の話であって、今もう脱出できているか、
というと全然そんなことはなく、現段階ではまだ沈んだままの状態なのです。

だから例年は花を買いに行ったり、花を摘んでくる段階になると、
気持ちは大幅に上向きになってテンションもすごく上がるのですが、
今年は真剣にやりながらも、そうした心の動きは起きませんでした。

これは今年は深く潜る作業と、花を買いに行く日に多少のラグがあり、
それが一つの原因にもなっていますが、決してそれだけではないでしょう。

むしろ心のひどい虚無感が今も当然ながら続いていて、
それゆえに心が十分に動くことができない状態なのでしょう。

だから例年は水面から浮上した自分が、
6月4日からの新しい1年を金魚さんたちと一緒に迎えるために
庭を彩る日でしたが、今年は全く違う意味合いを持っています。

今年の6月4日は「これまでの日常の続きとしての区切りの日」ではなく、
「もう一度立ち直っていくための最初の日」なのですよね。

でもスタート地点は海の底なわけで、気持ちは全く上がりません。
だけどそれが今の自分の現実なのだと受け止めたいと思います。

たしかに今の自分の心は海の底に沈んだままではあるけど、
浮上のヒントは得られたわけです。

あとはそれを無駄にせずにこの1年を過ごせるかどうかにかかっています。

金魚さん、にゃんこさん、どうかこの1年の自分を見守っていてください。
必ずや1年後には、少なくとも今よりは救いのある状態にたどりつきたいと思います。

The Beach Boys - 'Til I Die (1971)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 金魚 | ジャンル : ペット

5月が終わりました!

五月晴れのはずが微妙に梅雨っぽかった5月が終わりました!

5月と言えばとにかくカラッとした日が続き印象だったのですが、
なんですかこの梅雨を先取りしたような微妙な天気は!

しかももう1・2週間もすれば梅雨になるのは目に見えてますし、
この5月の天気はさすがにがっくりとしか言えないですね;

「晴れの5月」って、最高の季節だと思うのですがね!(*゚ー゚)

さて、今月はこのブログに非常に大きな変化がありました!
もしかしたら気付いた人は気付いたかもしれないですね!

でもこちらからアナウンスは一切しませんでしたからね!

ハナカイドウ 2022年4月撮影 その1
(ハナカイドウ:2022年4月撮影)

まず有料プランに変更し、ブログから広告を完全排除しました!(`・ω・´)

読んでくださる方に少しでも読みやすい環境を提供する、
それを管理者の責務としてやっと果たすことができました!

以前からウェブサイトは有料サーバーを借りていましたが、
fc2ブログは無料でもデザイン性が高いという良さがあったので、
あえて無料のまま10数年間使ったままにしていたのですね!

ただ今回は予約投稿がものすごく増えてきたこともあり、
また無料プランでは予約投稿は最大30までということで、
もうすでに残りの枠が4つぐらいになってしまっていたのです!

そのタイミングでウェブサイトの契約更新の知らせが来たので、
「あれ、もう思い切ってブログも有料プランにすれば」と、
勢いでブログを有料に変えたという経緯があるのですね!

そしてそこから一気に「独自ドメイン」まで取りました!(*゚◇゚)

本来fc2ブログのアドレスは ***.blog.fc2.com となります!
要するに fc2.com というドメインの中で運営するわけです!

しかし今は何と fairysbible.com とドメインそのものとなりました!

fc2ブログは独自ドメインが取りやすいというのが利点で、
いつものfc2ブログの使い勝手のまま独自ドメインにできる、
これが自分としては大きなきっかけになりましたね!

独自ドメインを取るというと、Wordpressを使う人が多いですが、
fc2でも実はWordpressを使うことができるシステムになってますが、
自分はWordpressは使わず、このままでいこうと思っています!

「で、あなたさっき広告を排除したとか言ってたけどさ、
独自ドメインのブログってアドセンスとか広告ばっかりじゃん。
どうせそうやって広告を自分で設置するんでしょ」
と思われてしまうかもしれません!

ですが、一切の広告を自分で設置しないことを宣言します!
アンチ・アフィリエイトブログとして運営していきます!

最高じゃないですが、アフィリエイトサイトがあふれる中で、
有料プランで独自ドメインもお金をかけて取りながら、
1円たりとも広告で回収しようとしない、自分はそれが誇りですね!(●・ω・)

最近は特に自分のエゴが剥き出しの記事が多くなってますし、
それでも見てくれる人にはやはり感謝すべきなのです!

そのお返しが、この「広告の無いブログ」だと思ってください!

1月頃に低迷期に入ったはずのブログが、
いつのまにか有料プラン+独自ドメインへと発展する、
まだまだこのブログは閉鎖せずに続くということでもありますよ!

自分の中でブログに関してはいろんなプランが立っております!
もちろん基本としてはカップ麺の紹介がメインになってきますが!

また仕事のほうでも新しい動きを始めることができています!
こうして見るとなんだかんだで5月はずいぶんと動いてますね!(=゚ω゚)

実は私、かつては自分の文章にあまり自信がなかったのです!

「ブログでは勢いで文章を書いてるから」というのもありますが、
別枠の活動で支持を受けたり、Mr.Childrenの考察記事において、
納得の行く文章が書けて、自信が持てつつあるのですよね!

だからブログに限らず、「もっと自分の文章を武器にしよう」、
そういう思いがこのところ強くなってるというのがありますね!

ハナカイドウ 2022年4月撮影 その2
(ハナカイドウ:2022年4月撮影)

さて、今も引きずっているにゃんこさんの話ではありますが、
ほんと今も夢ににゃんこさんがよく出てくるのですよね。

よくあるのがまだ生きてるように夢の中に出てきて、
自分も「あ、まだ生きてるんだ」とそれを認識していて、
「あ、そういえばあのときから強制給餌できてないな」、
「やってあげないとな、でも生きてるんだよな」、
あれ体重をはかってみるとちゃんとあるな、みたいに
死と生の狭間のような認識がそこに出てるのですよね。

そして自分がそれを見ながら、
「まるでコンセントさしてないのに動いてる電気製品みたい」って。

「あ、死を健全な形で受け入れられてないな」と感じましたね。

そして寝ながら猫のような感触を感じて、
「あ、あいつが来てる」と思いつつ金縛りになって、
それを意地になって破って起きようとすることも多いです。

もちろん金縛りを破って起きてももちろんにゃんこはおらず、
単に金縛りのときににゃんこらしきものを感じてるだけなのですが。

でも、さっきの夢よりはこちらのほうがまだ健全ですよね。

「あ、金縛りのタイミングを見てきたな」と思えますからね。

さぁ6月、自分にとって大切な月です。大事に過ごしたいですね!(゚x/)モルン

The Smashing Pumpkins - Infinite Sadness (1994) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8

今年の大阪城梅林の紹介記事も第8回までやってきました!
さすがに第8回まで続くと、少し疲れてくる感じもしますが!

◎一重緑萼(ひとえりょくがく) その1


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(一重緑萼(ひとえりょくがく) その1)

今回は今年の第2回記事に続いて「緑萼祭り」となります!

2回も「緑萼祭り」の記事ができてしまうということは、
それだけ大量に「緑萼」系ばかり撮ったわけでもありますね!(=゚ω゚)

1記事を全部「緑萼」にしてしまおうかとも少し考えましたし!

でもほんと今年は「緑萼」の良さを改めて感じましたね!

花の色で言えば白系で、あくまで白系の梅ではあるのですが、
この「緑萼」ならではの緑っぽさによるさわやかさがある、
これが独自の良さを引き出しているのを強く感じますね!

◎一重緑萼(ひとえりょくがく) その2


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(一重緑萼(ひとえりょくがく) その2)

また「緑萼」は自分の中では花の咲き方がややこじんまりしていて、
派手に咲く印象がなかったのですが、満開のときだと全然違いますね!

密集度も高いですし、一つ一つの花にしっかりとパワーがある、
これまではいつもピークを過ぎた時期にしか見てなかったので、
「緑萼」の本当の迫力や美しさをわかっていなかったのですね!(`・ω・´)

特にこの写真はそうした「緑萼」の隠れた力強さが出てますね!

◎一重緑萼(ひとえりょくがく) その3


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(一重緑萼(ひとえりょくがく) その3)

ということで、「一重緑萼」だけで3連発ということになりました!

「緑萼」には他にも「八重緑萼」などがあったりしますが、
自分は例年はいつも「八重緑萼」を撮っていたのですね!

ということは、咲くタイミングは「一重緑萼」のほうが早く、
「八重緑萼」のほうが遅いというふうに解釈できそうです!

一重か八重かでそんなにタイミングが変わるのも面白いですね!(*゚ー゚)

◎白滝枝垂れ(しらたきしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(白滝枝垂れ(しらたきしだれ) その1)

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(白滝枝垂れ(しらたきしだれ) その2)

この「白滝枝垂れ」も第5回記事に続いての紹介になります!

しかし今回は枝垂れ梅としての迫力がビシッと出ていますね!(●・ω・)

これだけ迫力のある白梅系の枝垂れはなかなかないでしょうね!
例年の「玉垣枝垂れ」などよりもパワーがあるように思います!

もちろんこれはちょうど満開のタイミングだったからでしょうね!

そして近くで見てみると、これは八重系の白い梅と言えますね!
それもかなりふんわりとしていて、八重らしく花びらが多いです!

八重系といっても、ここまでふわふわしてるのは珍しいですね!

◎鹿児島紅(かごしまこう)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part8(鹿児島紅(かごしまこう))

そして今回の記事のラストを飾るのは「鹿児島紅」となります!

この「鹿児島紅」も今回の訪問では非常に印象的な花になりました!(*゚◇゚)

というのも、遅咲きの梅には紅系のものがどうしても少ないので、
紅系の梅をいろいろ楽しめるだけでも楽しいのですよね!

今回行ったタイミングは梅林全体としては4分咲きぐらいでしたが、
それでも早咲きの梅を楽しむという狙いならほんとベストでしたね!

「こんな面白い梅があるんだな」といろんな発見がありました!

◎まとめ


さすがに第8回記事ということで、今回登場させた梅は
どれも今年の他のどれかの記事で一度登場していましたね!

それゆえに斬新さという点では他の記事には負けるかもですが、
「緑萼」の美しさ、「白滝枝垂れ」のパワーは見事だと思います!

とりわけ「白滝枝垂れ」のふわもこ感はいいものがありましたね!(゚x/)モキキュー

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7

さぁ、やっと大阪城梅林の紹介記事も第7回までやってきました!
我ながら「なんかほんと今年は写真が多いな」という気になります!

今回は途中で「大泉緑地の桜」をはさんだので、余計に期間が空きましたね!

◎蝋梅(ろうばい)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(蝋梅(ろうばい))

「よりによってそこで蝋梅の紹介かよ!」と突っ込まれそうですね!

蝋梅は漢字でこそ「梅」という字が含まれてはいるのですが、
実際には梅の一種というわけではないのですよね!

「ロウソクの蝋のような光沢のある梅」という意味ですが!(*゚◇゚)

でも実のところ、この写真はかなり貴重なのですよ!

蝋梅は梅よりも開花時期がかなり早く1月ぐらいなので、
大阪城の梅林で蝋梅がまだ咲いているのを見たのは初めてです!

それが珍しくて、「まだ蝋梅が咲いてる!」と撮ったのですね!

◎呉服枝垂(くれはしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(呉服枝垂(くれはしだれ その1))

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(呉服枝垂(くれはしだれ) その2)

この梅だけが、木に何の梅か種類が書かれてなかったのですよね!

いつもはその種類を書いたプレートの写真も一緒に撮ることで、
種類も明記してるのですが、それで少し困ってしまいました;

ただ木の形や梅の花の色などを見ると呉服枝垂で間違いないと思います!(*゚ー゚)

この呉服枝垂は間違いなく、大阪城梅林のアイドル的存在の1つです!

見てください、幹のしなり具合、枝の枝垂れっぷり、ピンクの花の美しさ、
もうこの梅に関しては弱点らしい弱点が何もないと言っていいですからね!

◎南高(なんこう)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(南高(なんこう))

南高と言えば、「南高梅の実」として何より有名ですよね!

ここでは梅の花を楽しむというのが趣旨にはなっていますが、
当然その中には梅の花の味で有名なものも多くあるのですね!

その代表格が今回紹介したこの「南高」と言っていいでしょう!(=゚ω゚)

でもって、「南高」の紹介はなんと今回が初めてだったりします!

「南高」って、比較的早咲きタイプの梅ということなのですね!

◎月の桂(つきのかつら)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(月の桂(つきのかつら))

この「月の桂」は今年の第4回記事にも紹介していますね!

でも面白いのは、先の「南高」と比べたときの雰囲気の違いです!

こちらは明らかに「南高」に比べておしべなどが緑色で、
「あ、緑萼系の梅に近いタイプだな」とすぐわかりますね!

でもって、このおしべの力強さは多いな魅力となっていますね!

この「月の桂」は我ながらいい撮り方ができたように思います!(`・ω・´)

◎曙枝垂(あけぼのしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(曙枝垂(あけぼのしだれ その1))

ばいりん! 大阪城梅林 2022 Part7(曙枝垂(あけぼのしだれ) その2)

もう今回の第7回記事はこの「曙枝垂」に尽きると言ってもいいです!

「何!? こんな美しい枝垂れ梅が大阪城にあったの!?」
と度肝を抜かれるほどに圧倒されたのがこの「曙枝垂」です!

もう枝垂れ梅として遠くから見たときのビジュアルが完璧ですよね!(●・ω・)

いやぁ10年以上通い続けて、この梅を知らなかったとは痛恨ですよ!
やはり一度はこのように早咲き狙いで訪問すべきなのを実感します!

今まで見た大阪城梅林の梅の中で1位と言っていいかもしれません!

そして少し近くで見たときの花の姿のほんとに美しいのですよね!

淡いピンク、そして梅としては花びらの厚みがやや薄い印象です!
それゆえとんでもない美しさと儚さが同居しているのですよね!(*・ω・)

◎まとめ


「蝋梅」から始まって苦笑いしてしまった人がいるかもしれませんが、
「蝋梅がまだ咲いているぐらいの早咲きの時期でしか見られない、
曙枝垂というとんでもなく美しい枝垂れ梅がある」ということを、
伝えることができただけでこの第7回記事は価値があったと思います!

ほんとこの「曙枝垂」を見たときには「嘘でしょ」と圧倒されましたもん!

この「曙枝垂」のためだけにも、早咲きタイミングで行くのはオススメです!(゚x/)モキシュシュシュ

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.