7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油

7/26発売の日清
「最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油」
を食べました!

セブンイレブン限定の商品となっています!

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油

まぁ、かなりインパクトのある名前の商品となっていますが、
価格も300円台後半とこちらもまたかなりのインパクトです!

しかもあえて具材は海苔のみとなっていますからね!

この商品の最大の特徴は汁あり商品ながら湯切りしたうえで、
さらに熱湯を入れ直して調味するというところにあるでしょう!

そうすることによって麺がスープに与える雑味をさらに抑え、
スープをアツアツに仕上げるという効果を得ることができます!(*゚ー゚)

また5分湯戻し→湯切り→熱湯投入という流れを取ると、
実質的な湯戻し時間は6分30秒から7分ぐらいになりますし、
極太麺を対象とした商品に今後応用できる手法かもですね!

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油(内容物)

◎内容物 - 小袋を入れる順番が面倒なので注意


内容物は粉末スープ、液体スープ、鶏油、海苔となっています!

作り方は次のようになっています!
・まず何も入れずにお湯を注いで5分待つ
・湯切りする
・次の熱湯を入れる前に粉末スープを入れる
・2回目の熱湯を入れる
・液体スープを入れてしっかりまぜる
・鶏油を入れる(まぜなくていい)
・海苔を乗せる

これをやってみるとわかるますが、お湯の二度入れよりも、
むしろ順番が細かく指定された小袋を入れるほうが面倒です!(*・ω・)

7/26発売 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油(できあがり)

普段の家系よりも黄色く見えるのは鶏油が大量に入ってるからですね!

◎スープ - 豚骨の太さは秀逸、だが家系ならではの個性は控えめ


まずはスープですが・・・うーん、これは自分の期待した家系とは少しズレますね!(●・ω・)

自分の中での家系の理想形、というか家系のルーツに当たる味は、
豚骨の太さもさることながら、ちょっとカドを立てた醤油ダレと、
そこに対抗するようにムンムンに香ってくる鶏油なのですよね!

今回の商品はとにかく鶏油が大量に入っているということから、
この「ムンムンの鶏油」が楽しめると思ったらそうでもないのです!

あの家系特有の豚骨醤油に負けるほど香るような鶏油ではなくて、
もっと香りのやわらかな、優しい鶏油が大量に入ってるのですね!

「たしかに鶏油は多いけどこうじゃないだよなぁ」と思いましたね!
なので、鶏油の量ほどにはギトギトには感じなかったですね!

「家系らしい鶏油」とはどこか違っていましたからね!

そしてベースの豚骨醤油は豚骨に関してはかなり秀逸ですね!(*゚◇゚)

骨粉を感じるようなゴツゴツとした豚骨感で、ここはさすがです!

ただ一方で醤油だれ、ここは本格派を目指すには少し弱かったですかね!

いや、一般的にはこれが求められるラインだろうとは思うのですよね!

でも家系の醤油ダレって、ちょっとキツすぎてこそおいしいところがあり、
そこはやっぱり遠慮気味に作ってきているなというふうに思いましたね!

そしてスープのアツアツ度に関しては自分としては普通に感じました!
しっかりアツアツながらも、食べにくさを感じる熱さではなかったです!

◎スープの原材料


スープの原材料は鶏脂、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、
チキン調味料、糖類、香辛料、ゼラチン、食塩となっています!

植物油脂などでごまかしてないのは評価できるのですけどもね!

◎麺 - 太麺ながらもなめらかな質感


麺はかなり太麺ながらもなめらかに仕上がっていますね!
これは間違いなく熱湯2回湯戻しの効果が出ているでしょう!

ただそのなめらかさが一つの麺としては優秀でありながらも、
「家系にしてはなめらかすぎでは?」と思えたりもしますが!(=゚ω゚)

でも「一つの麺の良さを楽しむ」ならこれでいいかもしれません!
自分としてはこの麺のなめらかさにも不満を感じなかったですし!

当然のことながら麺はノンフライ麺が使われています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの90gで、カロリーは681kcalとなっています!
脂質は31.6gで、鶏油などの量の多さが伝わってきますね!

フタに「麺200g」と書いてありますが、これは湯戻し後の分量で、
乾燥状態での麺量としては90gで、「やや大盛」というぐらいです!

◎具材 - 海苔は秀逸


具材は3枚の大きめの海苔のみとなっています!
家系なので、ここにほうれん草も欲しくはありましたが!

まぁ、その場合は自分で用意するのがいいでしょうね!

海苔は非常に大きいのでとにかくまずスープに沈めて、
やわらかくなった海苔で麺を巻いて食べるのが一番です!(`・ω・´)

あるいはご飯を用意してご飯を巻くのもいいでしょうね!

◎まとめ - もっとリアルな家系の本格度が欲しかった


パーツごとに見れば、どれも家系をしっかり押さえていますが、
カラメの醤油ダレと豚骨醤油に対抗する鶏油という感覚が薄く、
そこが再現されていればもっと最高だったのにと思いましたね!

自分の中では家系といえばまだ、ローソン「吉村家」のカップ、
そして寿がきやの「家系MAX」が2強といったところですかね!

でもこのシリーズの発想は面白いので今後も続いてほしいですね!(゚x/)モキルッシュ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば

6/20発売の明星「築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば」を食べました!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば

創業25周年を迎える「築地銀だこ」との共同開発商品です!

へぇー、この手の商品で共同開発って珍しいですね!
まぁ、あくまで味を監修したぐらいの関係だとは思いますが!

「築地銀だこ」というと、今では全国的に有名な存在ですね!(*゚◇゚)

油を多めにした揚げだこ的な焼き方により、外はカリッと、
中はトロッとしたコントラストが大きな特徴となっています!

たこ焼きの本場である大阪ではこの方式を嫌う人もいますが、
実は自分は大阪人ながら銀だこスタイルはかなり好きだったりします!

この外と中の食感のコントラストって、たこ焼きの理想形の一つですし、
普通の焼き方ではないけどそれを実現したのは評価に値すると思いますので!

でもって、実際に食べてみて銀だこのたこ焼きはおいしいですしね!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば(内容物)

◎内容物 - ふりかけでアクセントをつける構成


内容物は液体ソースとふりかけとなっています!
ふりかけの量がかなり多めとなっているのが特徴ですね!

6/20発売 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば(できあがり)

うん、やはりふりかけが目立つ構成になっていますね!

◎ソース - たしかにたこ焼きらしさは感じられる味


まずはその味ですが・・・うん、たしかにたこ焼きらしさはありますね!(●・ω・)

ただやっぱり、焼そばでのたこ焼きの再現って難しいのですよね!

そもそも「ソース味でたこ焼きというソース味の料理を再現する」
ということに土台として無理があったりするわけで、
そこをどうやって再現するかはかなりの難題なのですよね!

これがお好み焼きだと、ソースの風味がお好み焼きと焼そばでは違うので、
お好み焼き風の甘口のソース+マヨネーズとすれば一定の再現になるのですが、
たこ焼きだとマヨネーズをつけてしまうとお好み焼きに近づいてしまうし、
ソースだけではどうしてもたこ焼きらしさの再現ができないのですよね!

となると、たこ焼きらしさとは何かということになるわけですが、
それは「生地の風味をいかにソースの中に含ませるか」になるのですよね!

「あ、なんだかたこ焼きの生地とソースが混ざった味がするぞ」
と、そう思わせることに成功するとたこ焼き味らしさが出るわけです!(*゚ー゚)

以前にここを再現して「一平ちゃん」では成功したことがあるのですが、
それでもやはり判断が分かれやすい微妙なラインの話ではあるので、
「何がたこ焼き味なのかわからない」という声はそのときもありましたね!

その点から見ると、今回は自分としては65点ぐらいでしょうかね!

「たしかにたこ焼きの生地らしい味はする、けど・・・」という感じというか、
「すごい!」とはいかずに「けど・・・」となる、この微妙なところですね!

でもたこ焼きらしさがあるのはたしかで、決して悪くはないのですよね!
とはいえ、胸を張ってたこ焼き味と言えるかというと迷いもするのですよね!

そして一つのポイントになっているのは、ソースに含まれるかつおの香りです!
これはおそらく生地に含まれるかつおだしを再現したもののように思いますね!

こうした一つ一つが生地らしさを再現するポイントになってきますからね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、植物油脂、ソース、食塩、魚介エキス、醸造酢、
リンゴピューレ、たん白加水分解物、トマトペースト、香味調味料、
マンゴーチャツネ、ローストオニオンペースト、香辛料となっています!

まぁ、これを見る限りだと「いかにもソースらしい原材料」でしかないですね!

◎麺 - 幅広のそこそこもっちりした麺


麺は幅が広めのややもっちりとした食感の油揚げ麺です!

厚みはそこまでなく、熱湯4分なので「そこそこの太さ」の麺ですね!
熱湯5分ほどのもちもち感ではなく、あくまで中間的な食感と言えます!

細麺だと焼そばっぽくなりすぎるので、ちょうどいいラインですかね!

別に太麺だからと言って、たこ焼きの生地っぽい食感ではありません!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは484kcalとなっています!
脂質は19.6gで、焼そばとしては軽めの数字ですね!

◎具材 - たこ焼き風味の揚げ玉が最大の主役か


具材はキャベツ、ふりかけは揚げ玉、香味調味料、混合削りぶし
(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、紅しょうが、アオサです!

キャベツははっきり言って、主役というよりはおまけに近いです!
たこ焼きですから別にキャベツは入ってなくてもいいですしね!

むしろ硬めでいい風味がついた揚げ玉が非常に効果的でしたね!
このカリカリ感によって銀だこらしさを表現してたのですかね!?(`・ω・´)

そこにたこ焼きらしい削り節、紅生姜、アオサが加わる感じですね!

◎まとめ - あまりに期待しすぎないのが大事


あまり強く構えて「たこ焼きをどれだけ再現されているか」と
肩に力を入れ過ぎてしまうとさすがにコケてしまうでしょうが、
「何となくたこ焼きっぽい焼そば」ぐらいの感覚で食べれば、
「あ、なんかそれっぽいぞ」と思えるだけのものはありますね!

なんとなくたこ焼きっぽいと思えるような焼そばでした!(゚x/)モキューヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/1発売 韓国式ちゃんぽん

8/1発売のサンヨー食品「韓国式ちゃんぽん」を食べました!
韓国風ちゃんぽんがカップ麺化されるのは珍しいですね!

8/1発売 韓国式ちゃんぽん

字のフォントを見ると、女性層を意識しているのがわかりますね!
K-POPや韓国ドラマが好きな女性層向けということなのですかね!

そういえば「ブルダック炒め麺」の人気が火が付いたのも女性からで、
昨今の韓国文化ブームは食事も含めて女性と相性がいいのでしょうね!

自分はもともとその前から韓国ラーメンは好んで食べていましたし、
農心の「いかちゃんぽん」などのちゃんぽん系も好きだったので、
今回の韓国風辛口ちゃんぽんの登場はうれしくもありますね!(*゚◇゚)

8/1発売 韓国式ちゃんぽん(内容物)

◎内容物 - 麺の色がちょっと黒っぽい


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
麺の色が少し黒っぽいですが、湯戻しすると色は薄くなります!

8/1発売 韓国式ちゃんぽん(できあがり)

おぉ、たしかに具材たっぷりで、韓国系らしい辛口の色ですね!

◎スープ - 海鮮とビーフの旨味が生きた辛口韓国風スープ


まずはスープですが・・・お、これはなかなか優秀ですね!(●・ω・)

日本のメーカーが作る韓国風ラーメンって、韓国製のものと違って、
どうも日本風にアレンジされた味になっていることが多いのですが、
このスープは韓国メーカーが作るラーメンの味に通じるものがありますね!

なぜそう感じるのかというと、これはビーフの風味が強いからでしょうね!

韓国ラーメンと言えばまずはビーフ、これが基本中の基本ですからね!
韓国ラーメンの代表格である辛ラーメンなどはビーフ風味ですしね!

特に今回のラーメンは粉末スープにビーフシーズニングが強いです!

なので、粉末スープのみの段階で食べたときに韓国ラーメンらしさがあり、
これがしっかりとスープの土台を支えてくれているというのが大きいです!

そして液体スープを投入すると、一気に貝などの海鮮の旨味が強まります!(=゚ω゚)

韓国ラーメンってビーフベースながら、海鮮との相性が抜群なのですよね!

自分も「辛ラーメン」にアサリなどを投入して作ったことがありますし、
まさにそれを連想させるような味わいになっていると言えますね!

ほんと「辛ラーメン」に冷凍アサリをどさっと投入して作ると、
これと近い味わいのラーメンができるのではないでしょうかね!

「辛ラーメン」と比べると、ビーフの旨味もこちらのほうが強く、
海鮮もガンガンに主張しているので、かなり旨味の強い味ですね!

これだけ旨味をガツンと立てているので物足りなさはないですね!

そしてもう一つの鍵の辛さですが、これが実は意外としっかりしてます!
自分の中でも「辛口」レベルまでは認定してもいいと思いましたね!

明らかに「中辛」よりは上、むしろ「辛口」よりやや上と言えますね!

最近の韓国グルメファンは辛さに強い人が多くなっていますからね!
そのあたりも考慮してある程度辛さも頑張ってきたと言えますね!

そしてもう一つのポイントはガーリックがそこそこ強い点です!
ここは韓国製の韓国ラーメンとはちょっと異なるところですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、魚介エキス、豚脂、植物油脂、食塩、
豆板醤、ビーフ調味料、にんにくペースト、香辛料(唐辛子、
にんにく粉末、こしょう、しょうが粉末)、砂糖、おでん用調味料、
野菜粉末、ビーフエキス、クリーミングパウダー、みそ、キムチ調味料、
カニガラパウダー、酵母エキス、デキストリン、発酵調味料です!

魚介が強くビーフも強い、そしてにんにくもなかなか強めですね!
そんな中で異彩を放っている「おでん用調味料」が謎ですが!笑

◎麺 - プリッとした丸いノンフライ麺


麺は断面が丸く中太ぐらいの太さのノンフライ麺です!

サンヨー食品ってなかなかノンフライ麺の商品を出さないのですが、
今回は気合が入っているのか、あるいは女性層向けのヘルシーさの演出か、
ひさしぶりに気持ちの入ったノンフライ麺を起用してきましたね!

けっこう引き締まったノンフライ麺って、もちもちよりはプリプリ、
プリッとした歯切れを楽しませるタイプの麺となっています!

自分としては少し長めに待ってスープとの馴染みを良くするのがオススメです!
それでもスープに負けないぐらいの主張をきちんと持っていますからね!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは389kcalとなっています!
脂質は9.8gで、比較的抑え気味の数字となっていますね!

◎具材 - あさりとニラが活躍


具材はキャベツ、あさり、キクラゲ、ニラとなっています!

キクラゲはあまり目立ちませんが、ニラは非常にいいですね!
ニラの香味が韓国系の辛口スープを引き立てるのですよね!

そしてたっぷりと入ったキャベツがちゃんぽんらしさを見せます!

また何と言ってもリアルなあさりが入っているのがうれしいです!(`・ω・´)

これによってほんとに海鮮ちゃんぽんとしての主張が強まってますね!
具材も麺も今回のサンヨー食品はかなり本気であることが伝わります!

◎まとめ - 総合力は非常に高い


麺・具材ともに優秀ですし、核となるスープはビーフと海鮮が生き、
まさに「海鮮韓国ちゃんぽん」と呼ぶにふさわしい仕上がりですね!

でもって、残ったスープを使ってクッパ風のものを作るのもアリでしょう!
旨味が強いので、残ったスープを捨てるには惜しいと言えるほどですね!

韓国グルメ、韓国ラーメンが好きな人ならマストと言える内容でした!(゚x/)モギュッシュ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/18発売 らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味

7/18発売の東洋水産
「らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味」
を食べました!

「飯田商店」のコラボ商品ということでセブン&アイ限定です!

7/18発売 らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味

この「秘密のまぜそば」はお店で出しているメニューではなくて、
お店での「まかない」をモデルにして作られているカップ麺です!

それゆえお店では出さない白湯スープがベースなのですよね!

そして「秘密のまぜそば」は昨年の11月にも発売されています!
なので、今回はそのリニューアル発売にあたると言っていいですね!

今回の最大の変化は「ゆずの香り」にあると言っていいでしょう!
この「ゆずの香り」がどれぐらいアクセントになっているかですね!(*゚◇゚)

7/18発売 らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味(内容物)

◎内容物 - けっこう豪華な4袋構成


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープ、刻み海苔です!
湯切りをしてから、液体スープ→粉末スープの順にかけます!

7/18発売 らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味(できあがり)

うん、ビジュアルについては昨年と特に変わりませんね!

◎スープ - 非常に丁寧でまったりとした味わい


まずはその味ですが・・・やっぱりこの商品はカップまぜそばでも頭一つ抜けてますね!(●・ω・)

うん、昨年もそうでしたがやはり今年もいい味を出してくれますね!

というのも、どうしてもまぜそばってワイルド方向に傾きがちで、
そうでない場合は極度のさっぱり路線に行きがちだったりしますが、
この商品はワイルドさ、いわゆる油脂やガーリックによるものが弱く、
そこをスープの白湯のまろやかさで上手くサポートしてるのですよね!

なので、コクはあるのにサラッと食べやすく、非常に上品なのですね!
この「上品だけど弱くない」、ここがこのまぜそばの最大の長所です!

それゆえ「まぜそばはごてごて重くて嫌い」な人にこそオススメです!
そうした人も「このまぜそばだけは好き」と言わせる力がありますね!

そして今回のゆずですが、これも超ほんのりと言っていいバランスです!(*゚ー゚)

食べた瞬間は「ありゃ、ゆずが軽いなぁ」と思わされたのですが、
ゆずは決してないわけではなく、たしかに前面にあるのはゆずです!

ゆずがまず来てから、その後ろから白湯などがやってくるバランスです!

でも「AFURI」などのようなゆずガンガン系とは全く異なりますね!
「AFURI」をゆずを100としたら、これは15か20ぐらいではないですかね!

とはいえ、だからこそ「飯田商店らしい」と言えるのかもしれません!

要は全体が優しいだけに、そこでゆずが突出してしまうと、
さっぱり路線に傾きすぎてしまう、そこを考慮したのかもですね!

軽くなりすぎると、ほどよい白湯の良さがマスクされますからね!

でもあと1.5倍ぐらいはゆずが強くても良かった気はしますが!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、豚脂、香味油脂、植物油、鶏脂、
デキストリン、たん白加水分解物、チキンエキス、砂糖、ほたてエキス、
食塩、こんぶエキス、ゼラチン、香辛料という構成になっています!

原材料の昨年と並びだけがちょっと変わったという程度ですね!

ゆずが書かれてないのは、ゆずはあくまで香料のみだからでしょう!
フタにも「ゆず香料を使用しています」と書かれていますからね!

◎麺 - 昨年よりも白い麺を使用


麺は「正麺カップ」と似た幅の広いノンフライ麺です!

実は麺は昨年とは違い、昨年は中華麺らしい黄色い麺でしたが、
今回は一見しただけでわかるように白っぽい麺となっています!

ただ基本的な食感などが極端に変わっているわけではなくて、
見た目の上品さが変わったのが一番大きな違いではありますが!

食感についてはやはりリアルな中華麺らしさが生きていますね!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは491kcalとなっています!
脂質は16.0gで、まあまあの数字というぐらいですかね!

◎具材 - あらゆる面で充実度は高い


具材は鶏だんご、メンマ、ねぎ、そしてふりかけが刻み海苔です!

鶏だんごはリアル感抜群で味も良く、しかも9個も入っています!
個体差で当たりだったのかもですが、それを考慮しても大満足です!

メンマはコリコリ感が良質で、こちらも量もきっちりしていますね!

ねぎもリアル感があり、とにかく全体的に高級感がありますね!

そして隠せない名わき役がふりかけの刻み海苔と言えますね!(`・ω・´)

これが全体の風味を高め、より上品に味わいを演出してくれ、
さらに量もけっこうあるので最後まで楽しめるのですよね!

◎まとめ - 毎年の定番になる価値は十分


改めて食べましたが、ほんとこれはレベルが高いと言っていいです!

まぜそばにありがちな飽きがなく、それでいて決して軽い味ではない、
ほどよいまったり感、コク、上品なまとめ方、ほんとスキがないですね!

「さすがは飯田商店の監修品だ」とうなりたくなる一杯でした!(゚x/)モギーン

【関連記事】
らぁ麺 飯田商店 秘密のまぜそば ゆずの香り 豚鶏白湯味
飯田商店 しょうゆらぁ麺
飯田商店 秘密のまぜそば
らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー

5/30発売の日清「完全メシ カレーメシ 欧風カレー」を食べました!
7/4からはセブンイレブンでも店頭販売されているので、実質的にセブン限定です!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー

「完全メシ」は端的に言えば「栄養を整えた商品」がコンセプトです!
ただしそれによって価格も跳ね上がり、税込400円を超えてきますが!

ここでの「栄養を整える」は三大栄養素はもちろんのこと、
ビタミンやミネラルも適切に摂取できることを示しています!(*゚◇゚)

それゆえに原材料にはビタミンやミネラルの記載が大量にあります!

これらの栄養バランスを味を落とさずに再現したというふれこみで、
今回の「完全メシ」シリーズは作られていると言っていいですね!

「完全メシ」はカップ麺やカップメシだけの商品展開ではなく、
スムージーなどの商品も発売されているのですよね!

ただこちらのブログではカップ麺やカップメシのみを紹介します!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー(内容物)

◎内容物 - いつものルウではなく、パウダー仕様


内容物は完全謎パウダー(カレーパウダー)、仕上げオイルです!

「カレーメシ」シリーズはいつもルウが入っていましたが、
今回はパウダーとオイルを合わせるという手法を採っています!

5/30発売 完全メシ カレーメシ 欧風カレー(できあがり)

うん、粘度に関してはけっこう問題なく高くなりましたね!

◎スープ - ハーブ感がやや強く、スパイスがより複雑に


まずはその味ですが・・・従来の「カレーメシ」よりも味がより複雑ですね!(●・ω・)

逆に言うと、いつもの「カレーメシ」の持っている
「安心できるまったり感」はいくぶん希薄になっていて、
そのかわりスパイスやハーブの香りが強くなっています!

これはルウを使わないことでまったり感がやや減退したのと、
パウダーの中に栄養素がいろいろ入ることによって生まれる風味を
キャンセルするためにハーブの香りを強めたというのがあるのでしょう!

ただそれは「スパイシー」とはまた違った方向性なのですよね!(*゚ー゚)

この商品は別にスパイス感が強いとかスパイシーというわけではなく、
従来のカレーメシと比べて「香りの複雑化」が起きている感じです!

でもこの程度の変化であれば、味に関しては十分に許容範囲です!
少なくとも「栄養重視でおいしくない」ということはないですね!

また玉ねぎの風味もこの商品のポイントとなっていますが、
あくまでほどほどな感じでそこまで強い甘みがあるわけではないです!

◎カレーの原材料


カレーの原材料はコラーゲンペプチド、植物油脂、オニオンパウダー、
砂糖、トマトパウダー、乳等を主要原料とする食品、ドロマイト、
小麦粉、香辛料、食塩、カレー粉、香味調味料、ココアパウダー、酵母です!

ドロマイトはカルシウム、マグネシウム強化用に入ってるようです!

他のビタミンやミネラルは添加物の項目に書かれています!
でも実際にはカレーパウダーの中に入っているのは間違いないでしょう!

◎ご飯 - いつものカレーメシと同じ


ご飯はいつものカレーメシと同じく5分湯戻しのご飯です!

カレーメシはそこからの混ぜる手間などが少しかかりますし、
しかも今回はあらかじめルウが入っているわけではなく、
謎パウダーを入れてまぜるという方式なのでやや時間もかかり、
それによってご飯が硬すぎるということはほぼ起きないです!

カップメシ系統はご飯が硬くなりがちな問題がありますからね!(=゚ω゚)

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は69gで、カロリーは471kcalとなっています!
脂質は12.4gで、カレーとしては抑えめと言えるかもですね!

◎具材 - 謎肉に味の影響が出ている


具材は豚ミンチ(謎肉)、フライドポテト、にんじんです!

「なんだ具材は普通だな」と思われるかもしれませんが、
謎肉はいつものものとはどうも仕様が違っているようです!

脂肪分とジューシーさが控えめで、赤身感が強いのですよね!
要するにたんぱく質を強化した謎肉ということなのでしょう!

でもそれゆえにコクという点で従来の謎肉と差は感じますね!(`・ω・´)

「正直謎肉の味はイマイチだな」と感じさせられましたし!

一方のポテトとにんじんに関してはごく普通となっています!
ただポテトはカレーをまぜている間に溶けるかもですが!

◎まとめ - サプリメント利用との差がわからない


結局これ、味というよりは栄養をまかなえるのが利点なので、
そこに利点を感じられる人に訴求できるかに尽きるのですよね!

「栄養バランスを考えるのがそもそも面倒な人」はこれを買わず、
むしろ「普段は栄養バランスを考えてるけど、今回は簡単に済ませたい」
という人向けと言ったほうがいいようには感じましたね!

しかしながらビタミンとミネラルが取れることに関しては、
それってマルチビタミンとマルチミネラルのサプリメントを
食事と一緒に摂るのと変わらないように思えるのですよね;

食事で栄養が取れることに意味があるというふうに考えても、
この商品自体がカレーにサプリメントを溶かしたものに近いわけで、
そのあたりをどう考えるのかはちょっと課題ではありますね!

でもニーズがあるなら生き残っていくのではないかと思います!(゚x/)モキュウ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/20発売 ペヤング きんぴら風やきそば

6/20発売のまるか食品「ペヤング きんぴら風やきそば」を食べました!

6/20発売 ペヤング きんぴら風やきそば

「きんぴらごぼう」を焼そばで再現した商品とのことです!

これペヤング以外のメーカーなら「大丈夫か?」となる商品ですが、
ペヤングだと逆に「お、今回は真面目だな」と思えてくるんですよね!

しかも実際にこうした再現系にはペヤングは強いだけに期待もできます!(*゚◇゚)

6/20発売 ペヤング きんぴら風やきそば(内容物)

◎内容物 - かやくにはしっかりごぼうが


内容物はかやくと液体ソースとなっています!
かやくには主役であるごぼうがたくさん入ってますね!

6/20発売 ペヤング きんぴら風やきそば(できあがり)

うん、この具材のぎっしり感、さすがはペヤングですね!

◎ソース - 甘めで濃い醤油ダレに少し刺激


まずはソースですが、けっこう糖分を多めに入れた醤油ダレです!(●・ω・)

自分としてはこれぐらいの甘さなら十分に許容範囲で、
なおかつもともときんぴらはある程度甘みをつけますし、
そういう点でもきちんとした再現だと言えるでしょう!

むしろ醤油が濃口系でけっこう色が濃いのが印象的でした!
それゆえ塩分というより、醤油の風味の濃さがなかなか強いです!

ここはもうちょっと醤油の風味は弱めでも良かったかもですが!

そしてそこに一味を連想させる辛味がちょこっと入ってきます!
これがなかなかいい刺激のアクセントになっていますね!(*゚ー゚)

またソースのほうにもごぼう風味がついているようですが、
具材のごぼうと相乗効果によってごぼうの風味は強まります!

なので、「きんぴらごぼうを楽しむ」という点は問題ないですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はしょうゆ、糖類、植物油脂、食塩、ごぼうパウダー、
かつおぶしエキス、香辛料という組み合わせになっています!

甘めの醤油ダレに和風だし、そうした基本構成のようですね!

◎麺 - おなじみのペヤング麺


麺はいつものペヤングと変わらない中細の油揚げ麺です!

ラードの香ばしさを感じるスナック感のある麺ですが、
いろんなソースへの対応力が高いのも魅力的ですよね!

もちろん今回のきんぴらソースとも上手く合っていました!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは519kcalとなっています!
脂質は23.8gで、ペヤングとしては抑えめの数字ですね!

◎具材 - 文句なしのぎっしり具材


具材はキャベツ、ごぼう、人参という組み合わせです!

「キャベツでかさ増しされてるじゃないか」ともなるのですが、
このキャベツも案外きんぴら風との相性はいいのですよね!

そして主役のごぼうも十分多く、人参も食感が楽しめるなど、
具材でしっかりきんぴらを主張してきたのが見事でしたね!(`・ω・´)

◎まとめ - なかなかの優秀作


やはりペヤングはこうした真面目なテーマでは頑張りますね!

「きんぴら風でもペヤングならおいしく作ってくれる」、
そういう信頼感を持ってもらえるというのは大きいですよね!

具材もソースもきっちりきんぴらを楽しめる焼そばでした!(゚x/)モキッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/19発売 麺や福はら監修 芳醇鶏そば塩味

7/19発売のサンヨー食品
「麺や福はら監修 芳醇鶏そば塩味」
を食べました!

西日本のファミリーマートのみの限定発売となります!

7/19発売 麺や福はら監修 芳醇鶏そば塩味

今回は「ラーメンデータベース」系のカップ麺の新作となります!

ファミマは「ラーメンデータベース」とのコラボ系のカップ麺と
「ラーメンデータバンク」とのコラボ系カップ麺の両方があるので、
どれがどれだったかちょっとわからなくなってくるのですよね;

さて、この「麺や福はら」は大阪の水鶏系ラーメンの有名店です!(`・ω・´)

実は自分は訪問したことがあって、そのときに
今回のモデルともなっている塩ラーメンを食べています!

もし気が向いたら、そのときのレポート記事も見てくださいませ!
麺や福はら 特製芳醇鶏そば 塩

このお店は本当にものすごくレベルの高いお店なのですよ!
とにかく鶏の旨味を味わいたい人には100%オススメできます!

これだけ雑味なく鶏の良さを引き出せるお店は非常に少ないです!

そのカップ麺化ですから、ハードルも高くはなりますよね!

7/19発売 麺や福はら監修 芳醇鶏そば塩味(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物は後入れの調味油(仕上げの小袋)となっています!
ラーメンの性質を考えると、これは鶏油がメインでしょう!

7/19発売 麺や福はら監修 芳醇鶏そば塩味(できあがり)

うん、表面を鶏油がギラギラと覆うスタイルとなっていますね!

◎スープ - 鶏臭く感じるほどに鶏を強く打ち出した一杯


まずはスープですが・・・うん、鶏をかなり強く打ち出してきましたね!(●・ω・)

とにかく鶏油の量が非常に多くなっていますし、
その鶏油も鶏の香りを強烈に放ってきますね!

サンヨー食品が鶏を極端に強く打ち出した商品を作るとき、
あえて鶏のクセや鶏臭さを出してくることがあるのですが、
今回はまさにそういう路線で組み立ててきていますね!

なので、鶏油は量が多いだけでなく香りが非常に強いですね!

それによって良くも悪くも「鶏油臭い」と思うぐらいに主張がきます!

そしてベースの鶏スープに関しても同様にかなり鶏臭さを感じるほどです!(=゚ω゚)

カップ麺的にわかりやすく鶏を打ち出すにはこれぐらいがいいのでしょうかね!

少なくとも「鶏が軟弱」と感じさせられるところは全くないですし、
それゆえに「鶏が強烈」というのははっきりと伝わってきますね!

こうしたスタイルはかつて「麺屋翔」などでも見せてきていましたね!

スープにはサポート的に昆布の旨味がちょっと入っていますが、
前面に出てくるのは明らかに鶏一色となっていますね!

それゆえに水鶏系のスープの再現としてはかなり明確ですね!

ただ「麺屋福はら」の実店舗は鶏は強いもののもっと優しさがあり、
鶏のクセは抑えているので、その点は再現されてはいないのですが、
「カップ麺的な水鶏系のわかりやすさ」としてはいいのでしょうね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、チキン調味料、糖類、植物油脂、鶏脂、チキンエキス、
粉末酒、昆布粉末、酵母エキス、発酵調味料という構成になっています!

とにかく全体的に鶏で攻めるという姿勢が伝わってきますね!

◎麺 - 断面の丸い細麺


麺は断面の丸い4分湯戻しの油揚げ麺の細麺です!

実店舗の麺は自分が行ったときは断面の四角い低加水麺でしたが、
そのあたりの特徴に関してはちょっと違っていると言えますね!

こちらはややプリプリ感のある中加水ぐらいの質感でしたし!

ただこだわりのない麺を合わせがちなサンヨー食品としては、
今回はクオリティの麺を採用しているのでかなり助かります!(*゚◇゚)

この麺であれば油揚げ麺臭もかなり希薄ではありますし、
そういう点では楽しみやすい麺となっていますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは418kcalとなっています!
脂質は18.3gで、鶏油が入っているのでけっこう高めです!

◎具材 - かなりシンプルな構成


具材はチャーシューチップ、ねぎとなっています!

ねぎについてはごく普通のもので、なおかつかなり少量です!

なので、ほぼチャーシューチップのみが主役と言えますね!(*゚ー゚)

たしかにトータルとして見ると具材はさみしくはありますが、
肉具材をきちっと入れてくれているのは高評価ではあります!

ただスープの方向性を考えると鶏そぼろのほうが合ったかもですが!

◎まとめ - とにかく鶏だしを強く打ち出した一杯


実店舗のような上品さはそれほど感じられなかったですが、
鶏だしをストレートに打ち出す姿勢は好感が持てるものでした!

それゆえにお店の「鶏の強さ」ははっきり伝わるものになっていて、
そういう点ではお店の特徴を伝える役割はきちんと果たしていました!

サンヨー食品の鶏だしガンガン系が好きな人にはいいでしょう!(゚x/)モギィ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/18発売 謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン

7/18発売の東洋水産
「謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン」
を食べました!

7/18発売 謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン

東洋水産の「謹製」シリーズからひさびさに新作が出ました!

この「謹製」シリーズは、東洋水産の縦型カップとしては、
最もスープにこだわっていると言えるブランドですね!

それゆえに高級感の味が楽しめるという印象が強いです!(*゚◇゚)

また麺もクオリティが高いので、総合力が非常に高く、
安心して食べられるブランドという雰囲気がありますね!

7/18発売 謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープつき


内容物は後入れの液体スープとなっています!
この液体スープに貝の旨味が入っているのでしょうかね!

7/18発売 謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン(できあがり)

うん、いかにも東洋水産の縦型といったビジュアルですね!

◎スープ - 昆布と貝が主張しつつもバランス型に近い


まずはスープですが・・・バランスを重視したタイプの貝系スープですね!(●・ω・)

スープの土台を下支えしているのは昆布と言っていいでしょうね!
しかしながら、そこまで強烈に主張するようなものではないです!

ほどほどのバランスで、全体をがっちりと支えている感じですね!

そしてそこに貝だしが加わりますが、これもガンガンに主張はしません!

むしろバランス型として、貝の旨味が前面に出てくる感じですね!

今回使われている貝はあさりとホタテ、どちらもクセは控えめで、
なおかつキノコなどの補佐的な香りなどもつけてはいないので、
「ほどほどの貝だし」を意識しているという感じでしたね!

一応はサポート的にここに軽く鶏だしが入ってはいますが、
あくまでスープが弱くなり過ぎないためのサポートなので、
全体を食ってしまうような主張はしていないですね!

このあたりのバランスを考えると、醤油ラーメンなのは正解でしたね!(*゚ー゚)

全体的に優しいだし感を軸に組み立てたスープになっているので、
塩ラーメンだったら麺が買ってしまったという可能性もありますし!

また油脂も軽めなので、そういう点でも優しいスープと言えますね!

もちろん香味野菜がゴリゴリ主張するといったこともないですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、魚介エキス、チキンエキス、食塩、
粉末野菜、こんぶエキス、植物油、香辛料となっています!

いかにも優しそうなバランスであることが伝わってきますね!

◎麺 - 少し厚みはあるがいかにも「謹製」らしい


麺は一定の厚みはありますが、基本的には「謹製」らしい油揚げ麺です!

「謹製」の麺はいわゆる東洋水産の新世代系の麺を代表する、
そういう麺が使われるブランドと言っていいのですよね!(=゚ω゚)

表面は一見やわらかながら、食べると中心にしっかりとコシを感じる、
この食感のコントラストによってリアル感を演出する手法です!

今回は麺の厚みなどから、以前よりはやや強さが出ましたかね!
でも大きな印象としてはそれほど変わってはいませんね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは386kcalとなっています!
脂質は15.9gで、麺量を考えるとやや軽めの数字ですかね!

◎具材 - 東洋水産らしい組み合わせ


具材は鶏だんご、メンマ、ねぎという組み合わせです!

ねぎはそこそこ入っていて、リアル系のねぎとなっています!
メンマもそれなりに入り、コリコリとした食感が楽しめます!

主役である鶏だんごは以前とちょっと変わった感じもしますね!(`・ω・´)

ふわふわ感よりもギュッと詰まった肉感が高まった印象です!
ただ以前のざらつきのある鶏だんごも好きではあったのですが!

◎まとめ - 安心して食べられる貝だしラーメン


貝だしラーメンというと全体的にパンチが強いものが多いですが、
この商品に関してはむしろバランス型を強く指向していましたね!

そうした食べやすい貝だしを求めるなら確実にいけるでしょうし、
あっさりした丁寧なラーメンを求める人にもいいでしょうね!

「謹製」シリーズらしい丁寧な作りが感じられるラーメンでした!(゚x/)モギシッ

【関連記事】
謹製 旨み溢れる昆布と貝だし醤油ラーメン
謹製 生姜香る塩そば
謹製 ゆず香る鶏白湯味あえそば
謹製 鴨だしラーメン
謹製 山椒香る中華そば
謹製 豚そば
謹製 松茸香る鱧だしそば
謹製 山椒香る塩焼そば
謹製 山椒香る塩そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/11発売(?) なにわのまぜカレー

7/11発売の日清「なにわのまぜカレー」を食べました!
関西圏に展開する「スーパー万代」の限定商品です!

そのため、関西圏以外では購入は非常に困難となります!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー

スーパー万代の60周年を記念して作られた商品のようですね!

しかし万台限定のカップ麺/カップご飯ははじめて見ましたね!

そして「なにわのまぜカレー」というネーミングで写真には卵黄つき、
これは大阪で有名な老舗の「自由軒」がモチーフと見ていいでしょう!

「自由軒」はあらかじめまぜたカレーを中央に卵を乗せて提供する、
そういうスタイルで有名になっている大阪のカレー店です!(*゚◇゚)

ただ正式なコラボではないので、どこにも「自由軒」の文字はないですが!

自分はもともとカップ麺などでは別途何かを用意して作らないのですが、
「自由軒」がモデルとなると、卵黄を用意するしかないでしょうね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(内容物)

◎内容物 - ウスターソース付き


内容物は後入れのウスターソースとなっています!
カレー+ウスターソースというのもいかにも関西らしいですね!

「関西らしい」というか、「関西のレトロなカレーらしい」ですかね!

7/11発売(?) なにわのまぜカレー(できあがり)

今回は具は上に引き上げず、卵黄をきれいに乗せることに集中しました!

◎カレー - 酸味が非常に強く、それを卵黄で中和する


まずはベースのカレーの味ですが・・・黄色くて酸味がかなり強いです!(●・ω・)

原材料を見ると、トマトと粉末ソースがルウに含まれていますね!
この2つがソースの強い酸味の要因となっていると見ていいでしょう!

またルウがかなり黄色く、欧風カレーともインドカレーとも異なる、
「日本のレトロなカレー」を連想させる色合いとなっています!

とはいえ、日本のカレーがどれもこんなに酸味が強いわけではないので、
これは「関西のレトロなカレー」と表現したほうがいいのでしょうね!

そしてここに別添のウスターソースを投入すると、さらに酸味が強まります!(*゚ー゚)

「ソース味が強まる」というより、「酸味が強まる」というほうが適切ですね!

なので、そのまま食べると「こんなに酸味が強いの?」という感じです!
もう少し甘めのウスターソースでも良かった気がするのですけどもね!

ウスターソースも酸味が強いもので、甘みを加えるタイプではなく、
それゆえ一般的なカレーにウスターソースを入れるのと少し違います!

そこでここに卵黄を入れてまぜてみると、味のバランスが取れますね!(`・ω・´)

なるほどこうして食べると、卵黄が求められる理由もわかりますね!

強い酸味とそれを中和する卵黄、その存在意義がはっきりとわかります!

なので、卵黄を入れたからと言って極端にまったりするわけではなく、
むしろ全体のバランスが取れるというふうに言ったほうがいいですね!

◎カレールウの原材料


カレールウの原材料は豚脂、オニオンパウダー、砂糖、小麦粉、食塩、
トマトパウダー、カレー粉、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、
チキン調味料、牛脂、香辛料、粉末ソースという構成になっています!

別添のソースについては、そのままウスターソースと記載されています!

◎ご飯 - いつものカレーメシのご飯


ご飯はいつもの「カレーメシ」と同じ5分湯戻しのご飯です!

今回の商品はお湯の量も普段の「カレーメシ」と同じっぽいですし、
かなり水分も多めなので、特にいつもと仕上がりは変わりません!

カレーをまぜている間にご飯の戻りもちょうど良くなって、
特に硬さを感じさせられるようなことはなかったですね!

◎全体量と栄養成分


全体量は103gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は14.5gで、それなりの数字と言っていいでしょうね!

◎具材 - ひき肉がちょっぴり


具材は味付肉そぼろ、オニオン加工品となっています!

玉ねぎについてはまぜているうちに溶けるので行方不明ですね;
入っていても一粒か二粒ぐらいなので、いずれにしろ存在感は薄いです;

肉そぼろは謎肉とは別物で、一般的なひき肉系の具材です!(=゚ω゚)

ただこれも少なめなので、それほど目立つようなものではないです!

◎まとめ - 酸味が印象的だったレトロなカレー


何よりも印象は「関西のカレーってこんなに酸味が強かったの?」という、
そういう驚きを与えてくれたところにありましたね!

ソースを入れても、ソース以上に酸味のほうが目立っていましたからね!

そのあたりの中和のためにも、卵黄か温泉卵を用意するといいですね!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/18発売 東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば

7/18発売の日清「東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば」を食べました!

7/18発売 東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば

日清の定番でもある「AFURI」コラボからついに汁なし商品が出ました!

よくよく考えれば、これまで汁なしが出てなかったことが不思議でしたね!
ラーメンはもちろんのこと、ご飯商品まで出ていたわけですからね!(*゚◇゚)

今ではほんと「AFURI」は定番になって、春と冬に新作が出る以外に
こんなふうに夏にも特別な商品が出るスタイルになってるのですよね!

そこでこのように今回は汁なし商品が出たということになります!
これはもう期待しないといけないと言っていいでしょうね!

7/18発売 東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば(内容物)

◎内容物 - ふりかけも大きなポイント


内容物は液体ソースとふりかけとなっています!
麺も特別仕様であることがはっきり伝わってきますね!

7/18発売 東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば(できあがり)

うん、「AFURI」らしい塩まぜそばに仕上がっていますね!
やはり「AFURI」と言えば塩味が基本中の基本ですからね!

◎ソース - まさに「AFURI」の味をそのままに再現


まずはベースのソースですが・・・うん、これぞ「AFURI」の味ですね!(●・ω・)

「AFURI」の雰囲気をそのままに少しワイルドに仕上げた感じです!

最大のポイントとなっているのが、「AFURI」特有の香味油+鶏油です!

「AFURI」というと、鶏油も大きなポイントではあるのですが、
それ以上にかつおの燻製風味が香るような香味油が特徴です!

その香りがむわっとやってくるのが実に「AFURI」らしいですね!
これを汁なしにするうえでさらに強めてきたという印象があります!

そこに柚子とかつおなどの魚介、これらを重ねた風味となっています!

ただソースだけの段階では鶏優位で、ややヘヴィではありますね!

ここにふりかけを加えると、一気にさわやかさと魚介が先行します!(`・ω・´)

ふりかけの主役は一言で言えば柚子、ここに尽きるでしょうね!

やはり「AFURI」と言えば柚子の酸味と香りは欠かせませんからね!
これによって一気に清涼感が加わってさわやかに食べられるようになります!

さらに様々な魚粉によって、魚介系の旨味がグイグイと攻めてきます!
これによってラーメンの「AFURI」のバランスへと近づいてきますね!

一方でその分だけ鶏の持つヘヴィさは下支えの位置付けになります!

全体のバランスも秀逸で、今年全体の汁なしの中でも上位にきますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油脂、チキンエキス、鶏脂、たん白加水分解物、
還元水あめ、チキン調味料、糖類、食塩、香味油、魚介調味油、魚粉、
ゆず果汁、酵母エキス、魚介エキス、にぼし調味料となっています!

この時点で鶏、香味油、柚子、魚介がバランス良く加わってますね!

ふりかけの原材料は魚粉(さば、いわし、そうだかつお、むろあじ)、ゆず皮です!

◎麺 - 全粒粉の存在感よりも細麺として優秀


麺は断面の丸い全粒粉を練り込んだ細麺の油揚げ麺です!

ただ全粒粉に関してはラーメン版よりは目立たないですね!

しかしながら麺の食感に関してはかなり優秀ではあります!
標準の3分よりちょっと短めにしてもいいように思いますね!

それぐらいのほうがプリプリ感がより際立つかもしれませんし!(*゚ー゚)

ただいずれにしてもクオリティの高い麺なのはたしかですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの120gで、カロリーは724kcalとなっています!
脂質は36.2gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

◎具材 - チンゲン菜が意外と効果的


具材は炙りコロチャーシュー、チンゲン菜となっています!

今回は炙りコロチャーに加えてチンゲン菜を起用してきましたね!

コロチャーはやや小ぶりですが、炙りの香ばしさは楽しめます!
やや少ないですが、まぁ汁なし大盛商品では仕方ないかもですね!

ただチンゲン菜は量も多く、青菜のアクセントが効いていますね!(=゚ω゚)

ここはキャベツを起用しなかったのは正解と言えるでしょうね!
ねぎでも良かったでしょうが、それ以上に良かったと言えるかもです!

◎まとめ - 「AFURI」の良さが生きた汁なし


「AFURI」の良さをそのままに汁なしにアレンジされていて、
これはかなり優秀な商品と言っていいように思いましたね!

「AFURI」ファンとしても、塩系汁なしとしても優秀でしたね!

これは幅広い人にオススメできるかなり見事な一杯でした!(゚x/)モギール

【関連記事】
東京RAMENS AFURI 夏限定 柚子塩和えそば
AFURI ゆず塩阿夫利メシ 冬の、まろ味
AFURI 柚子辛紅阿夫利メシ 覚醒
東京RAMENS AFURI 新・覚醒 激辛柚子辛紅らーめん
THE NOODLE TOKYO AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗(2021年)
AFURI 柚子辣湯阿夫利メシ オシャンティ
THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定柚子塩らーめん まろ味(2020年)
東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん
東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗
AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ
THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定柚子塩らーめん まろ味
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん(2019年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺(2018年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん 全粒粉入り麺(2018年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん 全粒粉入り麺(2017年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.